先頭に戻る

ウィンチケットの本人確認方法を紹介!本人確認が必要な理由を理解しよう!

UPDATE:2021.07.07
競輪アプリ競輪アプリ・ソフト

ウィンチケットは、車券を購入できるサービスとして高い人気を誇ります。
単に車券を購入できるだけでなく、例えば予想を公開していたりABEMAとの相性の良さで動画サービスも充実しているのが特徴です。
これによって、レース映像を楽しんだり予想番組、そして競輪初心者向けのガイダンス動画も人気です。
そのウィンチケットを利用するためには、本人確認が必須となります。

本人確認とは、主に以下の理由で行われます。

  • 車券の購入が20歳以上に限定される
  • お金を取り扱うサービスであり不正が万一あった場合の身分証明のため

では、ウィンチケットの本人確認はどのようにして行えばよいのでしょうか?
この記事では、ウィンチケットの本人確認について解説します。

ウィンチケットは本人確認が必要!

ウィンチケットは本人確認が必要!
ウィンチケットを利用する上では、本人確認が必須です。
ここでは、ウィンチケットで本人確認が必要な理由と、どのようなものが必要であるのかを紹介します。

理由①:車券の購入年齢が20歳以上に限定されているため

競輪においては、自転車競技法の第9条において、以下が決められています。
「未成年者は、車券を購入し、又は譲り受けてはならない」
ここで気になるのが、2022年4月1日に施行された改正民法です。
この改正によって、成人年齢が20歳から18歳へ引き下げられているのです。
例えば、18、19歳にも選挙権が与えられることになったのは大きなニュースとして伝えられました。
この理論から言えば、車券を購入できる年齢も引き下げられたと思うかもしれませんが、競輪など公営競技では現行の成人年齢20歳の基準を維持しているのです。
よって、2022年4月1日以降も20歳を超えていない場合車券の購入はできません。
自転車競技法では未成年となっているからと言って、20歳未満の方は車券を購入できませんので注意しましょう。
このように、車券購入には年齢制限があるので、ウィンチケットを利用する上でも本人確認の上で20歳以上であることを証明する必要があるのです。

理由②:競輪関係者が登録できないようにするため

車券は20歳以上であれば誰でも購入できるわけですが、誰でも購入できるわけではないのです。
実は、自転車競技法の第10条では以下の人は車券を購入することも譲り受けることも不可能です。

  • 競輪に関係する政府職員及び競輪開催を主催する地方公共団体のすべての職員
  • 競輪振興法人及び競技実施法人の役職員並びに競輪選手
  • 当該競輪場において、車券の販売など、競輪場内の整理や警備その他競輪の事務に従うもの

この理由は簡単で、八百長を防止するためです。
もし選手を筆頭とした競輪関係者が車券を購入できてしまうと、車券を的中させるために不正な行動をとってしまう可能性があるのです。
よって、競輪関係者についても車券購入を制限している関係上、ウィンチケットでも身分照会するために本人確認を行っています。

理由③:不正利用時の身分照会のため

ウィンチケットは、サイバーエージェント系のサービスですので、セキュリティ関連は万全です。
例えば、システムバグの穴を突いて不正利用しようとするのはまず無駄な話です。
ただ、セキュリティ関連はいたちごっこのように常に新しい脅威が発生して障害が起きる可能性は十分に考えられます。
もし不正利用を行った場合、どのようなユーザーが利用していたかの身分照会が必須です。
そこで、本人確認をしておくことでいざトラブルが発生した場合でも早急に身分照会できる要になっているのです。

理由④:払戻金に対しての課税のため

ウィンチケットに限らず、車券を購入して的中した場合、確定申告が必要になるケースがあります。
競輪で得た払い戻しを対象とした税率は、その方の所得によって違います。
一般的には、課税対象額の10%から30%を払うのが大半です。
競輪で儲けたお金の全額から、最大30%を払うわけではありません。
年間で得た一時所得のうち、下記が課税の対象ということになります。
50万円を超えた金額×1/2
ウィンチケット自体が税金の計算を行ったり、徴収しているわけではありません。
それでも、配当が発生するサービスだけにしっかりと本人確認をした上で利用させているというのが実情です。

理由⑤:本人確認に必要なもの

ウィンチケットでは、本人確認として必要なものとして以下があります。
住所や氏名などの個人情報
電話番号
本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、パスポート、在留カード・特別永住者証明書、印鑑登録証明書、住民票など)
本人の申告した個人情報と電話番号だけでなく、本人確認書類の提出が必須となっている点に注目です。
また、本人確認書類には運転免許証やマイナンバーカードなど、公的な書類が必須となります。
なお、本人確認書類がない場合はウィンチケットに登録できませんので注意しましょう。
他にも、マイナンバーカードは登録時には必須ではありませんし、マイナンバーの提出も求められません。

ウィンチケット本人確認の手順

ウィンチケット本人確認の手順
ウィンチケットで本人確認を行うタイミングとしては、登録時となります。
まずは、ウィンチケットのホームページにアクセスまたはアプリから新規登録画面に進みます。
そして、メールアドレス、電話番号、SNSアカウントにて認証を行ってください。
次に、個人情報の入力を行います。
そして、最後に本人確認書類の提出画面に進みます。
なお、事前に本人確認書類は用意しておきましょう。
本院確認書類は、スマートフォンを使用すれば写真をそのまま撮影してアップロードすることが可能です。
なお、運転免許証やマイナンバーカードだけは自動認証機能があって、よりスピーディーに登録することができて便利です。
アップロードが完了したら、本人確認は完了します。
その時点から、チャージができるようになります。

本人確認が済んだら!レース参加!

本人確認が済んだら!レース参加!
本人確認が完了した時点から、車券の購入を行えます。
ウィンチケットでは、まずはチャージした上でチャージ金額の中から車券を購入して、もし払い戻しがあった場合は口座振替する、もしくはチャージして再度車券の購入に充てることができます。
ただ、利用する上ではまずはチャージを行わなければなりません。
チャージは、以下の方法で行えます。

  • 払戻金
  • クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB)
  • 銀行口座(楽天銀行・PayPay銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行)
  • Pay-easy
  • ApplePay(Mastercard)
  • スマホ決済(PayPay残高・メルペイ・LINE Pay)
  • auかんたん決済
  • Tポイント

下記記事でチャージ方法について紹介しています!ぜひチェックしてください!

非常に豊富なチャージ方法があるのが魅力的ですね。
各方法でチャージ上限があったり、手数料がかかる方法もあるので、自分にとって最適なチャージ方法を選択しましょう。
チャージが完了したら、実際に車券を購入することになります。
アプリ版での購入方法を紹介すると、まずは投票したいレースを選択した後に投票シートボタンをタップしてください。
そして、投票する賭け式、選手を選択して買い目を確認して追加します。
次に、投票ボックス画面に進んで購入金額を設定して確定するをタップします。
最後に、暗証番号を入力して投票を押せば完了です。

競輪予想と購入は「WINTICKET(ウィンチケット)」がおすすめ!

WINTICKET

皆さんは「WINTICKET(ウィンチケット)」をご存じですか?

今やYouTube広告やTVCMなどで多く宣伝されていて、話題になっていますね!

WINTICKET(ウィンチケット)は大きく分けて5つのサービスに別れます!

  • 競輪投票サービス初PayPay決済を導入
  • 出走表やオッズ、AI予想など機能が満載なネット投票サービス
  • 対応した競輪場の様子を生中継! 現場で観戦&投票しているような気分
  • メールアドレスやSNS連携で、登録の手順もかなりカンタン
  • 豊富な手段で簡単チャージ

この上記5つがウィンチケットの特徴で、車券の予想から観戦、投票、清算までスマホ一つで済ませたい方におすすめです。

ご利用にはアプリをダウンロードして、登録するだけ!後は5つのサービスをご利用いただけます!基本料金無料!

WINTICKET(ウィンチケット)をもっと詳しく↓↓↓

■WINTICKET(ウィンチケット)3つのおすすめポイント

  • AI予想があるから初心者でも簡単!
  • PayPayがあるから便利に決済!
  • abematvの専門チャンネル!

今なら1,000ポイントプレゼント中!!

本人確認は正しく行おう

ウィンチケットでは本人確認が必須ですが、当然のことながら正しく行うことが重要です。

意図的ではなくても、誤った情報を登録するのは禁止されています。

しっかりと確認の上で、正しく登録してウィンチケットを利用しましょう。