ジャパンネット銀行経由で競輪の車券を購入するメリットや利用方法を紹介

ジャパンネット銀行経由で競輪の車券を購入するメリットや利用方法を紹介

UPDATE:2020.09.18
競輪コラム競輪関連サービス

ネット経由で競輪の車券を購入するときにネットバンクの口座が必要になりますが、みなさんがどのネットバンクを使っていますか?

普段からネットバンキングを利用している方なら、お持ちのネット口座と紐付けして競輪を楽しむことができますが、対応していない場合もあるでしょう。

また、これからネット口座を作るときにどの銀行が良いのか悩んでしまうこともあります。

そこで紹介するのは「ジャパンネット銀行」です。

ジャパンネット銀行は競輪のネット投票に対応しているおすすめの銀行で、利用するメリットが多くあります。

この記事では、競輪のネット投票で利用できるジャパンネット銀行の魅力を紹介します。

ジャパンネット銀行で競輪の車券投票ができる

ジャパンネット 競輪 投票

競輪と聞くと新聞を持って競輪場に足を運んで、現地で車券を買うのが常識とは思っていませんか?

しかし、そんなのは昔の話です。

近年では、インターネットに普及の伴ってスマートフォンやパソコンを使って、競輪の車券を購入することができます。

インターネット経由で車券を購入するときには、ネットバンクを利用して購入する必要があり、自分の口座と紐付けすることで初めて投票することが可能です。

そこでおすすめするのが「ジャパンネット銀行」です。

ジャパンネット銀行は競輪のネット投票に多く対応しているネットバンクで、口座を開設した申し込みを完了した日から利用することができます。

また、土曜、日曜、祝日だとしても、追加資金の入金や払戻金の出金が可能です。

ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、全国の競輪場の車券がインターネット環境さえあればカンタンに購入できるので、とても便利だと思います。

ジャパンネット銀行を使って車券を購入する方法

ジャパンネット 競 利用の流れ

次はジャパンネットバンク経由でネット投票を行う流れを説明します。

ジャパンネット銀行にアクセスして口座開設を行います。
開設した普通預金口座を各自ネットバンク投票サイトに登録し、口座を結びつけてください。この口座に入っている金額を使って競輪投票を行うため、入金が必要です。
会員登録が完了し、ネットバンクの紐付けができたら、好きな場所で車券を購入することができます。

手順は至って簡単で、この3つの作業を行いジャパンネット銀行と自身が使用しているネット投票サイトと紐付けするだけです。

ほとんどのネット投票サイトがジャパンネット銀行に対応していると思いますが、詳しくは各サイトの登録銀行欄を確認しましょう。

ジャパンネット銀行を利用するメリット

ジャパンネット 競輪 メリット

ジャパンネット銀行では公営競技である競輪だけでなく、競馬やボートレース、オートレースなどにも対応しており、ネットバンクの中では非常に多く対応している銀行です。

そこで、競輪の投票にジャパンネット銀行を利用した方がよいメリットを紹介します。

追加入金や払戻金の出金が簡単

ジャパンネット銀行では、コンビニのATMからの入金や出金が可能になっています。もし競輪予想をするときに、銀行に残高がなかったりしても自宅の近くのコンビニですぐに入金することができるんです。

また、レースが確定して払戻金がでたら、コンビニで出金することも可能なので、非常に便利でしょう。

利用できるコンビニは下記の通りです。

セブン銀行
イオン銀行
ローソン銀行
コンビニATMnet
三井住友銀行
ゆうちょ銀行

これだけの種類の銀行に対応しているので、どんな場所に居てもすぐに行くことができるでしょう。

ジャパンネット銀行に対応している投票サイト

続いて、ジャパンネット銀行に対応している競輪投票サイトを紹介します。各競輪サイトでは指定のネットバンクを紐付けをしないと、サービスを受けられません。

そこで、おすすめのネット投票サイトを下記に紹介します。

チャリロト

チャリロト.comではジャパンネット銀行が対応しています。このサイトはチャリロトと言って、上記で紹介した宝くじのような車券が購入できるサイトになっています。

もちろん重勝式車券だけでなく、通常の車券も投票できますのでサイトにアクセスして確認してみて下さい。

オッズパーク

最近ではテレビCMなども盛んになっているオッズパークもジャパンネット銀行に対応しています。

このサイトは、アニメのキャラクターなどを使ってポップなモチーフのサイトで、競輪の出走表から予想、結果などを簡単に見れるサイトです。

また、競輪だけでなく競馬、オートレース、LOTOなども対応しているので柔軟性は非常に高くなっています。

楽天Kドリームス

このサイトは、株式会社楽天が運営する競輪投票サイトです。このサイトの場合は楽天ユーザーにとってのメリットが多くあるので、楽天銀行を利用している方が非常に多いかも知れません。

しかし、ジャパンネット銀行もしっかり対応していますので、ぜひ確認してみて下さい。

ネットで車券を購入するときのメリット

ジャパンネット 競輪 サービス

車券のネット投票では、様々なメリットが備わっています。

そこで、ネット投票を検討している方に向けて、どんなコンテンツが利用できるのか簡単に紹介します。

下記に紹介するのは基本的なサービスですが、競輪投票サイトごとに専用のコンテンツが用意されているサイトもあります。

その点も踏まえて確認してみて下さい。

競輪の中継がリアルタイムで確認できる

ネット投票サイトを利用すれば、オンラインでリアルタイムのレース映像を見ることが可能です。もちろん、スマホやパソコンを利用することになりますが、自分が購入した車券を見ながら自宅でもレースを楽しむことができるんです。

そのため、友人と自宅でお酒などを飲みながら、全国で開催される競輪を楽しむことができます。

各投票サイトには専用ポイントがある

競輪の投票サイトには、それぞれポイントが付与されるサービスが多くあります。そのポイントを利用すれば、グッズが当選したり、車券代金に充当できたりと、メリットは盛りだくさんです。

ぜひ色々な投票サイトを確認してみましょう。

初心者にも簡単に始めることができる

ネット経由で車券を購入するときに面倒なのは、ネットバンクとの紐付けです。しかし、上記で紹介した「ジャパンネット銀行」では難しい手続きなどなく、初心者でも簡単に始めることができます。

もし、初めて競輪のネット投票を検討する場合は、ジャパンネット銀行が対応している競輪投票サイトを利用するのが良いでしょう。

ネット投票では、宝くじ車券も買える

ネット投票ができるサイトの1つにDokanto!という宝くじのような車券を購入できるサイトが存在します。

この車券は、複数のレースで1着を当てるような難しい車券ですが、的中すると最高で12億円などが当たる夢のような車券です。

しかし、この車券を購入するにはインターネットでしかできません。

通常の競輪場では購入することができず、ネット限定のサービスになっています。

ネット投票サイトを選ぶときの注意点

ジャパンネット 競輪 ポイント

基本的にネットバンク投票する際には「ジャパンネット銀行」などの対応銀行の口座が必要になってくるでしょう。

まず、口座を作る必要がありますが、車券をネットバンク投票できるサービスは様々あります。

そのサービスの中で、どれを使えば良いのか、と迷う方もいるかもしれません。

選ぶためのポイントをいくつか紹介します。

・操作性や投票画面の見やすさ
・車券の購入システム
・利用している口座が指定銀行に含まれているか
・予想情報などのサービス
・過去のレース情報の充実度

上記5つのポイントが各サービスを選ぶ比較対象になるかと思います。

使いづらさなどの不満を抱えたままサービスを利用し続けると、知らず知らずにストレスが貯まり、まともな競輪予想ができなくなってしまうかもしれません。

どのサービスも基本的には無料で利用できるので、試しにいくつかのサービスを利用し、気に入ったサービスを使い続けるという流れが良いかもしれませんね。

まとめ

ジャパンネット 競輪

この記事では、ネット投票を行うときにジャパンネット銀行を利用することをおすすめさせて頂きました。

ジャパンネット銀行は結構多くの投票サイトに対応しているネット銀行で、コンビニなどでも入出金ができるメリットがあります。

競輪のネット投票を行う場合に必須となる銀行では、悩まれる方も多いと思うますが、一番は利用しやすさです。

自宅や出先でネット投票をするときに簡単に入出金ができるジャパンネット銀行なら、すぐに楽しむことができるうえに、登録も難しくありません。

ぜひ、悩んでいる方はジャパンネット銀行をおすすめします。