先頭に戻る
ケイリン 太田りゆ

ガールズケイリンの太田りゆ選手は女子力高め!成績やプライベートに迫る!

UPDATE:2020.08.26
競輪コラム競輪選手

太田りゆ選手は、2017年7月にデビューをした、ガールズケイリンの112期生です。

デビューを遂げた2017年7月には、なんと予選から決勝までの全てのレースで1着となって、完全優勝を果たし、多くの競輪ファンから多くの期待を持たれていた選手です。

当記事では、そんな太田りゆ選手が、いったいどんな選手なのか、どんな成績を残してきた選手なのかを紹介していきます。

太田りゆ選手はどんな選手?

ケイリン 太田りゆ

まずは、太田りゆ選手がどんな選手名のか、簡単なプロフィールを紹介します。

名前:太田りゆ(おおた りゆ)
登録番号:015218
出身地:埼玉県
登録地:埼玉県
生年月日:1994年8月17日
血液型:B型
身長:165.6cm
体重:61kg
太もも:60cm
ホームバンク:大宮競輪場

太田りゆ選手は、冒頭でもお話したとおり、デビュー戦から完全勝利を果たした選手です。

そこまでの実績を残した選手ですが、実は小学校時代には「バスケットボール」、中高生時代には陸上選手として活躍していました。

自転車競技とはかけ離れているスポーツでしたが、その際にも運動神経の良さを発揮していたようです。

しかし、その後、東京女子体育大学へと進学しましたが、大学の陸上部で活動するためのお金がなく、陸上部での活動を諦めていました。

その際に、学校の先生や先輩から勧められて、ガールズケイリンの道を歩むことになり、日本競輪学校への入学を決めたのです。

しかし、日本競輪学校への入学もお金がかかると思われがちですが、実は日本競輪学校には「賃費制」というものがあります。

この「賃費制」というのは、食費・制服・物品などにかかるお金を、卒業後1年のレース賞金で返済することができる制度です。

そのため、その当時お金がなかった太田りゆ選手にとっては、ありがたい制度で、入学の敷居を下げてくれました。

そして、ガールズケイリンの道を歩み始めた太田りゆ選手は、2016年5月に日本競輪学校へ入学したのです。

太田りゆ選手が競輪選手になったきっかけ

ケイリン 太田りゆ

先ほどもお話しましたが、太田りゆ選手はもともと中学、高校で陸上選手として活躍していたので、大学でも陸上の道を歩みたいと考えていました。

しかし、大学入学のタイミングで両親が離婚してしまい、金銭的な理由から陸上選手の道を諦めてしまいました。

2018年4月15日に放送されたフジテレビ系の番組「ジャンクSPORTS」で、その経緯を話しています。

学校の先輩や先生から競輪の道を勧められたのもありましたが、このときに太田りゆ選手は少しでもお金を稼ぎたいと考え、携帯電話で「女性でも稼げる方法」と検索したようです。

そして、「公営ギャンブル選手」という内容を見つけ、今まで陸上選手として鍛えてきた身体を活かせると考え、競輪選手としての道を後押ししました。

師匠との出会い

ケイリン 太田りゆ

太田りゆ選手の師匠は早川成矢選手です。

この早川成矢選手との出会いは、大宮競輪場で初めて挨拶をしたときでした。

初めて早川成矢選手と挨拶を交わした太田りゆ選手は、競輪の道を歩み始めたばかりで、自電車競技用のシューズすら持っていなかったのです。

それを見かねた早川成矢選手は、自転車競技用のシューズを買いに、一緒に選びにいきました。

しかし、太田りゆ選手の足のサイズが大きく、なかなかピッタリなシューズが見つかりませんでした。

そこで、早川成矢選手は自分と同じサイズの太田りゆ選手のために、自分の自転車競技用のシューズをプレゼントしたのです。

その後、早川成矢選手からもらったシューズを履いて太田りゆ選手は練習に励みました。

そして、その努力する姿を見た早川成矢選手は、太田りゆ選手の師匠となることを決意したのです。

このエピソードを見ても、もし早川成矢選手と太田りゆ選手の足のサイズが違っていたら、師弟関係を結ぶこともなかったので、今の太田りゆ選手の活躍を見れなかったかもしれません。

また、自電車競技用シューズを自前で持っていたら、一緒にシューズを買いにいくこともなかったので、なにか運命的なものも感じますね。

太田りゆ選手はおしゃれずき

ケイリン 太田りゆ

太田りゆ選手はガールズケイリンのなかでも、おしゃれ好きな選手として非常に有名です。

普段からYou Tubeのメイク動画を見ながらメイクに挑戦したり、まつエクや’ネイルを楽しんでいます。

ガールズケイリンのレースに出場する際も、バッチリとしたメイクをしているのが印象的な方もいるかもしれませんね。

これは、日本競輪学校の規則の厳しさから開放されたからかもしれません。

日本競輪学校と言えば、非常に厳しい規則があり、化粧も禁止で女子は短髪にしないといけないので、おしゃれ好きの太田りゆ選手にとっては非常に厳しい環境でした。

そのこともあって、卒業後は思う存分おしゃれを楽しんでいます。

最近では、自身のインスタグラムにもおしゃれな写真をアップしているので、気になる方がぜひご覧になってみてください。

太田りゆさんのインスタグラムはコチラ

太田りゆ選手は大のディズニーシー好き!

ケイリン 太田りゆ

太田りゆ選手は、競輪マルシェのインタビューでも大のディスニーシー好きをというのを公言しています。

日頃から練習で忙しい太田りゆ選手ですが、休みの日に2~3時間でも空いたら訪れてしまうほどのようです。

また、理想のデートもディズニーシーに訪れてミラコスタで、港が見えるいい部屋に泊まるのが憧れと語っています。

太田りゆ選手は、非常に力強い選手のイメージがありますが、乙女なかわいい一面ももっているのですね。

太田りゆ選手の成績

ケイリン 太田りゆ

太田りゆ選手は、デビュー戦から完全勝利を果たした実力ある選手です。

以下では、これまでに太田りゆ選手がどのような成績を残してきたのか見ていきましょう。

日本競輪学校在学中の成績

まずは、太田りゆ選手が日本競輪学校に在学中の成績です。

■2016年5月31日
112回生試走記録会200mフライングダッシュ:1位(12秒44)

■2016年8月3日
112回生登坂トーナメント:優勝

■2016年9月14日
112回生第2回記録会 200mフライングダッシュ:1位(12秒28)
400mフライングダッシュ:1位(25秒21)
1000mタイムトライアル:3位(1分15秒28)ゴールデンキャップ獲得

■2016年12月12日
112回生第3回記録会 200mFD:1位(12秒29)
400mFD:1位(25秒15)

■2017年2月6日~10日
2017アジア自転車競技選手権チームスプリント:3位
500mタイムトライアル:6位
スプリント:4位
ケイリン:8位

■2017年3月13日
卒業記念レース:6位

日本競輪学校に在学中に、生徒の中でもスピード・持久力ともに優秀な選手が選ばれるゴールデンキャップを獲得していた実績もあり、デビュー前からその実力を発揮したいたことがうかがえますね。

太田りゆ選手の通算成績

続いて、本年から1昨年までの通算成績を見ていきましょう。

■本年の通算成績

 

出走数

優勝

1着

2着

3着

着外

棄権

失格

勝率

2連対率

3連対率

合計

6

1

3

2

1

0

0

0

50.0%

83.3%

100.0%

F2

3

1

2

0

1

0

0

0

66.6%

66.6%

100.0%

F1

3

0

1

2

0

0

0

0

33.3%

100.0%

100.0%

■昨年の通算成績

 

出走数

優勝

1着

2着

3着

着外

棄権

失格

勝率

2連対率

3連対率

合計

9

0

3

1

2

2

0

1

33.3%

44.4%

66.6%

F2

9

0

3

1

2

2

0

1

33.3%

44.4%

66.6%

■1昨年の通算成績

 

出走数

優勝

1着

2着

3着

着外

棄権

失格

勝率

2連対率

3連対率

合計

42

7

23

4

4

11

0

0

54.7%

64.2%

73.8%

F2

33

5

16

4

3

10

0

0

48.4%

60.6%

69.6%

F1

9

2

7

0

1

1

0

0

77.7%

77.7%

88.8%

特別競走出走歴

太田りゆ選手はデビューから1年後には、特別競走の「ガールズケイリンコレクション」や「ガールズケイリンフェスティバル」へ出場しています。

・2019/08/17 ガールズドリームレース 名古屋 失
・2018/08/16 アルテミス賞レース 平 4
・2018/07/14 ガールズケイリンフェスティバル 松 戸 7.6.2
・2018/05/03 ガールズケイリンコレクション 平 塚 4

上記のように、いくつかの特別競走へ出場はしていますが、未だに優勝歴はないため、今後優勝してくれることを期待しておきましょう。

太田りゆ選手は東京2020オリンピックの日本代表!

ケイリン 太田りゆ

実は、太田りゆ選手は、コロナウイルス感染拡大防止の影響で延期となってしまった東京2020オリンピックの自転車競技日本代表でした。

もともと、太田りゆ選手は「家計が厳しい」「お金を稼ぎたい」という気持ちで競輪界へ参入していましたが、日本を代表してオリンピックへ出場するとは夢にも思っていなかったかもしれませんね。

デビュー戦から完全勝利を果たし、東京2020オリンピックでも活躍が期待されていましたが、延期となってしまったのが非常に残念です。

来年の2021年にオリンピックが開催されるかは分かりませんが、開催されるとしたら、再び太田りゆ選手に頑張ってもらいたいところですね。

まとめ

以上、当記事ではガールズケイリンで活躍する、太田りゆ選手にスポットを当てて紹介しました。

太田りゆ選手は、もともと陸上競技で活躍していましたが、競輪の道を歩み始めても、その運動能力の高さを発揮していました。

デビュー戦から全てのレースで1着となり、史上5人目のデビュー戦完全優勝を果たした選手です。

そんな太田りゆ選手は、競輪で力強いレースを見せつけてくれていますが、ネイルやまつエクが好きだったり、ディズニシー好きという女子力の高い一面もある魅力的な選手です。

また、延期にはなってしまいましたが、東京2020オリンピックの日本代表として選ばれていたので、今後の競輪でも非常に期待の持てる選手でしょう。

もし、2021年にオリンピックが開催されるのであれば、再び金メダルの獲得を目指して、頑張ってもらいたいですね。