小松島競輪場は風を制する者が勝利を制する!小松島競輪場の予想のコツを紹介

小松島競輪場は風を制する者が勝利を制する!小松島競輪場の予想のコツを紹介

UPDATE:2019.09.11
競輪コラム競輪場

みなさんは、小松島競輪場はどんなところか知っていますか?

観覧席から紀伊水道を望む眺めは、全国でも1、2を争う程の絶景の場所にある競輪場です。
晴れた日には、大鳴門橋から遥か淡路島までもが一望できます。

今回は、小松島競輪場の予想のコツと、バンク紹介をしていきます。

WinTicket

小松島競輪場ってどんなところ?

競輪 小松島 予想 コツ
小松島競輪場(こまつしまけいりんじょう)は徳島県小松島市横須町にある競輪場です。

小松島競輪場は紀伊水道沿いに位置し、周囲には港町が広がっています。

観覧席から見えるほど海が近い事が有名で、一番の悩みは海風になります。

周長400mのバンクであり、特徴としてはカントが緩めである点と、全国の競輪場の中で最も海に近いという点です。

今回は、小松島競輪場の予想で使えるコツなどをバンクの詳細を含め説明します。

小松島競輪場のバンクの特徴

競輪 小松島 予想 コツ 特徴
小松島競輪場400mを使用しています。

直線の長さは標準的だが、かつて500mバンクだったものを改修した名残で、カントがやや緩いのが特徴です。

なおバック側は建築物の裏が岸壁という全国の競輪場で最も海に近い立地となっているため、常に海風の影響に対する注意が必要となっています。

冬はバック向かいなのでインは2コーナーを過ぎると風に当たって不利になる傾向にあります。

直線はやや長めなので、特に伸びるコースはないので力通りの勝負になります。

下記の詳細データを確認しましょう。

■見なし直線距離 55.5m
■センター部路面傾斜 29゜46´27″
■直線部路面傾斜 2゜51´45″
■ホーム幅員  10.3m
■バック幅員  9.3m
■センター幅員 8.3m

小松島競輪場の決まり手

競輪 小松島 予想 コツ 決まり手
決まり手としては風の弱い日は逃げ・まくり・差し、いずれも決まっています。

風の影響を受けやすいバンクのため、バック向い強風時の先行選手はまず残らないの特徴です。

その場合はセオリー通りにまくり追い込みを打てるラインか番手選手を狙うべきでしょう。

下記の決まり手グラフを見るとわかりやすいでしょう。

■1着決まり手グラフ

逃げ15% 捲り24% 差し60%

■2着決まり手グラフ

逃げ16% 捲り16% 差し35% マーク33%

やはり、先行の逃げは圧倒的に少ないですね。

小松島競輪場での開催レース

競輪 小松島 予想 コツ 開催レース
小松島競輪場は1950年(昭和25年)に開設されました。

記念競輪(GIII)として「阿波おどり杯争覇戦」が毎年7月に開催されています。

過去には2006年(平成18年)にふるさとダービー、2010年(平成22年)に共同通信社杯春一番(共にGII)が開催された事がありました。

マスコットキャラクターは阿波狸合戦の「金長たぬき」をモチーフとした「ポンスター」、それにちなんで「ポンスターカップ」および「金長たぬき杯争奪戦」が開催されています。

他にも現役時代「スッポン」の異名をとった笹田伸二を称え「笹田伸二杯争覇戦」が開催されています。

また、ガールズケイリンは未だに開催実績はない(他に開催実績がないのは小田原競輪場のみです。)

小松島競輪場の地元選手

小松島競輪場の地元選手の地元選手は下記の通りです。
この選手は出走する時は、風の事も理解しているので有利でしょう。

・S級1班 室井 健一(69期)
・S級1班 堤 洋(75期)
・S級1班 小倉 竜二(77期)
・S級1班 高原 仁志(85期)
・S級1班 阿竹 智史(90期)
・S級1班 山形 一気(96期)
・S級1班 原田 研太朗(98期)
・S級1班 久米 康平(100期)
・S級1班 小川 真太郎(107期)
・S級1班 太田 竜馬(109期)

WinTicket

小松島競輪場の予想のコツ

競輪 小松島 予想 コツ
小松島競輪場は逃げも捲りもあまり有利不利がない競輪場です。

先行選手と追い込み選手なら圧倒的に追い込みです。

どうしても風の影響があるので、先行や逃げは難しいですね。

イン待ちや競りもそこそこ効果的で、全体的に大きく数値が偏っていない競輪場となっています。

小松島のキーワードはずばり風でしょう。

冬はバック向かい風で夏はバック追い風になることから、先行は風向き次第です。

捲るなら早めに1コーナーから行くか、逆に捲り追い込みが良いかもしれません。

海風バンクは、スタート直後は風を感じなかったのに、打鐘の時に突風が吹いてきた!

なんて事も起きるので、予想した選手が頑張る時に、突風が吹かないことを祈ります。

風の強い日はレースはどんな影響あるのか?

競輪 小松島 予想 コツ 風の影響
競輪は誘導員や先行選手の後ろについて風の抵抗を減らすほど風にとは切っても切れない競技ですが、風の強い日の競輪はどのようにレースに影響するのか、車券的には荒れるのか堅いのか、そのあたりを色々と考察してみたいと思います。

よくネット上なんかでは「風の強い日はアウトコースが有利」みたいに書いているのを見かけるんですが、書かれている内容を読んでもイマイチ根拠がピンと来ません。

風とヒトコトで言っても風の強さと風の向きがあります。

これを別々に考えていきたいと思います。

まずは風の向きから考えたいのですが、これが難しいです。

小倉競輪場のようにドーム型であれば、基本的に常に無風ですから、天候は気にする必要がありませんが、一般的な屋外型のバンクの場合は四方八方365度自由自在に風は吹き込んで来れます。

特に、小松島競輪の場合は海風が凄いですね。

風が強いと先行選手に不利

競輪 小松島 予想 コツ
もうこれは絶対に間違いありません。

そもそも無風状態ですら先行選手や誘導員を風よけに使っているぐらいなのですから、先頭を走る選手は風が強ければ強いほど苦しい思いをする事は確実です。

例えばスタート位置で向かい風の場合はレース最後のスタミナが切れた時に向かい風になるのですから、これはキツイです。

スタート位置で追い風の場合はバックストレッチの時にスタミナを消費し、最後の直線は楽が出来そうに思えますが、差し・追い込みの選手にとっても文字通り追い風で、逃げ粘る立場には厳しいものがあります。

競輪は強風だと車券が荒れるのか?

小松島競輪のある1節(F2)の車券成績を調べてみたところ、全30レース中風速2m未満のレースが13レースあり、風速2m以上のレース(最高3.5m)は17レースありました。

上記を以下では「風の弱いレース」と「風の強いレース」とそれぞれ呼ぶことにします。

風の弱いレースでは13レース中、2車複の配当1000円未満の割合が46%でした。

一方風の強いレースでは17レース中、2車複の配当1000円未満のレースの割合が70%でした。

つまり風の強いレースの方が堅い決着が多かったのです。

WinTicket

小松島競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介

ここまでは、小松島競輪場の予想のコツなどを紹介しました。

ここからは、小松島競輪場の歴史や施設の紹介をしていきますので、ぜひ、訪れる時に参考にしてみてください。

小松島競輪場の概要&歴史

1950年に開設された小松島競輪場は、開設時から現在に至るまで、設備の増強やコースの改装を行なってきました。

1965年に実施された500mの競走路を400mに短縮する工事では、小松島競輪場の特徴である角度の緩いバンク(競輪競技を行なうコース)を生み出しました。

最近では2011年に次世代トータリゼータシステム(公営競技システム)の導入、サイクルシアターにおける大型マルチビジョンの設置などがなされています。

小松島競輪場の入場料

一般入場料 50円(場外発売時及びモーニング競輪開催時は無料)
メインスタンド特観席(380席) 300円

小松島競輪場「みんなでバンクを走ってみよう」

競輪 小松島 予想 コツ みんなでバンクを走ってみよう
2018年11月17日、小松島競輪場では「みんなでバンクを走ってみよう」というイベントが開催されました。

これは、小松島市内の海沿いの道~サイクリングロードを一般の自転車愛好家達47名が走り、小松島競輪場に立ち寄るというもので、競輪場では徳島支部の選手が協力しました。
 
参加者達は競輪場の施設を見学し、バンク内では選手との会話を楽しみ、交流を深めました。

また、選手の練習を見学し、ローラー体験をしたり、実際にバンク走を体験しました。

この日は、髙田健一支部長と室井健一、米汕賢治、米澤大輔、川口秀人、小倉竜二、伊藤大彦、滝山実、久米康平、原田研太朗の9選手が協力してイベントを盛り上げました。

小松島競輪場の施設

競輪 小松島 予想 コツ 施設
小松島競輪場にはスタンドや投票場の他、サイクルシアター、売店、遊園地「ポンスターランド」などがあります。

コースの中央には、エンドレスタワーというひときわ目立つ塔が設置されています。

海のすぐ側にある競輪場だけあって、眺めはとても良く、無料一階観覧席からでも遠く海の向こうに鳴門大橋や淡路島まで見渡すことが可能です。

食堂街もあり、空いた時間や待ち時間に利用できるので便利です。

小松島競輪場のマスコットキャラクター

競輪 小松島 予想 コツ 金長たぬき
マスコットキャラクターは阿波狸合戦の「金長たぬき」をモチーフとした「ポンスター」です。

小松島競輪場のマスコットキャラクターの「ポンスター」は、笑顔のたぬきが自転車にまたがった姿が特徴的です。

阿波地方に伝わる、江戸時代に広まった狸の大戦争である阿波狸合戦の伝説から生まれました。

小松島競輪場ではポンスターの着ぐるみを見ることができます。

また、ブログ「週間ポンスター」などで活動を発信しています。

小松島競輪場のアクセス

■お車でのご案内
徳島ICから国道11号を南へ直進(国道11号は徳島市内で国道55号に変わります)約20分、日開野町の交差点を左折し、県道33号を直進約8分、小松島市役所の前を直進し、「小松島競輪場」と書かれた黄色のアーチのすぐ近く

■JRでのご案内 JR牟岐線・南小松島駅から徒歩で約10分

WinTicket

まとめ

競輪 小松島 予想 コツ
今回は、小松島競輪場の予想のコツを紹介しました。

この小松島競輪場で最大に難しい部分は「風」です。

海から一番近いところに設立してある小松島競輪場は海風の影響をもろに受けます。

レースが始まって見ないと分からない事象が多く、予想が難しいのです。

しかし、風があるという時は、逆に先行車を予想から外す事も可能です。

そんな逆の発想も出来るので、ぜひ、この記事を読んだ方は参考にしてみてください。