東京オリンピックの競技競輪で金メダルに近いと言われる小林優香選手を徹底紹介!

東京オリンピックの競技競輪で金メダルに近いと言われる小林優香選手を徹底紹介!

UPDATE:2020.08.26
競輪コラム競輪選手

今回は、女子競輪選手で活躍している小林 優香選手について紹介します。

小林 優香選手といえば、圧倒的な太さの太ももが印象的だったりしますよね。

また、小林優香選手が病気という話も耳にしたことがあります。

その辺りも含め小林優香選手がいったいどのような人物なのか紹介していきます。

小林優香選手のプロフィール

競輪 小林 優香 プロフィール

まずは、小林優香選手のプロフィールについて見ていきましょう。

小林優香選手小林さんは1994年1月18日生まれの25歳です。

出身は佐賀県鳥栖市で、競輪選手としての登録地は福岡県になっています。

小林さんは元々競輪選手を目指していたのではなく、両親がバレーボールをやっていて、特に母・真里さんが小学校のクラブで監督を務めていた事もあって、高校までは熱心にバレーボールに取り組んでいました。

バレーボールの成績は熊本市立必由館高等学校にはインターハイにも出場するなど活躍をして、そのまま推薦で大学まで進んだそうですが、次第に164cmというバレーボール選手としては低い身長が壁になってきたらしいです。

164cmという身長は女子の平均身長からすれば高めですが、バレーボール日本代表のウィングスパイカーの身長はの身長は低くても170cm以上なので、164cmという身長が壁になっていた事は分かります。

基本的にバレーボールで160cm台の選手はリベロしかいませんので、小林優香選手の中では「やりたいポジションはできない」というジレンマがあったようです。

そして、小林優香選手の大きな転機となったのが、2012年8月にテレビで観戦していたロンドンオリンピックです。

このロンドンオリンピックで、たまたま自転車競技を目にした小林優香選手さんは自転車競技の「チームスプリント」で男子が走っている姿を見て目を奪われたそうです。

小林さんは元々自転車が好きで良く載っていたそうですが、その当時の事を以下のように語っています。

もともと自転車は、ママチャリですけど好きで、どこでも遠くに乗っていっていたんです。

佐賀県の鳥栖から、博多まで自転車でいったこともありましたね。

ママチャリで友達と。山を越えていったので、1日がかり。それで、博多でラーメンを食べて、すぐ帰ってきました(笑)。

自転車。これなら身長も関係ないし、上にいけるかなと思ったし、やりたいと思いました

佐賀県鳥栖市から福岡県博多市まで自転車で走ったとありますが、九州自動車道を使ったら大体33.6kmぐらいあるみたいです。

もちろん、自転車で行くとなるとさらに距離は伸びでくるでしょう。

短く見ても片道40kmくらいはあるのではないでしょうか。

博多ラーメンを食べたいという気持ちだけで往復約80kmも掛けて自転車を走らせる体力には驚きです。

また、小林優香選手は競輪選手としても非常に活躍している選手です。

小林優香選手は2014年5月16日に岸和田競輪場でのデビュー戦を勝利で飾ると、その年に出走したすべての競輪場で完全優勝を果たしました。

この小林優香選手の成績は、女子競輪界におけるデビュー戦以来の無敗連続記録を更新する快挙となります。

2015年になっても快進撃は止まらず、4場所連続完全優勝も成し遂げた小林優香の獲得賞金は約3000万円になりました。

こうして、デビュー2年目という段階で、早くも賞金女王に輝きました。

男子選手も含めた全競輪選手2380人の中でも35位の賞金額を獲得した小林優香は、デビューからほどなくしてトップクラスの選手であることを証明したと言えるでしょう。

下記に小林優香選手の簡単なプロフィールを紹介します。

本名 小林 優香(こばやし ゆうか)
生年月日 1994年1月18日(25歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 1.64 cm
体重 65 kg
所属 日本競輪選手会 日本自転車競技連盟 DREAM seeker
プロ所属チーム
2014年 -日本競輪選手会福岡支部

小林優香選手の実力

競輪 小林 優香

小林優香選手はバレーボールでも活躍していたりと、運動能力に非常に優れていました。

そして、競輪の世界に入ってからも、その高い運動能力を惜しげもなく発揮しています。

競輪の世界に入ったのは18歳頃と、遅めでしたが2013年10月には石井貴子との女子チームスプリントで日本記録を更新する快挙を成し遂げます。

400m×2において56秒333だそうです。

ちなみに小林さんはこの時、「学校で出したタイムには及びませんでしたが日本記録を出せて嬉しいです」とのコメントを残しています。

更に

「目標はオリンピックに出場し活躍してガールズケイリンの存在を多くの人に知ってもらうこと、102期と104期の先輩に勝ちたいのでもっと練習して強くなりタイムも伸ばしたいです。今回の結果に甘んじることなく在学中には更に脚力を付けデビュー戦では完全優勝出来るように頑張りますので私達を見に来てください。宜しくお願いします。」

と、高い成績をのこしたことを奢らず、極めて高い意識を持って競輪に取り組まれている事を窺わせています。

その後、小林さんは2014年5月6日に競輪選手としてデビューしました。

有言実行とばかりに8月31日まで22連勝を成し遂げました。

そして、岸和田、京王閣、松山、名古屋の各競輪場では全て完全優勝という凄い記録を残しています。

ちなみに最終的に8月31日まで22連勝を果たし、9月14日に梶田舞さんに初黒星を喫してからも12月9日まで再び22連勝しています。

小林優香選手を襲った落車事故で骨の移植手術へ

2014年、2015年と好成績が続き、獲得賞金もトップクラスだった小林優香選手ですが、2016年になると、何度も落車事故に見舞われるという災難にあいました。

2016年3月には、ガールズケイリンコレクションの名古屋ステージで他の選手と接触して落車させてしまった小林優香は、過失走行により失格となってしまいます。

さらに、自身も落車した小林優香は、意識不明のまま病院へ搬送される事態となってしまいました。

5月に行われた静岡ステージでは、発走直後に左肩脱臼のアクシデントに見舞われた小林優香。執念で優勝したものの、その後に挑んだ海外遠征先の台湾で再び落車してしまいます。

これにより、骨の移植手術を受けたため、術後のリハビリに専念せざるを得なくなった小林優香の出走試合数は激減してしまい、この年の獲得賞金は700万円とかなり下がってしまいました。

小林優香選手の主な獲得タイトル

競輪 小林 優香 獲得タイトル

小林優香選手はデビュー当初から22連勝と驚くような記録を残してきた選手です。

小林優香選手がどのようなタイトルを取ってきたのか紹介します。

2014年 – ガールズケイリンコレクション 前橋ステージ(9月)、ガールズケイリンフェスティバル(松戸競輪場)
2015年 – ガールズケイリンコレクション 京王閣ステージ(3月)・岸和田ステージ(6月)、ガールズケイリンフェスティバル(函館競輪場)、ガールズグランプリ2015(京王閣競輪場)
2016年 – ガールズケイリンコレクション 静岡ステージ(5月)
2017年 – ガールズケイリンフェスティバル(伊東温泉競輪場)
2018年 – ガールズケイリンコレクション 松山ステージ(3月)
2019年 – ガールズケイリンコレクション 大垣ステージ(3月)
年間賞金女王1回 – 2015年

小林優香選手が減量成功で可愛くなった!

競輪 小林 優香

一時期、小林優香選手が「痩せて可愛くなった」と話題に上がっていました。

実際にこの時は20kgもの減量に成功したそうです。

この時の肉体改造の秘密は、新たに指導を仰ぐことになったブノワコーチの采配にありました。

「オリンピックで小林優香が勝つには、一瞬でトップスピードに持っていく瞬発力に欠ける」と分析したブノワ・ベトゥコーチは、トレーニング方法を筋力トレーニングが中心となるよう見直すことにしました。

その結果、体が引き締まって20kgの減量に成功した小林優香は、ファンから「瘦せて可愛くなった」と大好評です。

とはいえ、痩せて可愛くなったの競輪選手としての強さとは直接関係ありません。

肉体改造に成功したことで、東京オリンピックでの勝利がより現実的なものになってきたと言えるでしょう。

賞金の使いみちはアイス?

競輪 小林 優香

小林優香選手は2018年4月15日にフジテレビ系で放送されたバラエティ番組「ジャンクSPORTS」に出演しました。

この時の放送内容も話題にあがりました。

それは、チャンピオンたちの賞金の使い道です。

ガールズケイリンに出場しながら、東京オリンピック出場を目指してナショナルチームでの練習も精力的に行っている小林優香選手は、年末のガールズグランプリで優勝すると、1000万円の賞金がもらえると明かしています。

そして、この放送でこれまでに得た賞金の使い道を尋ねられると「金額の大きさにビビり、アイスしか買えなかった」と告白。そのあまりにも可愛らしい使い道にスタジオの笑いを誘いました。

小林優香の太ももがすごい!

競輪 小林 優香

小林優香選手と言えば、男子競輪にも負けない程の太い太ももが特徴的ですよね。

やはり、女子の競輪選手としてトップクラスの選手だけあって、小林優香選手のふとももは凄いです。

2016年6月放送の「スポーツジャングル」に出演した時には太ももの周りが「68.5cm」と語っていました。

数値だけ聞くと想像がつかないかもしれませんが、2004年にワコールが20台女性の体型を調査したデータによると、ウエストの平均は「64.7cm」らしいです。

一般的な女性のウェスト程の太ももを2本持っているのは非常に驚きですよね。

まとめ

競輪 小林 優香

今回はデビューから華々しい成績を残し、すでに東京オリンピックのメダル候補としても注目を集めるようになっている小林優香選手を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

小林優香選手はデビューから22連勝するなどと、圧倒的な強さを見せつけているガールズケイリンの中でもトップクラスの選手です。

今もなお、競輪で活躍をしていますが、2020年の投稿オリンピックの出場も決まっています。

そして、さらなる高みを目指して、新しいコーチと共に、今までとは180度違うトレーニングに取り組み始めています。

そして、ブノワ・ベトゥコーチと二人三脚でトレーニングを続けた結果、タイムが縮まり、国際大会で優勝できるなど、着実に成績を上げています

スポーツに怪我はつきものですが、過去の落車事故の様な大きな怪我なく、東京オリンピックでは頑張ってもらいたいですね。