静岡競輪場の予想のコツは、差しが有利だが先行選手を甘く見てはいけない!

静岡競輪場の予想のコツは、差しが有利だが先行選手を甘く見てはいけない!

UPDATE:2019.09.11
競輪コラム競輪場

静岡競輪ってどんなどんな競輪場か知っていますか?

競輪ファンの方では、結構有名で関東の中でも川崎競輪に続くほどの人気があると言われている競輪場です。

そんな静岡競輪場で予想するコツや、バンクの詳細データまで徹底解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

静岡競輪場ってどんなとこ?

競輪 静岡 予想 コツ
まず、静岡競輪場(しずおかけいりんじょう)は静岡県静岡市駿河区にある競輪場です。

この競輪場は、富士山が近くにある事が有名な競輪場です。

天気や条件が重なると富士山が見えます。

選手の間には「富士山を見るな」という冗談があるが、これはバンク内からだと観戦スタンドやカントの関係で富士山を見る事はできないです。

しかし、4コーナーの大外に来るとその姿を拝む事ができるため、選手にとってこの辺りを走る事は失速して膨れている事になるので、富士山を見る事=負けを意味してしまうと語り継がれている競輪場です。

今回は、この競輪場の予想するコツとバンクの特徴を紹介します。

静岡競輪場のバンクの特徴

競輪 静岡 予想 コツ 特徴
静岡競輪場は、1周400mと基本的に日本で多い長さになっています。

変に伸びるコースは無く平均的なスペックなのだが、逃げが決まり難く捲りやすい特徴があります。

特に2コーナーからの捲りは威力があり、これを逃げ選手のラインがブロック出来なければライン全滅も想像できます。

それが影響して自力選手もあまり逃げたがらず、500mバンクの様に残り一周になってようやく駆け出すレースが見受けられ、限りなく500mの性格を持つ400mバンクと言えるでしょう。

建物の間から吹き込む風がホーム、バックともに向かい風となるときがあり、風向きには注意が必要です。

詳細データは下記の通りです。

見なし直線距離 56.4m
センター部路面傾斜 30゜43´22″
直線部路面傾斜 2゜51´45″
ホーム幅員 10.3m
バック幅員 9.3m
センター幅員 7.5m

静岡競輪場の決まり手

競輪 静岡 予想 コツ 決まり手
次に決まり手の説明をします。

決まり手としてはラインの番手・3番手選手の差しが決まることが多いです。

そのため自力選手の仕掛けが遅くなるという真逆の現象が多く発生し、その際は先行選手でも残り目は十分にあります。

しかし、基本的にまくりは決まりにくいが、決まった際はラインで決まることが多いです。

静岡競輪場の統計データには、下記の決まり手が非常に多くなっています。

1着決まり手:逃げ21%、捲り34%、差し45%
2着決まり手:逃げ16%、捲り16%、差し32%、マーク36%

やはり、約半数を占める割合のものは差しですね。

静岡競輪場での開催レース

特別競輪は、1974年、1989年にオールスター競輪が、1994年、1999年、2004年、2008年、2016年に日本選手権競輪、2010年にSSシリーズ風光る、2015年に全日本選抜競輪、2018年に関東と近畿以外では初めてのKEIRINグランプリが、それぞれ開催されました。

今後は2020年5月5日から10日まで4年ぶりに日本選手権競輪が開催される予定です。

記念競輪 (GIII) は毎年2月に「たちあおい賞争奪戦」を開催するのが通例です。

2011年度は時期移動で11月、2012年度は2013年1月に開催となっており開催2日目のシード優秀競走は、静岡県の民謡「ちゃっきり節」にちなんで「ちゃっきり賞」の名称で行われいます。

また、駿府城を居城とした徳川家康の幼名「竹千代」にちなんで「竹千代三国志(2007年までは「竹千代カップ」)」と題した開催が行われます。

なお三国志とは、関東地区、南関東地区、中部・近畿地区の若手選手の3地区対抗戦で行われることからこの名前がついている由来です。

静岡競輪場の地元選手

競輪 静岡 予想 コツ 地元選手
それでは、静岡競輪場の地元選手はどんな選手がいるでしょうか。

下記に有名選手をまとめましたので、確認しましょう。

静岡競輪の主な地元所属選手(S級1班)

望月 裕一郎
渡邉 晴智
新田 康仁
望月 永悟
萩原 孝之

静岡競輪の主なガールズケイリン選手(L級1班)

杉沢 毛伊子
小川 美咲
鈴木 奈央
鈴木 美教
吉村 早耶香

数多くの選手は活躍している事がわかりますね。

この選手達のラインには、非常に注目です。

静岡競輪場の予想のコツ

競輪 静岡 予想 コツ
では静岡競輪の予想のコツを紹介します。

そもそも、あまり特徴のない平均的なバンクなので予想のコツはあるのでしょうか。

色々、調べたところ下記のような内容がわかりました。

まず、逃げも逃げの番手も勝率が高く、ズブズブにもなりやすいバンクという事です。

逃げと捲りでは若干逃げ有利になっています。

捲りの番手や3番手はついていくのが苦しいバンクでもあります。

結果的に、3番手の選手が1着2着に入れないようなレースが多いようなので、そのあたりを加味して予想しましょう。

静岡競輪はラインをしっかり見る事

競輪 静岡 予想 コツ ライン
地元の選手同士でラインを組んで走る事が多い競輪です。

もちろんラインを組んだとしても、最終的には自分の勝利のために走ります。

自分が勝ちやすいポジションを確保するために、協力してラインを組んでいます。

つまりラインの状態こそ、勝者を見極める良いところになるのでしょう。

ラインをもとに予想するときは、次の2つを意識すると非常に良いでしょう。

①誰とラインを組むのか

②ラインの順番で変わる役割

このあたりの予想は非常に予想の為になるようですね。

次の8つのラインに振り分けられます。

競輪のラインは同じ県・地区・同郷といった、共通点のある選手で組まれることがほとんどです。

下記に各都道府県で組まれるラインを紹介します。

■北日本ライン

北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島

■関東ライン

東京・埼玉・群馬・栃木・茨城・山梨・長野・新潟

■南関東ライン

神奈川・千葉・静岡

■中部ライン

愛知・岐阜・三重・富山・石川

■近畿ライン

京都・大阪・兵庫・奈良・滋賀・和歌・福井

■中国ライン

広島・山口・岡山・島根・鳥取

■四国ライン

愛媛・香川・徳島・高知

■九州ライン

福岡・熊本・長崎・佐賀・大分・鹿児島・宮崎・沖縄

関東ラインに『山梨』『長野』『新潟』が入っていたり、日常生活で使っている地域とは異なった振り分け方になっているのも競輪の特徴ですね。

ラインがしっかり組めればそれだけ勝利に近づくので、誰と誰が一緒になるのかはしっかり把握しておくと凄く良いですね。

またレース前に「○○さんで」「○○勢で狙いたい」といったコメントが出ることもありますので、意識してみると良いでしょう。

静岡競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介

競輪 静岡 予想 コツ 基本情報
それでは、次に静岡競輪場の施設の魅力を紹介します。

約、67年間の運営している静岡競輪場ですが、現代は、競輪ファンも多くなり施設にも力をいれています。

その点も踏まえて詳しく紹介します。

静岡競輪場の概要&歴史

静岡競輪場は全国最後発となる1953年に開設されました。

当初は地元企業が競輪場の施設を保有していたが、1963年から静岡市が施設を保有しています。

場内における飲食店の充実ぶりは川崎競輪場なみに評価が高い事は有名です。

トータリゼータシステムは当場の包括委託企業である日本トーターが担当しています。

首都圏ではないながらも集客力は全国の競輪場の中でもトップクラスであり、KEIRINグランプリ2018開催当日の2018年12月30日は22,110人もの観客を集めました。

KEIRINグランプリにおいて、開催当日に2万人以上もの観客を集めたのはKEIRINグランプリ08(2008年)以来10年ぶりでした。

静岡競輪場の入場料について

静岡競輪場の入場料金は下記のようになっています。

一般入場料は無料です。

続いて指定席料金です。

▼ メインスタンド
<2F・特別観覧席>
ベンチシート:1,000円(場外開催時は400円)
ワイドシート:2,000円(場外開催時は800円)

<2F・富士山ロイヤルラウンジ>
ロイヤルシート:2,000円(場外開催時も同じく2,000円)
ロイヤルペアシート:4,000円(場外開催時も同じく4,000円)
ロイヤルボックス:8,000円(場外開催時も同じく8,000円)

<3F・特別観覧席>
ベンチシート:1,000円(場外開催時は400円)

<4F・ロイヤルルーム>
ロイヤルルーム(3名・1室):6,000円(場外開催時も同じく6,000円)
ロイヤルルーム(5名・1室):10,000円(場外開催時も同じく10,000円)

▼ バックスタンド
<2F・特別観覧席>
ベンチシート:500円(場外開催時は200円)
ワイドシート:1,000円(場外開催時は400円)

静岡競輪場の施設

競輪 静岡 予想 コツ 施設
静岡競輪場の施設の詳細は下記にまとめました。

子供や女性の方でも遊べる競輪場になっています。

■メインスタンド
ゴール前に構える大きなスタンドで、スタートの瞬間からゴール前の熾烈なバトルまでを目の前で楽しむことができます。
なお、2階から4階は特別観覧席となっており、優雅なひとときを楽しむことができるロイヤルルーム、富士山ロイヤルラウンジといった有料スペースが設けられています。

■バックスタンド
バンク全域を見渡すことができる、見晴らしの良さがウリのスタンドです。
こちらにも有料の特別観覧席が設けられています。

■第1/第2投票所
オッズやレースをモニター観覧することができる投票所です。
座席数も豊富にあり、座りながらゆったりと発売情報やレースを見ることができます。

■第7投票所
第1コーナー側にある投票所です。2階にはコースを見渡すことのできる観覧席も設けられており、天気の良い日は富士山を眺めることもできます。

■東スタンド
第4コーナー側にある観覧席です。イベントステージも設けられており、レースの合間には様々なイベントが行われます。

■Begi-na!!(ビギーナ)
競輪初心者やお子様連れなどのファミリー向けに作られた施設です。
休日開催には元競輪選手が駆けつけ、競輪のルールやレースのポイントなどについて分かりやすく教えてくれます。

静岡競輪場のマスコット

競輪 静岡 予想 コツ マスコット
静岡競輪のマスコットキャラクターは「レーサーパンダ」です。
日本平動物園のレッサーパンダに由来しています。
帽子は富士山、服は駿河湾のデザインとなっているのも特徴です。

マスコットキャラクターは2016年初めに公募しました。

計399作品(複数案提出者も)の中から、ユニフォームのミカンを削除、S班のレーサーパンツへの変更などを経たレッサーパンダのキャラクターが採用されました。

名前も公募され「レーサーパンダ」に決定、4月30日の第70回日本選手権競輪でデビューしました。

なお2004年から地元静岡市出身の坂井永年がデザインした天女の「ビッキー」が使用されていたが、これは天女伝説のある三保の松原が所在する旧清水市と静岡市が登場の前年に合併したことにちなんでいたようです。

静岡競輪場のアクセス

・電車、無料バスでのアクセス
■JR「東静岡駅」南口から無料バスで10分
■JR「静岡駅」南口から無料バスで15分
静岡競輪場への無料バスの時刻表はこちら

・クルマでのアクセス
■国道1号線 長沼大橋から10分
■東名高速道路 静岡インターチェンジから15分

まとめ

競輪 静岡 予想 コツ
今回は静岡競輪場の予想のコツとバンクの特徴を紹介しました。

関東の中でも人気のある静岡競輪ですが、予想のコツも様々な意見があり、1つに絞るのは非常に難しい競輪場です。

データ的には差しは多い場所ですが、先行の選手にも要注意なバンク仕様になっていますので、ぜひ、そのあたりを検討しながら予想を楽しんでください。