先頭に戻る

静岡競輪場 たちあおい賞争奪戦を大予想!郡司浩平選手が今度こそ勝利を掴む!

UPDATE:2022.02.02
レース記事

たちあおい賞争奪戦(GIII)は、S班の選手が4名登場して、また勢いのある選手が揃っています。

この後の最初のGIである、取手の全日本選抜に向けてトップクラスの選手たちが火花を散らしたバトルを繰り広げることでしょう。

では、今年は一体どの選手が勝利する可能性が高いでしょうか?

この記事では、たちあおい賞争奪戦(GIII)の予想に役立つ情報をお届けします。

たちあおい賞争奪戦(GIII)の詳細

たちあおい賞争奪戦(GIII)
たちあおい賞争奪戦(GIII)のプロモーションビデオは、こちらです。

選手目線の動画となっており、競輪ならではの連携をうまく表現していますね。

また、天候が良く晴れやかな感じも素晴らしいです。

当日も好天候で富士山を拝みながらレースを楽しめることを期待したいですね。

たちあおい賞争奪戦(GIII)の開催期間

2022年2月3日(木)~2月6日(日)

たちあおい賞争奪戦(GIII)の出場選手

たちあおい賞争奪戦(GIII)に出場する選手の一覧です。

取手の全日本選抜に向けて、徐々にギアを上げている選手が揃っています。

級班 地区 選手名 期別
SS 北日本 佐藤 慎太郎 78
SS 関 東 平原 康多 87
SS 南関東 郡司 浩平 99
SS 中 国 清水 裕友 105
S1 北日本 齋藤 登志信 80
S1 北日本 大槻 寛徳 85
S1 北日本 山崎 芳仁 88
S1 関 東 芦澤 大輔 90
S1 関 東 吉澤 純平 101
S1 関 東 天田 裕輝 91
S1 関 東 木暮 安由 92
S1 関 東 小林 泰正 113
S1 関 東 阿部 大樹 (追加) 94
S1 関 東 末木 浩二 109
S1 関 東 諸橋 愛 (追加) 79
S1 南関東 田中 晴基 90
S1 南関東 岩本 俊介 94
S1 南関東 内藤 秀久 89
S1 南関東 松谷 秀幸 (追加) 96
S1 南関東 萩原 孝之 80
S1 南関東 岡村 潤 86
S1 南関東 深谷 知広 96
S1 中 部 笠松 信幸 84
S1 中 部 浅井 康太 90
S1 中 部 伊藤 裕貴 (追加) 100
S1 近 畿 野原 雅也 103
S1 近 畿 村上 義弘 73
S1 近 畿 松岡 健介 87
S1 中 国 才迫 開 (追加) 101
S1 四 国 室井 健一 69
S1 四 国 小倉 竜二 77
S1 四 国 小川 真太郎 107
S1 四 国 山中 貴雄 90
S1 九 州 小川 勇介 90
S1 九 州 荒井 崇博 82
S2 北日本 工藤 政志 84
S2 北日本 磯島 康祐 105
S2 北日本 坂本 紘規 117
S2 北日本 佐藤 博紀 96
S2 北日本 荻原 尚人 89
S2 北日本 保科 千春 100
S2 北日本 櫻井 祐太郎 117
S2 北日本 佐伯 翔 97
S2 北日本 伊東 翔貴 100
S2 北日本 石井 洋輝 115
S2 関 東 吉田 昌司 111
S2 関 東 真崎 新太郎 85
S2 関 東 佐藤 悦夫 86
S2 関 東 矢野 昌彦 91
S2 関 東 磯田 旭 96
S2 関 東 幸田 望夢 (追加) 115
S2 関 東 金子 真也 69
S2 関 東 稲村 好将 81
S2 関 東 蕗澤 鴻太郎 111
S2 関 東 山田 義彦 92
S2 関 東 岡 光良 94
S2 関 東 和田 禎嗣 (追加) 99
S2 関 東 伊藤 慶太郎 107
S2 関 東 内田 英介 91
S2 関 東 鈴木 薫 115
S2 関 東 小林 令 109
S2 南関東 江守 昇 73
S2 南関東 中曽 直彦 74
S2 南関東 武井 大介 (追加) 86
S2 南関東 山本 健也 89
S2 南関東 原田 亮太 115
S2 南関東 法月 成祐 77
S2 南関東 川口 直人 84
S2 南関東 関根 健太郎 100
S2 南関東 渡邉 晴智 73
S2 南関東 二藤 元太 95
S2 南関東 鈴木 陸来 117
S2 南関東 道場 晃規 (追加) 117
S2 中 部 井上 嵩 97
S2 中 部 藤原 誠 (追加) 69
S2 中 部 吉村 和之 80
S2 中 部 竹内 公亮 86
S2 中 部 後藤 彰仁 92
S2 中 部 山田 裕哉 (追加) 98
S2 中 部 萩原 操 51
S2 中 部 松崎 貴久 82
S2 中 部 竹澤 浩司 90
S2 近 畿 小森 貴大 111
S2 近 畿 小谷 実 93
S2 近 畿 大石 崇晴 109
S2 近 畿 堀 僚介 109
S2 近 畿 土生 敦弘 117
S2 近 畿 角 令央奈 98
S2 中 国 山本 直 101
S2 中 国 晝田 宗一郎 115
S2 中 国 郡 英治 (追加) 68
S2 中 国 岡崎 景介 87
S2 中 国 大屋 健司 87
S2 中 国 佐伯 辰哉 109
S2 四 国 小川 丈太 111
S2 四 国 坂田 章 93
S2 四 国 橋本 勝弘 89
S2 四 国 小川 祐司 96
S2 九 州 紫原 政文 (追加) 61
S2 九 州 桑原 亮 91
S2 九 州 西田 大志 98
S2 九 州 林 慶次郎 111
S2 九 州 成松 春樹 93
S2 九 州 安東 宏高 90
S2 九 州 魚屋 周成 99
S2 九 州 中村 圭志 86
S2 九 州 本郷 雄三 99
S2 九 州 伊藤 旭 117

ハイパワーな選手が多く、迫力あるレースが繰り広げられそうです。

たちあおい賞争奪戦(GIII)の賞金

着順 賞金
1着(優勝) 381万円
賞金総額 6,872万9000円

たちあおい賞争奪戦(GIII)は、平均的な賞金金額となっています。

静岡競輪場の住所・電話番号

静岡競輪場は、2020年にKEIRINグランプリが開催されるなど、ビッグレースの開催経験も多い競輪場です。

なお、たちあおい賞争奪戦(GIII)開催日の静岡競輪場への入場においては、多数の来場が予想されるために、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より、最大滞留人数5,000人を超えた場合に入場をお断りされる場合もあるので注意してください。

住所 静岡市駿河区小鹿2-9-1
電話番号 054-283-3200

静岡競輪場への電車&バスでのアクセス

たちあおい賞争奪戦(GIII)
静岡競輪場の最寄り駅は、JR静岡駅です。

静岡競輪場から徒歩20分程度で、静岡競輪場に到着します。

また、静岡駅の南口ロータリールノアール像前から無料バスが運行しており、15分で静岡競輪場で到着します。

静岡競輪場への自動車でのアクセス

たちあおい賞争奪戦(GIII)
静岡競輪場に自動車でアクセスする場合、東名高速道路を使用します。

日本平久能山スマートIC出口から、約3分程度で到着します。

また、国道1号線からは柚木交差点から1.6kmでアクセス可能です。

たちあおい賞争奪戦(GIII)のレース展望

たちあおい賞争奪戦(GIII)
たちあおい賞争奪戦(GIII)レース展望について、静岡競輪場公式サイト(https://www.shizuoka38.jp/69th/)が詳細な内容を公開されています。

レース予想にぜひ役立ててくださいね。

グランプリの興奮冷めやらぬ富士山バンク静岡競輪場で、開設69周年記念たちあおい賞争奪戦が開幕。地元は深谷知広、岡村潤、萩原孝之に、新戦力の鈴木陸来、道場晃規を加えて全国の猛者を迎え撃つ。地元として初参戦の深谷は、豪脚を発揮して怪物伝説の第二章をここからスタートさせたいところ。誰が相手でも自分が前でパワー勝負を基本とするが、若手が勝ち上がって先頭を志願するなら、任せるレースがあるかもしれない。ラインに安定感をもたらす岡村潤は、67周年記念の決勝では渡邉雄太の番手に郡司浩平をハサみ三番手。強固な南関ラインをまとめ上げたが、本開催ではどうまとめるか手腕に注目。S班の郡司浩平は地元勢を立てつつ底力で優勝を狙う。これまで深谷との連係は全て番手戦だが、前で風を斬るレースがあるのかにも注目。他にも今シリーズの南関ラインには有力選手が参戦。千葉からは岩本俊介。トップクラスのスピードとダッシュ力を誇るだけに、一枚岩で結束できるかが鍵。神奈川からは内藤秀久、追加参戦の松谷秀幸。内藤のサポート技術は職人技。加えて近況はキメ脚も鋭い。松谷は自力でも戦えるオールラウンダーだが、地元と連係の時は黒子に徹して戦うだけに貴重な戦力。

追撃する強豪たち
関東の大黒柱平原康多は若手に前を任せるか、タテ・ヨコ自在な戦いで別線を抑え込む。ラインの若手には競走得点以上の力を持つ伊藤慶太郎。立川記念で連係した時は、番手平原が落車のアクシデントに巻き込まれただけに、貢献したい気持ちは強いはず。関東では吉澤純平、諸橋愛、木暮安由もV候補。昨年の吉澤は良くなると落車でリズムを崩していただけに、体調整えばチャンスは十分。追加参戦の諸橋は、不利な展開でも諦めない走りが持ち味。木暮もシャープな差し脚が戻っている今なら、同県の小林泰正や蕗澤鴻太郎らを目標にシビアに前に踏み込めば可能性は感じさせる。

北日本の大将には佐藤慎太郎。目標が不発の展開でも諦めない競走スタイルで常に完全燃焼。数々のタイトル戦をともに戦って来た両雄山崎芳仁、シャープなキメ脚を武器に一躍トップ選手の仲間入りを果たした渡部幸訓の福島トリオは優勝を占う意味では外せない。

中四国の中心には清水裕友。自分のコンディションに応じ調整能力も高く、初日の走りから状態を上げていける選手。ベストの距離とタイミングを選択して先行主体の攻めでV最前線へ。同県の小倉竜二、小川真太郎の徳島コンビがそろい、清水にとっては心強い援軍。ハイレベルの中四国勢が多数勝ち上がれば、全員にチャンスのある戦略を提案できるブレーンの小倉。直線に入れば渾身の差しと輪界ナンバーワンのハンドル投げで貪欲にV勝負。小川真太郎は後輩機動型に前を任せるレースが増えているが、前で戦うならカマシ・捲りのタテ攻撃は迫力十分。

近畿を先導するのは野原雅也。昨年は10月の寬仁親王牌でGⅠ初優参を果たしてステップアップ。スピード生かしたカマシ・捲りを主戦法に、必要な展開ならヨコの動きも駆使できるタイプ。本開催では優勝を狙いつつ近畿の先導役も担う。近畿の精神的支柱には村上義弘。当所50周年記念(2003年)制覇の実績はあるが、常に現状どう戦えば優勝できるかを考え進化中。松岡健介は自力で戦えるタテの脚を持つだけに、注目の若手先行型が勝ち上がれば番手有利に運ぶ。中部は勢力的にはやや小粒だが浅井康太が異彩を放つ。前回67周年記念(2020年)では渡邉雄太ー郡司浩平ー岡村潤の強力な南関作戦を一気に捲りで飲み込み完全V。今回は当記念連覇を目指しての参戦。単騎戦にも強いだけに個の力でも優勝候補に挙がる。

九州では荒井崇博に熱視線。昨年11月の佐世保FⅠ完全Vから急上昇。続く武雄協賛GⅢも地元V。昨年末の当所グランプリシリーズ寺内大吉記念杯を制したのは記憶に新しい。タテのキレが鋭い今なら捲りも出るだけに期待は広がる。近況安定感がある小川勇介も一撃備える。直線コースが空いた時には高配当の立役者に。機動型には力をつけた上田尭弥。九州の先陣役を務めると共に、記念初制覇を目論み好機スパート。

旋風を巻き起こすかヤングパワー
今シリーズには注目の若手機動型も多数参戦。南関からは原田亮太、道場晃規。今期S級初昇級の原田は十分に通用するスピードの持ち主。先期レインボーカップファイナルでS級特進を決めた道場は、ダッシュ力を生かした仕掛けが持ち味。北日本からは石井洋輝、櫻井祐太郎。石井はタイミングを見計らったカマシ・捲り。櫻井は地脚を生かせる持久戦に持ち込みたい。タイプの違う機動型は北日本の貴重な戦力。近畿からは土生敦弘。先期特進後、めきめきと頭角を現しFⅠでは優参クラスの力を証明。今期はGⅢの壁を突破したい。中四国からは晝田宗一郎、小川丈太。共に記念競輪一勝級の力を誇るだけに、さらなる飛躍に期待がかかる。九州からは伊藤旭、林慶次郎。伊藤旭は優れた競走センスを持ち、展開次第では自在な立ち回りもこなせるタイプ。林は積極性が武器で踏み合いを恐れず仕掛ける。能力の高い若手機動型が揃うだけに、上位陣を脅かすシーンも十分にある。

出典:総展望
https://www.shizuoka38.jp/69th/view/

S班選手は強豪揃いですが、地元でも萩原選手などを筆頭に十分迎え撃てるだけの体制が整っています。

たちあおい賞争奪戦(GIII)が行われる静岡競輪場の特徴

たちあおい賞争奪戦(GIII)
静岡競輪場は、平均的な400mバンクで癖が少ないコースとして有名です。

よって、400mバンクの特徴となる差しや捲りが決まりやすいという特徴があります。

一方で、他の400mバンクと比較して逃げでの入線が多い特徴があるため、先行する選手にも注意が必要となります。

400mバンクとしてはきつめのバンクとなっており、スローペースとなりやすい独特のレース展開になり、自力選手にもチャンスが生まれるケースも多いです。

バンクの特徴をまとめると、以下のようになります。

バンク周長 400m
見なし直線距離 56.4m
センター部路面傾斜(カント) 30゜43´22″
ホーム幅員 10.300m
バック幅員 9.300m
センター幅員 7.500m

静岡競輪場は中部山岳の南側にあり、駿河湾の影響を受けるので温和な気候です。

しかし、たとえ温和であっても競輪ではレースを開催する上で雨や風の影響を受けてしまうのは否めません。

ホーム側が向かい風で、バック側が追い風になる傾向が多く、風速は夕方になるほど強くなる傾向があります。

また、建物の間を抜けてくる風は不規則に吹くた傾向があるために、注意が必要です。

たちあおい賞争奪戦(GIII)の予想!郡司浩平選手が今度こそ勝利を収める!

たちあおい賞争奪戦(GIII)は、やはりS班が中心に展開することが見込まれています。

特に注目したい選手として、3名紹介しますので予想時には注目してみましょう。

たちあおい賞争奪戦(GIII)の注目選手3選/郡司浩平(神奈川・31歳)

郡司浩平(神奈川・31歳)

郡司浩平選手は、昨年のグランプリは残念な結果に終わりましたが、綺麗に捲る能力とスピードは輪界一と評判です。

地元の深谷知広選手が前に出てアシストする流れが成り立ちそうですが、ここは維持を見せて優勝を狙ってくることでしょう。

たちあおい賞争奪戦(GIII)の注目選手3選/平原康多(埼玉・39歳)

平原康多(埼玉・39歳)

平原康多選手は、例年グランプリから立川記念、地元の大宮記念がルーティーンとなっています。

ハードスケジュールが終わって、ここで間隔が少し空いたこともあってリフレッシュした状態での出走です。

脇役宣言をしていますが周りが許さず、関東の主役、そして競輪界のスターとしてしっかりと結果を残すことでしょう。

たちあおい賞争奪戦(GIII)の注目選手3選/清水裕友(山口・27歳)

清水裕友(山口・27歳)

清水裕友選手は、立川記念と豊橋記念に出走し、良い頃の感覚に戻りつつあります。

豊橋記念は、番手捲りを原田研太朗選手に差されての準優勝でしたが、恒例のボヤキは見られず、なかりモチベーションが上がっている印象です。

番手に小倉竜二選手がいるというのも心強いですね。


「無料情報も稼げる」ゲキチャリが本当におすすめする競輪予想サイト3選

おすすめ

紹介する3サイトは無料予想・有料予想共に優れており、いわゆる”優良サイト”と言われる3サイトになります!

更にその中でも「ゲキチャリ」が厳選した寄り抜きのサイトとなっています!

  • 競輪ギア
  • 競輪 CLUB 虎の穴
  • 競輪カミヒトエ

競輪ギア

競輪予想サイト 競輪ギア

”短期で稼ぐ”をコンセプトに持つ、競輪ギアは一般の競輪ファン個人のレベルでは不可能な競輪情報を分析・精査した予想で爆速でかせげると評判な予想サイトです。

的中実績も毎日200,000円以上をマークし、サイトの信頼度も強固なものとなっています。

ユーザーから信頼度が圧倒的に高いサイトとなっています!

競輪ギアの3つのおすすめポイント

  • 登録ですぐ使える1万円分のポイントがもらえる!
  • 1万円ものポイントが入会早々、付与されるのは優良サイトの特権ですね。
  • ミッドナイト競輪でも稼げる
  • 日中忙しくて、波に乗れなくても安心!ミッドナイト競輪で稼げます!
  • 毎日20万以上の実績!
  • 正真正銘の実績です!
\下記からアクセス/

競輪 CLUB 虎の穴

競輪 CLUB 虎の穴

虎の穴はとにかく、無料情報の精度が高いサイトとなっています!

競輪 CLUB 虎の穴は「裏情報」や「出来レース」「八百長」という競輪業界でもタブーと言われる情報も仕入れているのでかなり精査された情報があります。

つまり、”どんな情報でも的中に繋げられるのであれば、使う”という思いがあるので、予想サイトとして優秀なサイトになっています。

いわば戦略的予想サイト!

競輪 CLUB 虎の穴のおすすめポイント

  • 反則級の的中率!
  • とにかく、無料情報の精度が高いとされています。
  • 満遍なく的中する!
  • 「ショート」もコロガシの「ロング」も成功するほど満遍なく
  • プランも豊富でニーズにあったプランを選べる
  • 様々な予想プランがあるので、自分にあったプランを選べる。
\下記からアクセス/

競輪カミヒトエ

競輪カミヒトエ

競輪カミヒトエはコンタクト自体難しい「元関係者」や「記者」とのコネクションを持っている競輪予想サイトになります!

他サイトと比較して血縁関係者まで取材と徹底した情報取集に強みがあります。

競輪カミヒトエは3連単の無料情報を提供しています。

競輪カミヒトエのおすすめポイント

  • サポートの対応が神
    手厚いサポートはレースを行う上で重要要素です。
  • 初期投資0円で1万円分のポイントが貰える!
    無料で登録して、有料情報も参加できる。
  • 毎週6レース分の無料情報が貰える
    1レースだけの参加でなく6レースものレース参加可能!
\下記からアクセス/

たちあおい賞争奪戦(GIII)のまとめ

たちあおい賞争奪戦(GIII)は、遠征勢に強力なメンバーが揃いましたが、その中でも地元勢にも奮起を期待したいですね。

■注目選手

  • 郡司浩平(神奈川・31歳)
  • 平原康多(埼玉・39歳)
  • 清水裕友(山口・27歳)

新型コロナウイルスの再流行もあり、イベントが中止となったものもありますが、是非現地で観戦して熱いレースを楽しみましょう。

\競輪予想サイトランキングBEST10/