競輪初心者にオススメ!競輪のラインの重要性と予想の仕方

競輪初心者にオススメ!競輪のラインの重要性と予想の仕方

UPDATE:2020.04.15
初心者の方へ競輪コラム

競輪はレースの結果を予想して車券を買い、実際にレースを見ながら観戦するのが醍醐味という方もいるのではないでしょうか。

しかし競輪を全く知らない方にとっては、競輪の世界は専門用語が多くて難しいと思う方も多いかと思います。

その中でもラインについては特に賭け事に縁がないという方にとってはわかりにくいと思います。

そこでここでは、競輪のラインについてどのようなものがあるのかご紹介します。

競輪の初心者はラインを学ぼう

競輪 初心者 ライン
競輪の最大の見どころでもあり、勝負を大きく左右するが”ライン”と呼ばれる選手同士の連携です。

自転車競技では70km/hものスピードでレースが行われるため、選手には物凄い空気抵抗がかかります。
そこで、選手達は隊列を組むことでレースを有利に進める工夫をします。
これが”ライン”の基本です。

先頭の選手は後ろの選手のために風避けとなり、後ろの選手は他のラインが迫ってきた時にけん制して持ちつ持たれつ関係を作っています。

ラインの組み方は、レースによって異なりますが、基本的には同じ地区でチームを組む傾向にあります。

その中でも、風の抵抗を一番に受ける先行選手は体力のある若手選手が引き受けることが多く、後ろに付く追いこみ選手は格上のベテラン選手となる場合が多いとされています。

そして、現在ではレースの前日にどのようなラインで闘うかを事前に宣言することが慣例となっています。

ラインの役割は最後の1周の4コーナーまでとなっており、最後の直線ではラインに関係なく全員が1着を目指して駆け抜けます。

なので、いかに最後の直線までを有利に進めるかがレースのカギとなり、選手にとっても予想する側にとってもラインが重要になるのです。

レースの結果は同じラインの選手がワン、ツーフィニッシュを決めることも多く、競輪初心者は同じラインの選手で車券を買うことが初的中の近道となるのではないでしょうか。

ちなみにラインは周回予想とも呼ばれ、競輪新聞やインターネットで情報が公開されていますので、競輪を観戦する際にはラインをチェックしながらご覧いただくことをお勧め致します。

予想の仕方にも関わるラインの重要性

競輪 初心者 ライン 重要性
競輪は単に実力のある選手が勝つとは限りません。

競輪には”ライン”と呼ばれる選手同士の連携があり、このラインが選手個人の能力以上に重要になってきます。

予想をする上で必要な情報を順位付けすると、下記ような順位になります。

1位・・・ライン情報
2位・・・ラインごとの戦略
3位・・・選手個人の能力

つまりこれらの情報が揃わなければ競輪の予想は出来ません。

では、これらの情報はどこで入手出来るのでしょうか。

ライン情報はどこで見れる?

そのレースが開催される競輪場のホームページを始め、予想紙や情報サイト等で公開されています。

最も正確なライン情報は、レース直前の選手紹介での並びになりますが、こちらを確認する時間が無い場合は事前に公開されている情報をご確認下さい。

ラインには戦略がある

ラインの戦略としては、いかに残り半周時点で有利なポジションにいられるかが重要となります。

各々のラインがどのようにレースを進めていき、優位に立つかはレースの展開次第で異なりますが、出走表や「選手コメント」を参考にすることで、おおよその予測を立てることが出来ます。

※「選手コメント」は、競輪記者が前日にインタビューした内容のことを指し、予想紙や情報サイトで公開されています。

WinTicket

ラインと周回予想はセットで考える

競輪 初心者 ライン 周回予想

基本的に選手の前日の宣言通りにラインは組まれますが、極まれに事前の宣言とは違ったラインが組まれる場合もあります。

しかし、レース直前に行われる選手紹介では実際に組まれるライン同士で走ることが決められているので、選手紹介を見て確認するのが一番確実です。

また、周回予想は各ラインの並び順を表したもので、どのラインがレースで先行するかはレースが始まってみなければわかりません。

どのラインがどのようなレース展開をするかも競輪の予想に含まれます。

周回中はラインの動きに注目

競輪 初心者 ライン

基本的には最終周回の4コーナーまでは同じラインの選手が協力しレースを進めます。

中には後ろからくる選手を頭突きでけん制したり、体当たりして相手のスピードを殺したりと熾烈な争いが繰り広げられることもあります。

最後は、4コーナー~ゴール!

競輪 初心者 ライン

最終周回の4コーナーを過ぎてからは完全に個人勝負です。

短い直線で最後の力を振り絞りゴール目指して全力疾走して、競輪で最も迫力のある激しいデッドヒートで勝利するのが誰なのか、一番盛り上がる部分です。

これが競輪において最も重要なラインの部分です。

競輪は個人戦でありながらもチームで闘うスポーツであると言えます。

誰もが勝利を目指しながらも地区同士の結びつきや師弟関係等の人間模様が深く絡み合うのが競輪なのです。

こちらのページでは基本的な3対3対3の3分戦(ラインが3つ)の説明をしましたが、ラインの組まれ方はレースによって異なり、長ければ長いほど有利にレースを進めやすくなります。

ラインを制する者は競輪を制す”と言っても過言ではありませんので競輪を予想する時は、必ずラインをチェックするようにしましょう。

WinTicket

選手個人の能力も出走表で確認しよう

競輪 初心者 ライン 出走表
ラインに関しての情報は、出走表からも読み取れます。

初心者の方は、当日の出走表に全てデータとして公開されていますの確認することが重要です。

特に平均競走得点や勝率が高い選手が能力の高い選手となります。

競輪ステーションでも出走表ページにて、ライン情報と各選手データを公開しておりますので、実際の出走表を基にレースの予想を行ってみましょう。

ライン情報

競輪 初心者 ライン
これは、「周回予想」の部分がこのレースにおけるライン情報になります。

このレースでは下記のポイントは重要な勝負になります。

■9,3,4,6番車の近畿ライン
■2,8番車の即席ライン(地区が異なるライン)
■5,7の即席ライン(地区が異なるライン、埼玉と神奈川はそれぞれ北関東と南関東で地区が違う)
■1は単騎(同地区の選手もおらず、即席ラインを作るよりは単独勝負の方が良いと判断したため)

この情報からは4対2対2対1で、近畿ラインが最も有利なことがわかります。

各地方のラインをしっかり考えて予想しましょう。

ラインごとの戦略

どのラインが有利にレースを運ぶことが出来るかを予想する一つの判断基準として、出走表にあるB(バック)回数が挙げられます。

Bとは、残り半周を示すバック戦を先頭で通過した回数になります。

つまり、この回数が多い選手が残り半周時点で先頭を走っている可能性が高まります。

そして、残り半周を先頭で通過することがレース上最も有利なポジションとなるので、こちらのレースでは、9番車の選手が先頭にいる近畿ラインが優勢であることが予想されます。

更に、9番車がBを取った場合、すぐ後ろにいる3,4番車の選手は、9番によって風の抵抗を防げられているので、最も有利な展開になる考えられます。

選手個人の能力がラインを上回る事も

いくらラインが長くても、選手の個人能力が高くなければ意味がありません。

例えば小学生が8人でラインを組んだところで、1人のプロ選手には勝つことは出来ません。

競輪のレースは実力が近い者同士でレースを行うため、そこまで実力に差は出ませんが、勝負を決める一瞬はその微々たる差や経験による場合もあります。

それを判断する目安として、平均競走得点と、勝率が挙げられます。

これらが高い選手ほど結果を残していることになるので、個々の能力は高いと予測されます。

WinTicket

競輪の展開を予想するのに必須の「ライン」とは何か?

競輪 初心者 ライン
そもそも「ライン」という言葉が、競輪初心者の多くが理解できない言葉だと思います。

ラインというのは、個々の選手がお互いにレースを進めやすくするために組むチームです。

ラインの作り方や決め方は別の機会に説明します。

とにかくこの「チーム」をつくることで、多くの利点がお互いに得られるということを理解しておきましょう。

何故、ラインを組むのか?

ラインを組む理由は、選手個々の最大限の力を出すためと説明しましたが、具体的な理由は様々な理由があります。

例えば3人でラインを組むと縦に3人が並ぶようになります。

9人だとこのラインが3組あることになるのは解ると思います。

自転車はツーリングやロードレースなどでも同様になりますが一番先頭で走るのは風の抵抗をまともに受けます。

当然ラインの後方にいる人は、抵抗が少なくなります。

並び方の基本はラインの決め方は別の機会に説明しますが、それぞれのラインの位置取りがその後のレース展開を大きく影響することになります

スタートから前半戦の展開を読む!

競輪 初心者 ライン
競馬や競艇などは、スタートと同時に飛び出すようにスタートをしますが、競輪はできるだけゆっくりと進みながら自分の位置取りやラインを考えます。

競輪用の自転車にはブレーキがありませんから前に進んだら止まって待つようなことはできません。

いくつかのラインが作られると最も前に走る人が圧倒的に不利になりそうですが、競輪には一定周回数を先頭誘導員が存在するので、先頭の人もある程度抵抗を抑えられます。

「どこのラインに入るのか?」「ライン自体はどの位置取りになるのか?」この2点が、競輪の序盤の展開を決める駆け引きになります。

序盤~中盤はゆっくりと走っているように見える自転車の速度は?

ちなみに序盤はゆったりとしたスピードで走っているように見えますが、時速30km~40kmのスピードで走っています。

時速30km以上の中で自分だけでなく他の選手の位置取りも気にしなければならないので、かなり高度な技術と集中力が必要になります。

序盤の位置取りからはじまり、中盤の駆け引きも見所のひとつです。ラインの先頭だけでなく他の人も様々な駆け引きをしながら中盤戦を戦います。

残り2周からが本格的な勝負の始まり!

競輪 初心者 ライン
残り2周になると赤い板で「2」と書かれた板が出されて終盤戦に入ります。

これまでは、縦に長い1直線でラインをつくっていましたが、徐々に仕掛けを始めます。

大抵は、後方のラインを率いている先行の選手が後ろの人と一緒にあがってきます。

当然前にいるラインはあがってくるラインの進行を阻止するように走ります。

この残り2周からの位置取りがとても重要です。

残り1周半になると「ジャン」と呼ばれる鐘が鳴り、先頭誘導員が隊列から外れます。

残りは、個々の争いになるので接触などの事故も起きやすい状態ですが、その迫力は、オススメできるスピード感になります。

WinTicket

まとめ

競輪 初心者 ライン
競輪の展開を読むときには、どのようなラインになるかを予想することが重要になります。

競輪初心者の人にとっては、「ライン」の意味がわからないと思います。

ここでは、ラインの意味や展開の考え方を簡単に説明します。

いきなり難しいことを説明するよりも基本を知ることが最も重要です。