先頭に戻る

ウィンチケットのチャージ方法を紹介!キャンペーン利用でさらにお得に!

UPDATE:2021.06.11
競輪アプリ競輪アプリ・ソフト

競輪では、多くの投票システムがあることをご存じでしょうか。
例えば、中央競馬を開催しているJRAは未だに公式投票サイトしかないのに対して、競輪では公式以外でも民間企業が投票サービスに参入しています。
また、それぞれが独自のキャンペーンなどを展開しており、より有利な条件で利用できるサービスを利用するのがおすすめです。
数ある投票サービスの中でおすすめしたいのが、ウィンチケットです。
ウィンチケットとは、以下のような特徴がある投票サービスとなります。
レース映像を高画質で視聴できる
ポイント還元サービスが充実
スマホ決済サービスにも対応
オリジナルデータを提供している

では、実際にウィンチケットを利用する上でどのような方法でチャージすればよいのでしょうか?
この記事では、ウィンチケットでチャージする方法について解説します。

ウィンチケットとは

ウィンチケットとは
https://www.winticket.jp/

ウィンチケットについて解説すると、誕生したのは2019年4月2日と比較的最近です。
ウィンチケットを運営しているのは株式会社WinTicketですが、実はサイバーエージェントの連結子会社です。
このつながりから、インターネットテレビ局として有名なAbemaTVにおいて、競輪チャンネルも同時にスタートしました。
なお、単に映像だけを放映しているだけでなく、競輪チャンネルにおいてウィンチケットへの投票ボタンが用意されており、連動した様々なキャンペーンも不定期で行われているのです。
ウィンチケットの立ち上げに関しては、親会社であるサイバーエージェントから全国競輪施行者協議会に対し、投資回収後に委託料率を引き下げる意向が示されています。
利用者が確実に増加中で、それに比例して取扱高もうなぎ登りとなっています。
競輪だけでなく、オートレースにも力を入れておりサービス名の英語表記もすべて大文字のWINTICKETに変更になりました。
ウィンチケットについて詳しい情報は下記の記事からご覧ください。

ウィンチケットできるチャージの方法

ウィンチケットできるチャージの方法
https://www.winticket.jp/keirin/

ウィンチケットで車券を購入する場合、まずは資金をチャージしなければなりません。
例えば競馬では、銀行口座や一部サービスではクレジットカードで入金できるようになりましたが、まだまだ種類が少ないのが実情です。
一方で、ウィンチケットでは非常に多くの方法でチャージすることが可能です。
LINE Pay
au Pay
PayPay
メルペイ
クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB)
ネット銀行(PayPay銀行)
Pay-easy
Tポイント

それぞれのチャージ方法について、詳しく解説します。

LINE Pay

LINE Payは、生活に欠かせないアプリに成長したLINEが手がけるキャッシュレス決済です。
圧倒的に多くのユーザーがいて、利用できる店舗も多いのが魅力的です。
また、LINE Payユーザー同士の送金もしやすいという特徴があります。
LINE Payは、2020年秋からウィンチケットへのチャージへの対応がスタートしました。
チャージする方法は、スマートフォンの場合はチャージ方法からLINE Payを選択してください。
その後、チャージ金額を入力して、LINE Payアプリに移行するので支払うを選択して、パスワードを入力すればチャージが完了します。

au かんたん決済

au かんたん決済は、大手携帯キャリアとして有名なauが提供している決済サービスです。
携帯電話料金と一緒に支払えるなどのメリットがあります。
なお、ウィンチケットへのチャージは月に最大100,000円が限度となっています。
au Pay へのチャージは、ウィンチケットのアプリ上でチャージを押して、au かんたん決済を選択してください。
次に、チャージ金額を入力して手続き画面に移行して、決定するとチャージが完了します。

PayPay

PayPayは、キャッシュレス決済サービスを広く普及させた存在です。
PayPayの魅力は、多くのキャンペーンを開催している点にあります。
今でも、毎月のようにキャンペーンが行われており、おすすめです。
チャージ方法は、まずはチャージページを開きます。
そこで、PayPayを選択してチャージ金額を入力してください。
すると、PayPayアプリに移行するので、金額を確かめた上で支払うを選択するとチャージ完了です。

メルペイ

メルペイは、メルカリで主に利用できる電子マネーです。
メルカリでの売上金をそのまま決済として利用できるなど、意外と使い道の多い電子マネーとなります。
メルペイでチャージする方法は、ウィンチケットのチャージページからメルペイを選択します。
次に、チャージ金額を入力してメルペイアプリで支払い方法を選択してください。
そして、金額を確認して確認画面へを選択し、パスワードを入力するとチャージ完了です。

クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB)

キャッシュレス決済の中でも、古くから利用できる方法として有名なのがクレジットカードです。
クレジットカードとしては、VISA、Mastercard、JCBを用いてウィンチケットにチャージできます。
クレジットカードでのチャージ方法は、チャージページからクレジットカードを選択します。
次に、チャージ金額を入力して金額を確認して確認画面へを選択し、最後にパスワードを入力するとチャージ完了です。

ネット銀行(PayPay銀行)

他の公営競技の投票サービスで主流となる口座振替ですが、ウィンチケットの場合はPayPay銀行からチャージできます。
手数料無料でチャージできるのがよいですね。

Pay-easy

Pay-easyは、ネットバンキングのように気軽に取引できるサービスとして知られています。
Pay-easyは、一時期チャージできない時期がありましたが、2020年末より再開しています。
ただし、月の上限額は300,000円まで、また1日20回までに制限されたのです。
なお、対応銀行は以下の通りです。
ゆうちょ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
PayPay銀行
楽天銀行

チャージは、アプリとPCからも行えます。

Tポイント

ウィンチケットでは、なんとTポイントでもチャージができます。
チャージ200円につきTポイント1ポイント貯まるのですが、貯めたTポイントからウィンチケットにチャージできる仕組みとなっています。
ウィンチケットのマイページから、Tポイント利用手続き状況を選択してTポイント利用手続きをするを押してください。
これで登録を完了させて、チャージ画面からTポイントを選んでチャージすることができます。

チャージしてお得!ウィンチケットキャンペーン

チャージしてお得!ウィンチケットキャンペーン
https://www.winticket.jp/keirin/campaign/

ウィンチケットでは、チャージする際にお得なキャンペーンを適用できる場合があります。
ここでは、おすすめのキャンペーンを紹介します。

新規登録から24時間以内!初回チャージ金額50%上乗せ

これは、新規登録された方が対象となるキャンペーンです。
新規登録完了から24時間以内にチャージすると、チャージ金額の50%を上乗せしてプレゼントしてもらえます。
対象となるチャージは期間中の初回チャージに限定されますが、とてもお得なキャンペーンです。

LINE Payで特典クーポン使うと1回分のチャージが2%OFF

2021年6月のキャンペーンとして、LINE Payでウィンチケットの特典クーポンを取得して、特典クーポンを使用してチャージすると、1回分のチャージが2%オフになるキャンペーンが開催中です。
なんと、割引上限はないので多額のチャージでよりお得感がありますよ。

Tポイント2倍キャンペーン

これは、過去のキャンペーンとなりますがTポイントの利用手続きを完了した状態でチャージすることで、Tポイントを通常の2倍付与するキャンペーンが行われました。
1,000円チャージした場合、通常は5ポイント付与されるのに対して、キャンペーン期間中は10ポイントにアップするのでお得感がありますね。

よりお得にチャージしよう

ウィンチケットは、Tポイントと連動しているのでチャージするだけでもお得感があります。
また、今回紹介したようなキャンペーンを利用することで、よりお得にチャージできるので是非実践してみましょう。