富山競輪場は333mで逃げ、捲くりが有利!富山競輪場の予想のコツを紹介!!

富山競輪場は333mで逃げ、捲くりが有利!富山競輪場の予想のコツを紹介!!

UPDATE:2020.09.17
競輪コラム競輪場

富山県に位置しており、冬場には雪の影響があるため開催すらしていない富山競輪場。そんな富山競輪場は全国各地の競輪場のなかでも数少ない333mバンクです。

ほかの競輪場と比較しても小さな作りとなっているため、独特な特徴を持っています。そして、その特徴をしっかりと理解し、予想に組み込んでいくのが的中率アップにつながっていくでしょう。

当記事ではそんな富山競輪場の特徴や予想のコツ、施設についてご紹介します。

富山競輪場ってどんなところ?

競輪 富山 予想 コツ
富山競輪場は数少ない333mバンクの競輪場です。また位置する場所が関係して冬場には開催されていないことも特徴的です。

そして、バンク自体の大きさが小さいことが関係して多くの特徴を持っています。

そこで、こちらでは富山競輪場の特徴やバンクデータ、地元選手について見ていきましょう。

富山競輪場のバンクの特徴

競輪 富山 予想 コツ 特徴
富山競輪場は333mバンクで直線距離も短いため、「先行選手が有利」と思われがちですが、そう簡単なものではありません。

たしかに、見なし直線距離が短いと「追い込み選手」が、最後の直線でスピードに乗ることが難しいので先行選手が有利になるでしょう。

しかし、富山競輪場は333mバンクのなかでもきついカントを持っており、それが影響して「先行選手」ではなく、「捲り」などの選手も有利になっています。さらに、ゴール部分でもあるバックストレッチ側は強い追い風が吹くことが多く、先行選手には不利な状況になってしまいます。

以下に富山競輪場のバンクデータをまとめたので参考にしてください。

  • 見なし直線距離:43.0m
  • センター部路面傾斜:33゜41´24″
  • 直線部路面傾斜:3゜26´1″
  • ホーム幅員:10.2m
  • バック増員:9.2m
  • センター幅員:6.4m

富山競輪場の決まり手

競輪 富山 予想 コツ 決まり手
次は富山競輪場の決まり手データを見ていきましょう。

■1着決まり手

  • 逃げ20%
  • 擦り39%
  • 差し41%

■2着決まり手

  • 逃げ14%
  • 擦り24%
  • 差し24%
  • マーク38%

1着の決まり手を見ると、見なし直線距離が一番短いにも関わらず「逃げ」の勝率が20%と一番低くなっています。そのかわり「捲り」や「差し」の追い込みタイプの脚質が大半を占めていることがわかるでしょう。

一方、2着の決まり手はそこまで大差がなく平均的な勝率です。

そのため、富山競輪場の軸を考える際には「追い込みタイプ」の選手を狙っていくのがよいかもしれませんね。

富山競輪場の地元選手

競輪 富山 予想 コツ インタビュー

続いて富山競輪場に所属する地元選手をご紹介します。活躍する選手は多くいますが、そのなかでも富山競輪場の特徴をしっかりと理解できているだろう選手をピックアップしました。

  • 西田潤 選手
  • 大庭正紀 選手
  • 宮越大 選手
  • 表大暁 選手
  • 宮越孝治 選手
  • 松崎貴久 選手
  • 下条未悠 選手

これらの選手は富山競輪場のレースで好成績を残す選手ばかりです。同じラインを組んだりすることもあるので、覚えておいて損はないでしょう。

また、このなかの宮越孝治選手は、富山競輪場についてインタビューを受けた経験があります。その際には「まくりが決まりやすく、後方からでも仕掛けられるバンク」と語っていたので、やはりデータに現れていたように「追い込みタイプ」の選手が有利なのかもしれません。

富山競輪場の予想のコツ

競輪 富山 予想 コツ
ここまでで富山競輪場の特徴や地元選手についてご紹介しました。これらの特徴などをしっかりと理解してから予想を考えるようにしましょう。

では、具体的にどのような予想が富山競輪場のコツとなってくるのでしょうか?

以下で富山競輪場の予想のコツを開設していきます。

追い込み選手を狙おう!

競輪 富山 予想 コツ 競走得点

富山競輪場は333mバンクでみなし直線距離が短いにも関わらず、先行選手が不利で「差し」や「捲り」の選手の勝率が高い傾向にあります。

また、スジ違いのレース結果になることも多く、万車券が飛び出す可能性の高い競輪場です。そのため、本命選手を狙っていくよりか、穴を狙った車券の方が回収率が高くなってくるでしょう。

地元選手を狙おう!

富山競輪場は非常に小さな競輪場なので、最も多い400mバンクなどと比較しても多くの特徴を持っています。そのため、富山競輪場の特徴をしっかりと把握してレースに挑まなければ本来の実力を発揮できないでしょう。

そのため、富山競輪場に所属する地元選手を狙うのがおすすめです。

富山競輪場の選手であれば、ホームとしてバンクを使用しているため、細かな特徴までも熟知しています。また、ラインは同じ地区同士などで組まれることが多いため、富山競輪場の地元選手だけで組まれたラインがあれば「強いライン」といっても過言ではないでしょう。

特に、宮越孝治選手は富山競輪場のレースではかなりの実力を発揮しているので、狙ってみてもよいかもしれません。

富山競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介

競輪 富山 予想 コツ
ここまでで、富山競輪場の特徴や予想のコツをご紹介しましたが、富山競輪場はレースを快適に楽しめる施設が充実しており、訪れても十分に楽しめます。

こちらでは、そんな富山競輪場の歴史や施設、アクセス方法についてご紹介します。

富山競輪場の概要&歴史

富山競輪場は1951年に富山県に作られた競輪場です。正式名称は「ドリームスタジアムとやま」です。

ほとんどの競輪場は季節関係なくレースが開催されていますが、富山競輪場の場合、冬になると降雪量が多いため冬には開催されていない競輪場です。そのため、開催される季節が春~秋にかけてと決まっています。

また、毎年6月前後に開催される記念競輪「瑞峰立山賞争奪戦」は毎年白熱したレースを繰り広げており、毎年地元ファンが競輪場を埋め尽くしmす。

富山競輪場の入場料

富山競輪場への入場は50円となっています。また、第一特別観覧席(800円)とメインスタンド特別観覧席(1,000円)があります。

特別観覧席の座席前は大きなガラス張りとなっており、レース全体が見渡せる環境なので、レース序盤から終盤までじっくりと楽しみたい方にはおすすめです。

金額もほかの競輪場の特別観覧席と比べても安めの設定となているため、富山競輪場を訪れた際には利用してみてはいかがでしょうか?

富山競輪場の施設

競輪 富山 予想 コツ
富山競輪場には、競輪を楽しむうえで欠かせない飲食店が非常に充実しています。

おしゃれな雰囲気の「サイクルスター」、おにぎりを販売する「的中おむすび屋」、韓国料理がおいしい「伽耶琴(かやぐん」、あっさりラーメンが売りの「5号食堂」、手軽な値段で楽しめる「立山亭」などがあります。

特にこのなかでは「サイクルスター」が非常におすすめです。サイクルスターの店内にはテラス席が設けられており、バンクを目の前にしながらコーヒーなどを飲めるため、ゆったりとした気分で迫力満点のレースが楽しめてしまうのです。

なかなか見られない角度からの観戦ができるので、ぜひ一度訪れてみてください。

富山競輪場のマスコット

競輪 富山 予想 コツ マスコット
富山競輪場では、ライチョウをモチーフにしたマスコットキャラクター「ライちゃん」が活躍しています。ライチョウが競輪選手のユニフォームをまとっており、非常にかわいいキャラクターです。

また、ライちゃんの名前からちなんだ「ライちゃんカップ」も開催されており、開催時にはイベントに「ライちゃん」が出演し、盛り上がりを見せています。

富山競輪場のアクセス

富山競輪場へは、JR「富山駅」で市内電車へと乗り換え「競輪場前駅」で降りると徒歩1分程度で到着します。

若干アクセス面は悪いですが、富山競輪場では競輪専用ICカードを発行しており、これを発行すれば市内電車の乗ることができるので、よく富山競輪場に訪れる方は発行しておくとよいでしょう。

また、車でお越しの方は北陸自動車道「富山IC」から約40分程度の距離となっています。無料駐車場も2,159台分用意されているので、大きなレースが開催されるときでなければ満車の心配もありません。

まとめ

競輪 富山 予想 コツ
以上、当記事では富山競輪場の予想のコツや、バンクの特徴を紹介しました。

富山は333mながらも、「差し」や「捲り」といった追い込みタイプの選手が有利な傾向がある競輪場です。

しかし、出場する選手で大きく展開も変わりますので、競走得点やラインなど、予想の基礎となる部分も忘れずに考えるようにしましょう。

ぜひ、富山競輪場の予想をする際には当記事を参考にしてみてください。