2019年の競輪獲得賞金ランキングを一挙大公開!さらに上位3名の成績を詳しく解説

2019年の競輪獲得賞金ランキングを一挙大公開!さらに上位3名の成績を詳しく解説

UPDATE:2020.07.10
競輪コラム

2019年の競輪といえば、競輪のトップを決める「KEIRINグランプリ2019」において、佐藤慎太郎選手が43歳という年齢で、市場最年長での優勝を果たしたことでも話題になりました。

当記事では、そんな2019年の獲得賞金ランキングとともに、ランキング上位の選手の活躍を紹介していきます。

2018年の男子競輪獲得賞金ランキング

まずは、2019年の男子競輪獲得賞金ランキングを見ていきましょう。

順位

選手名

期別

府県

級班

獲得賞金

1位

佐藤 慎太郎

78

福島

SS

188,733,400 円

2位

脇本 雄太

94

福井

SS

123,534,000 円

3位

松浦 悠士

98

広島

SS

106,214,000 円

4位

清水 裕友

105

山口

SS

103,274,000 円

5位

中川 誠一郎

85

熊本

SS

101,029,000 円

6位

平原 康多

87

埼玉

SS

84,816,600 円

7位

村上 博幸

86

京都

SS

83,937,400 円

8位

郡司 浩平

99

神奈川

SS

75,206,400 円

9位

新田 祐大

90

福島

SS

74,892,000 円

10位

諸橋 愛

79

新潟

S1

64,090,700 円

11位

木暮 安由

92

群馬

S1

52,382,700 円

12位

太田 竜馬

109

徳島

S1

52,127,200 円

13位

渡邉 雄太

105

静岡

S1

49,480,700 円

14位

古性 優作

100

大阪

S1

49,115,600 円

15位

三谷 竜生

101

奈良

S1

48,484,000 円

16位

和田 健太郎

87

千葉

S1

48,155,000 円

17位

原田 研太朗

98

徳島

S1

47,011,600 円

18位

菅田 壱道

91

宮城

S1

46,077,000 円

19位

浅井 康太

90

三重

S1

45,703,400 円

20位

中村 浩士

79

千葉

S1

44,219,500 円

21位

小倉 竜二

77

徳島

S1

42,527,300 円

22位

園田 匠

87

福岡

S1

40,152,200 円

23位

小松崎 大地

99

福島

S1

37,363,000 円

24位

渡邉 一成

88

福島

S1

36,877,800 円

25位

田中 晴基

90

千葉

S1

36,706,000 円

26位

吉澤 純平

101

茨城

S1

36,076,400 円

27位

吉田 拓矢

107

茨城

S1

36,037,600 円

28位

渡部 哲男

84

愛媛

S1

35,593,600 円

29位

村上 義弘

73

京都

S1

35,395,200 円

30位

柴崎 淳

91

三重

S1

34,174,000 円

2019年の獲得賞金ランキングの1位に輝いたのは、「KEIRINグランプリ2019」を最年長で見事に制覇した藤慎太郎選手です。

昨年2018年に三谷 竜生選手が獲得した2億5,531万3,000円に及びませんが、それでも1億88,73万3,400円という大金を手にしています。

また、2位の脇本 雄太選手は2018年の獲得賞金ランキングでも2位を獲得しており、引き続きランクインという結果になりました。

以下では、獲得賞金ランキング上位3位に食い込んだ「佐藤 慎太郎選手」「脇本 雄太選手」「松浦 悠士」は、2019年にどのような成績を残したのかを見ていきましょう。

獲得賞金ランキング1位の佐藤 慎太郎選手

賞金 ランキング 2019 佐藤 慎太郎

まずは、2019年に獲得賞金を1億8,873万3,400円獲得した佐藤 慎太郎選手について見ていきましょう。

佐藤 慎太郎選手は1976年11月7日生まれで、現在43歳のベテラン選手です。

競輪学校も第78期生として入学しているため、競輪選手の中でも年齢が上の方の選手ということになります。

そんな、佐藤 慎太郎選手は2019年には以下のような成績を残していました。

・2019年12月30日のKEIRINグランプリで優勝

2019年の優勝歴は、KEIRINグランプリのみになっていますが、13年ぶりに出場したKEIRINグランプリで見事に史上最年長として優勝し、非常に話題になりました。

そのほかに、2019年2月に開催された「読売新聞社杯全日本選抜競輪」や2019年8月に開催された「オールスター競輪」の決勝で2着を取っているので、見事に獲得賞金ランキング1位に輝けたのでしょう。

獲得賞金ランキング2位の脇本 雄太選手

賞金 ランキング 2019 脇本 雄太

次は、2019年に獲得賞金を1億2,353万4,000円獲得した脇本 雄太選手について見ていきます。

脇本 雄太選手は2018年の獲得賞金ランキング2位に輝いた選手で、2019年のオールスター競輪のファン投票では初めて1位に選ばれました。

そんな、脇本 雄太選手は2019年には以下のような成績を残していました。

・2019年3月21日のウィナーズカップで優勝
・2019年4月30日の日本選手権競輪で優勝

特に、2019年3月21日のウィナーズカップでは、大会33年ぶりにすべてのレースで1着になり、完全優勝を果たしたのです。

その圧倒的な強さから、2019年には「異次元」という異名を付けられるほどでした。

獲得賞金ランキング3位の松浦 悠士選手

賞金 ランキング 2019 松浦 悠士

次は、2019年に獲得賞金を1億621万4,000円獲得した松浦 悠士選手について見ていきましょう。

松浦 悠士選手は競輪学校98期生で、2010年7月にデビューして以来、特別競走での優勝歴をもっていませんでした。

そんな、松浦 悠士は2019年には以下のような成績を残しました。

・2019年11月19日の競輪祭で優勝

松浦 悠士選手は2019年の競輪祭で初めての特別競走での優勝を果たし、広島勢としては1988年ぶりにKEIRINグランプリへの出場権を手にしました。

また、2020年には広島勢で初のS級S班入りを果たし、今後の活躍が非常に期待できる選手の一人です。

2019年のガールズケイリン獲得賞金ランキング

続いて、2019年のガールズケイリン獲得賞金ランキングを見ていきましょう。

順位

選手名

期別

府県

級班

獲得賞金

1位

児玉 碧衣

108

福岡

L1

28,403,000 円

2位

石井 寛子

104

東京

L1

17,112,000 円

3位

石井 貴子

106

千葉

L1

16,177,000 円

4位

梅川 風子

112

東京

L1

14,250,000 円

5位

佐藤 水菜

114

神奈川

L1

13,991,100 円

6位

小林 莉子

102

東京

L1

13,351,100 円

7位

尾崎 睦

108

神奈川

L1

13,016,300 円

8位

奥井 迪

106

東京

L1

12,938,000 円

9位

長澤 彩

106

愛知

L1

12,037,000 円

10位

梶田 舞

104

栃木

L1

11,662,100 円

11位

細田 愛未

108

埼玉

L1

11,466,000 円

12位

大久保 花梨

112

福岡

L1

11,436,100 円

13位

山原 さくら

104

高知

L1

10,458,100 円

14位

鈴木 美教

112

静岡

L1

10,195,300 円

15位

柳原 真緒

114

福井

L1

10,151,600 円

16位

荒牧 聖未

102

栃木

L1

9,759,000 円

17位

林 真奈美

110

福岡

L1

9,746,700 円

18位

内村 舞織

112

福岡

L1

9,618,400 円

19位

坂口 楓華

112

京都

L1

9,567,000 円

20位

高木 真備

106

東京

L1

9,452,000 円

2019年ガールズケイリンの獲得賞金ランキング1位に輝いたのは、「児玉 碧衣選手」です。

児玉 碧衣選手は、昨年2018年も獲得賞金ランキング1位の賞金女王として君臨していましたが、2019年も連続して賞金女王として成績を残しました。

また、賞金ランキング2位の「石井 寛子選手」と、3位の「石井 貴子選手」も昨年と同様にランクに位置しています。

以下では、賞金獲得ランキング上位3位に食い込んだ、「児玉 碧衣選手」「石井 寛子選手」「石井 貴子選手」は、2019年にどのような成績を残したのかを見ていきましょう。

獲得賞金ランキング1位の児玉 碧衣選手

賞金 ランキング 2019 児玉 碧衣

まずは、2019年に獲得賞金を2,840万3,000円獲得した児玉 碧衣選手について見ていきましょう。

児玉 碧衣選手は2018年と同様に2019年の獲得賞金ランキングでも賞金女王として1位をッ獲得しています。

また、2018年は2,718万4,000円だったのに対して、2019年は2,840万3,000円を獲得しているので、約121万円も獲得賞金が増えたことになります。

そんな児玉 碧衣選手は、2019年には以下のような成績を残していました。

・2019年5月2日のガールズケイリンコレクションで優勝
・2019年12月28日のガールズグランプリで優勝

昨年に引き続きガールズグランプリで優勝を遂げ、2連覇を果たしたのです。

さらに、2019年は優勝回数19回で自身過去最多の記録を残し、昨年と同様にガールズ年間最優秀選手賞を獲得しました。

2年連続でガールズ年間最優秀選手賞を獲得しているので、今後のガールズケイリン界をリードする選手となっていくでしょう。

獲得賞金ランキング2位の石井 寛子選手

賞金 ランキング 2019 石井 寛子

次は、2019年に獲得賞金を1,711万2,000円獲得した石井 寛子選手について見ていきます。

石井 寛子選手も昨年から引き続きランキング2位をキープしており、昨年の獲得賞金と比べると約131万円増えているのです。

そんな石井 寛子選手は、2019年には以下のような成績を残していました。

・2019年8月17日のガールズドリームレースで優勝

なんと、2019年8月のガールズドリームレースでの優勝は、通算4度目の優勝となっており、毎年おこなわれるガールズドリームレースの優勝候補の一人と呼べる選手です。

また、獲得賞金ランキングは2位という結果になりましたが、2019年8月15日の松坂決勝で2着となり、ガールズケイリン史上初の通算獲得書金1億円に達成しました。

獲得賞金ランキング3位の石井 貴子選手

賞金 ランキング 2019 石井 貴子

次は、2019年に獲得賞金を1,617万7,000円獲得した石井 貴子選手について見ていきましょう。

石井 貴子選手も昨年2018年と同様に、3位という結果になりましたが、2019年の獲得賞金は2018年の獲得賞金を74万6,000円上回る結果になったのです。

そんな石井 貴子選手は、2019年には以下のような成績を残していました。

・2019年7月13日のガールズケイリンフェスティバルで優勝

2019年の優勝はガールズケイリンフェスティバルのみになってしまいましたが、2019年12月のガールズグランプリでは、獲得賞金1位の児玉 碧衣選手に続いて2位という好成績を残したのです。

まとめ

賞金 ランキング 2019

以上、当記事では2019年の競輪賞金獲得ランキングを紹介しました。

2018年の獲得賞金ランキング1位に輝いた佐藤 慎太郎選手は、KEIRINグランプリで市場最年長で優勝するなど、驚きの快挙を見せてくれました。

男子競輪の2019年の結果は、2018年と比べると大きく変わったので、2020年の獲得賞金ランキングに誰が食い込んでくるのかが気になるところです。

また、ガールズケイリンの2019年獲得賞金ランキングは2018年と同様の結果になったので、2020年も「児玉 碧衣選手」「石井 寛子選手」「石井 貴子選手」の3名が活躍していくことでしょう。