青森競輪場の予想のコツは、差しが有利で、陸奥湾からの風が要注意な競輪場!

青森競輪場の予想のコツは、差しが有利で、陸奥湾からの風が要注意な競輪場!

UPDATE:2019.09.11
競輪コラム競輪場

皆さんは、青森競輪を見たことがありますか?

青森県内に1つだけある公営競技の場所で、施設内には温泉があったりする事が有名な競輪場です。

田舎の長閑な競輪場ですが、白熱したレースが開催されている事から、ネットなどでも見る方が多い競輪場になっています。

今回は、予想のコツなどを含めて特徴を紹介します。

WinTicket

青森競輪場はどんなところ?

競輪 青森 予想 コツ
青森競輪は青森県内唯一の公営競技場です。

通称は「みちのく競輪」または「Jomon Bank」(縄文バンク・近くに三内丸山遺跡があることから)と呼ばれています。

場所は、人里離れた山奥にあるため、公共交通機関でのアクセスは困難ですが、無料送迎バスがありますのでしっかり調べたうえで訪問するのが良いかと思います。

現代では、ネットでライブなども行っているので、現地に行く方は少ないかもしれませんが、ぜひ、一度旅行で立ち寄るのも良いのではないでしょうか。

訪問時は場外開催でかなり閑散とした雰囲気ですが、バンクで選手の方々が練習している光景を見ることができる競輪場になっています。

今回は、この青森競輪場の予想のコツとバンクの特徴を紹介します。

青森競輪場のバンクの特徴

競輪 青森 予想 コツ 特徴
バンクの特徴としてはどの戦法を取ってもクセのない400mバンクです。

全国でもこの400mのバンクは非常に多いですが、少し癖が青森競輪場にはあります。

それは、カント(バンクの傾斜角度)がややきつく、直線も比較的長い(51.3m)のです。

陸奥湾からの風の強い日は、捲りは3コーナーまで出切らないと不利だが、コーナーを踏み切ると良く伸びると言われており、競りはインより外が有利となっています。

細かい詳細データは下記の通りになっています。

見なし直線距離 58.9m
センター部路面傾斜 32゜15´7″
直線部路面傾斜 2゜51´45″
ホーム幅員 10.8m
バック幅員 9.8m
センター幅員 7.8m

青森競輪場の決まり手

競輪 青森 予想 コツ 決まり手
青森競輪場は直線が長い400m事が有名です。

クセがないバンクで、捲り、追い込みも十分届くコースですので、レース後半のコーナーでは捲り・追い込みがよく見られます。

陸奥湾からの風が入る時は、選手も非常に困難なので、決まり手としては直線が長いため追い込み有利でしょう。

また、カントがきついため3~4コーナーからのまくり追い込みが届くシーンも多くみられれます。

ライン3,4番手の選手でも突き抜けることがあるので要注意です。

2着には先行ラインのマーク選手が残ることが多く、ラインの3番手-番手と車券を買うのがおすすめでしょう。

下記に、青森競輪場の決まり手データをまとめました。

■1着決まり手:逃げ21%、捲り33%、差し46%

■2着決まり手:逃げ19%、捲り16%、差し27%、マーク38%

やはり、差しが半数を占める割合になっていますね。

青森競輪場での開催レース

競輪 青森 予想 コツ
記念競走は、みちのく記念 善知鳥杯争奪戦などが行われています。

また、モーニングのガールズケイリンや、ミッドナイト競輪も開催していますので、日程を調べて見てください。

青森競輪場の地元選手

青森競輪場の地元選手は下記の選手が有名になっています。

青森競輪の主な地元所属選手(S級1班)
佐藤 康紀・高橋 陽介・永澤 剛・坂本 貴史・新山 響平です。

青森競輪の主なガールズケイリン選手
大和 久保美・奈良岡 彩子・佐藤 友香・加藤 恵です。

同じ地元の場合、他のコースでもラインを組む事が多いので、ぜひ名前を覚えておきましょう。

WinTicket

青森競輪場の予想のコツ

競輪 青森 予想 コツ
それでは、青森競輪場の予想のコツはどんな部分になるのでしょうか。

基本の400mバンクですが、上記で説明した通り、少し角度がきつい事と、直線が短いのが特徴です。

その点を踏まえてみていきましょう。

風を意識して予想を立てる

競輪 青森 予想 コツ 風を意識
陸奥湾からの風の強い日は外が一番良いでしょう。

また、逃げも有利です。

逃げた2番手が前を差すことも可能なバンクなので、捲りもそこそこ決まりやすい傾向にあります。

逆に競りやイン待ちは非常に不利でし、3番手からの突っ込みは回収率低いです。

長い直線を差せる脚

競輪 青森 予想 コツ 長い直線
最も多いバンク距離で、クセがないのが特徴ですが青森競輪場の場合は少し違います。

そのため逃げ脚・追い脚・まくり脚で最後の長い直線で差せる脚を持っている選手が強いでしょう。

最後の底力までスタミナを残し、ジャンがなってから発揮する力が重要です。

400mバンクの競輪場では選手の脚よりも、ライン構成や競走得点に注目するのが良いでしょう。

選手のランクを見極める

競輪には、見た目だけでは判断できない競輪選手の実力が存在します。

疑問に思うのは、「どうやったら強い選手が分かるの「1着軸にできる選手を見つけたい」
などだと思います。

そんなときに活用できるのが、選手の階級、選手の競走得点の2点になります。

競輪選手はレベルに応じて階級が分かれます。

そして選手個々に競走得点という実力を数値化したデータがあるので、勝てる選手・勝ちやすい選手がひと目で分かり、予想の軸になるレーサーを見つけやすくなります。

競輪選手の階級は、レーサーの成績によって7つに分かれます。

それぞれ明確な基準があり、上位選手と下位選手では力の差がはっきりしています。

競輪選手は全体で2,000名以上いますが、全選手どこかのクラスに所属しています。

上位から『S級S班』『S級1班』『S級2班』『A級1班』『A級2班』『A級3班』と、ガールズケイリンだけの『L級1班』があるので、確認していきましょう!

競輪選手には1人1人、レース結果に応じて競走得点が与えられます。
シンプルに競走得点が高い選手が強い・低い選手が弱い、と考えていただいて問題はありません。

地元のラインを見る

ラインに関しては、地元の選手が団子になって走る事が非常に多いです。

そのラインの状態で他の選手の動向を見極め、前に誰が先に出るのかを探り合います。

自分以外はライバルとなりますが、基本的に『ライン』と呼ばれるチームを組んで戦う特徴があります。

競輪は時速60kmほどでるスピード競技ですので、尋常ではない空気抵抗を受けるので、ラインという隊列を作って走りやすくしているんです。

もちろんラインを組んだとしても、最終的には自分の勝利のために走ります。

自分が勝ちやすいポジションを確保するために、協力し合っているんですね。

つまりラインの状態こそ、勝者を見極めるポイントになります。

WinTicket

青森競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介

青森競輪場が開設してから、約70年絶ちますが昔と今ではどのくらい変わっているのでしょうか。

過去の歴史を調べて紹介したいと思います。

青森競輪場の概要&歴史

競輪 青森 予想 コツ
青森競輪場は、1950年に現在の合浦公園に開設しました。

その後、1982年に競輪場を新築し、翌年の1983年に現在の場所にオープンしました。

過去には全日本選抜競輪や、世界選手権記念トーナメントなどのGI開催実績が多く、
全国の競輪場の中でも上位の人気を誇っています。

毎年 9月ごろに、記念競輪「みちのく記念」を開催し、レースに合わせて女性や子供も楽しめる様々なイベントを開催しています。

PR活動の一環として、青森競輪の情報を載せた月刊誌「燃えよ縄文バンク」も発刊中です。

青森競輪場には、温泉がある

競輪 青森 予想 コツ 温泉
「なかなか行けない温泉」といえば、どんな所をイメージしますか?

自然に囲まれた山奥の秘境?海を眺める開放感あふれる高級リゾート温泉地?

いや違います。何と「青森競輪場」の中にある温泉なんです。

青森競輪場の中にあるのが、その名も「青森競輪場温泉」。

コースやスタンド、観覧席などがあるメインの施設の脇にひっそりとあるのが、「選手管理棟」です。

目的の温泉は、この普段一般の人は入ることができない選手管理棟内にあります。

レース開催の数日前から選手はこの宿舎に寝泊まりします。

この温泉は選手が練習やレースでの疲れを癒すためのお風呂なんですね。

これが選手だけでなく、一般に開放されています。

また、入浴料もとってもユニークなんです。

温泉実施日に競輪場内で購入された車券が入浴券となります。

最安値の100円でも入浴可能です。

レースに負けてしまっても、車券をビリビリに破り捨てたりしないで、選手管理棟まで大事に持って行ってくださいね。

青森競輪場の入場料

下記に青森競輪場の入場料金を紹介します。

一般入場料:50円
特別観覧席:1,000円

青森競輪場の施設

次に施設内はどんな競輪場になっているのでしょうか。

各ブースごとに紹介します。

■メインスタンド
メインスタンドは、最大収容人数6,000人という広いつくりが特徴です。
バンク正面に位置しているので、開放的な空間で、迫力あるレースを間近で楽しむことができます。
また、同施設5階には特別観覧席があります。
S席・E席と2種類の座席から、ガラス越しにバンク全面を見下ろすことができます。
最前列で競輪観戦ができるS席には、ハイバックシート・19インチモニター完備で、リラックスしながら競輪が楽しめます。

■大型スクリーン
バックスタンド裏手には大型スクリーンがあり、各レースの模様や、着順・払戻金を確認することができます。
色とりどりの花々が咲く広い空間で、ゆったりと観戦することができます。

■オレンジテント
オレンジテントは青森競輪場内に数ヵ所設置されています。
テント内にはモニターがあるので、自分の好きな場所でレースを楽しむことができます。

■ねぶた展示
大型スクリーン横には、「青森ねぶた祭り」のねぶたを展示しています。
2016年ねぶた大賞 「蝦夷ヶ島 夷酋と九郎義経」をはじめ、大迫力のねぶたを鑑賞でき、青森の伝統に触れることができます。

■こどものひろば
バックスタンド右後ろ側にあるこどものひろばでは、県内屈指の長さを誇る大型すべり台などの大型遊具があり、
大人から子供まで楽しめる施設となっています。

青森競輪場のマスコット

競輪 青森 予想 コツ 葵 萌輪
青森競輪のイメージキャラクターは、「葵 萌輪(あおい もりん)」です。

サイクリングが趣味という“萌えキャラ”で、Facebookを中心にPR活動を行っています。

葵 萌輪を起用したグッズはTシャツやクリアファイルなど幅広く取り扱われています。

青森競輪場のアクセス方法

●電車でのアクセス
JR「新青森駅」下車後、クルマで15分
または、無料送迎バスをご利用ください。

●クルマでのアクセス
東北自動車道「青森IC」から約15分

●無料バスでのアクセス
JR「青森駅」下車後、無料送迎バスで約30分
JR「新青森駅」下車後、無料送迎バスで約15分
西部営業所から無料送迎バスで約7分

WinTicket

まとめ

競輪 青森 予想 コツ
今回は、青森競輪場の予想のコツとバンクの特徴を紹介しました。

通常の400mバンクですが、少し癖のある競輪場だという事が解ったと思います。

出走する選手で、展開は変わってきますが、データなどを参考に予想してみてください。

しかし、あくまで統計なので、当日の風なども視野に入れて考えましょう。