静岡競輪場の予想のコツは、差しが有利だが先行選手を甘く見てはいけない!

静岡競輪場の予想のコツは、差しが有利だが先行選手を甘く見てはいけない!

UPDATE:2020.09.18
競輪コラム競輪場

全国各地43カ所ある競輪場。そのなかでも静岡県に位置しながらも多くの競輪ファンから親しまれている競輪場があります。

それは、静岡競輪場です。

関東地方のなかでも非常に人気の高い競輪場となっており、川崎競輪場に次ぐほどの来場者数もいます。

本記事では、そんな静岡競輪場で予想するコツや、バンクの詳細データまで徹底解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

静岡競輪場の特徴やバンクデータを知ろう!

静岡競輪場は全国にある競輪場のなかでも最も多い400mバンクの競輪場になっています。

そのため、独特な特徴が少ないのが事実ですが、少なからず特徴はあります。そんな静岡競輪場の特徴をしっかりと理解し、予想のファクターとして取り入れていくのが静岡競輪場の予想をする基礎となってくるでしょう。

そこで、以下では静岡競輪場の特徴やバンクデータについてご紹介します。ぜひ今後の競輪予想に役立ててください。

静岡競輪場のバンクの特徴

競輪 静岡 予想 コツ 特徴
静岡競輪場は、1周400mと基本的に日本で多い長さになっています。実に平均的な作りの競輪場なので大きな特徴はありません。

また、静岡競輪場の近くには富士山があるため、富士山が見られることでも有名です。しかし、静岡競輪場で富士山を見ることは負けを意味しているとも言われています。

基本的に富士山はカントの角度などの関係で走行中の選手からは見られない位置にありますが、4コーナーあたりで大外を走っていると選手から富士山が見えてしまいます。

そのため、最終コーナーで富士山が見えてしまった選手は大外に膨れていることになるため、負けを意味しているのです。

また、静岡競輪場に吹き込む風の向きが安定しないのも特徴的です。観覧席などの建物の間から吹く風は「追い風」「向かい風」どちらにもなりえるので注意が必要です。

そんな静岡競輪場のバンクデータは以下の通りです。

  • 見なし直線距離:56.4m
  • センター部路面傾斜:30゜43´22″
  • 直線部路面傾斜:2゜51´45″
  • ホーム幅員:10.3m
  • バック幅員:9.3m
  • センター幅員:7.5m

静岡競輪場の決まり手

競輪 静岡 予想 コツ 決まり手
次に決まり手の説明をします。
続いて、静岡競輪場の決まり手データを見ていきましょう。

■1着決まり手

  • 逃げ21%
  • 捲り34%
  • 差し45%

■2着決まり手

  • 逃げ16%
  • 捲り16%
  • 差し32%
  • マーク36%

決まり手を見ると、直線距離が短いにも関わらず「逃げ」の勝率が21%とあまり高くない印象を受けます。その反面、「差し」の割合が45%と約半数を占めているのです。

また、2着の決まり手に関してはそこまでどの脚質も大差ありません。そのため、どの脚質であっても車券に絡む可能性が高い競輪場といえるでしょう。

静岡競輪場の地元選手

競輪 静岡 予想 コツ 地元選手
次は、静岡競輪場の地元選手をご紹介します。ほとんど特徴のない競輪場ですが、静岡競輪場をホームとして利用する地元選手であれば些細な特徴を知っている可能性も考えられるでしょう。

  • 渡邉 晴智 選手
  • 萩原 孝之 選手
  • 土屋 裕二 選手
  • 岡村 潤 選手
  • 渡邉 雄太 選手
  • 簗田 一輝 選手
  • 杉沢 毛伊子 選手
  • 鈴木 奈央 選手
  • 鈴木 美教 選手
  • 吉村 早耶香 選手
  • 久米 詩 選手

静岡競輪場の予想のコツ

競輪 静岡 予想 コツ
あまり特徴のない静岡競輪場。そんな競輪場は予想のコツがあるのでしょうか?

基本的には上記で紹介したデータをもとに予想を立てるのがおすすめです。以下ではそれらの特徴を考えた予想のコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

静岡競輪はラインをしっかり見ることが大切

競輪 静岡 予想 コツ ライン
競輪はラインを組んでお互いがよいポジションに位置づけられるようにレースを進みます。そして、そのラインは地元選手同士で組まれることが多いのです。

また、特徴がない競輪場と言われている静岡競輪場ですが、地元選手であればちょっとした特徴を知っていることが考えられるでしょう。

そこで、静岡競輪場で予想する際には「静岡競輪場の地元選手」同士で組まれたラインがおすすめです。

小さな特徴を知っている地元選手同士で組まれたラインであれば、その小さな特徴を活かしたレース展開を進めていけます。

静岡競輪場の地元選手だけで組まれたラインの場合、勝率も高めの傾向となっているので、レース開始前にチェックするのがおすすめです。

静岡競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介

競輪 静岡 予想 コツ 基本情報
ここまでで静岡競輪場の予想のコツをご紹介しましたが、静岡競輪場は多くの競輪ファンが訪れる人気の競輪場になっています。

開設は1963年と古い競輪場ですが、多くの競輪ファンを魅了する魅力が満載です。

こちらでは、そんな静岡競輪場の歴史や施設などについてご紹介します。

静岡競輪場の概要&歴史

静岡競輪場は1953年に静岡県に作られた競輪場です。現在から67年前の競輪場ですが、実は全国にある競輪場のなかでも一番最後に作られた競輪場となっています。

そして、この静岡競輪場は関東圏内のなかではかなり人気のある競輪場です。イベントや飲食店などの施設も充実しており、2018年に開催されたKEIRINグランプリでは10年ぶりの来場者数を集めるなどの実績もあります。

また、静岡競輪場の観客席からは富士山を一望できるため、ほかの競輪場にはない雰囲気を楽しめるでしょう。

静岡競輪場の入場料について

静岡競輪場へは基本的に無料で入場できます。

また、レース観戦を快適に楽しめる座席はさまざまな種類が用意されているので予算に応じて使い分けるとよいでしょう。

特別観覧席は500円~2,000円程度で利用できますが、ロイヤルラウンジにある座席は2,000円から10,000円とかなり高額な値段設定となっています。しかし、ロイヤルシートは非常に豪華な作りとなっており、革張りの椅子や目の前にはモニターが設置されているので、快適な空間でレースを観戦できるでしょう。

静岡競輪場の施設

競輪 静岡 予想 コツ 施設
静岡競輪場にはレース観戦を楽しめる施設が盛りだくさんです。そのなかでも飲食店の充実ぶりは、ほかの競輪場にはないでしょう。

静岡競輪場には「おでん」「ラーメン」「定食」「串揚げ」などのメニューだけではなく、なんとお寿司が食べられる「寿し政」というお店があるのです。

競輪場でお寿司が食べられるところはほぼないので、車券が的中して儲かった際に利用してみてはいかがでしょうか?

また、静岡競輪場には家族連れや初心者にも楽しめる施設「ビギーナ」が設置されています。こちらには、子供連れて訪れた競輪ファンのために、おもちゃや遊具が置かれているキッズコーナーがあったり、元競輪選手が競輪のイロハを教えてくれる初心者コーナーも設置されています。

競輪場に初めて訪れたという方は、ぜひ「ビギーナ」に訪れてみてはいかがでしょうか?

静岡競輪場のマスコット

競輪 静岡 予想 コツ マスコット
静岡競輪では、レッサーパンダをモチーフにしたマスコットキャラクター「レーサーパンダ」が活躍しています。

競輪とレッサーパンダは何も関係ないように思えますが、実は静岡県の日本平動物園はレッサーパンダの繁殖をおこなっており、それを由来とした名前となっています。

また、非常に可愛らしいキャラクターなので、静岡競輪場を訪れる子どもにも非常に人気があります。

静岡競輪場のアクセス

静岡競輪場へは、JR「静岡駅」またはJR「東静岡駅」から無料送迎バスを利用して訪れましょう。

競輪場行きの送迎バスは9時50分から13時10分まで、帰りのバスは14時15分から16時15分ごろまであるのでご利用ください。

また、車でお越しの場合は国道1号線の「長沼大橋」から約10分程度、または東名高速道路の「静岡IC」から約15分程度の距離にあるためアクセス面では問題ないでしょう。

また無料駐車場もかなりの数が用意されています。しかし、来場数の多い競輪場なので大きなレースが開催される場合には無料送迎バスで訪れるのがよいかもしれません。

まとめ

競輪 静岡 予想 コツ
今回は静岡競輪場の予想のコツとバンクの特徴を紹介しました。

関東の中でも人気のある静岡競輪ですが、予想のコツも様々な意見があり、1つに絞るのは非常に難しい競輪場です。

データ的には差しは多い場所ですが、先行の選手にも要注意なバンク仕様になっていますので、ぜひ、そのあたりを検討しながら予想を楽しんでください。