スタート前の仮面ライダーポーズとアニメオタクで有名な玉村元気選手を紹介!

スタート前の仮面ライダーポーズとアニメオタクで有名な玉村元気選手を紹介!

UPDATE:2020.05.18
競輪選手

玉村元気選手と言えば、スタート前の仮面ライダーポーズや大好きなアニメデザインをいれた特徴的な自転車で多くのファンを楽しませてくれる事で知られています。

玉村元気選手はレース以外の部分でも、競輪ファンから一般の方まで競輪に取り込もうとする熱い姿勢から、応援している人は多いのでは無いでしょうか。

今回は、そんな玉村元気選手の競輪スタイルや私生活までを徹底解説していきます。

玉村元気選手はどんな選手?

競輪 玉村元気

玉村元気選手は2012年7月17日にデビューを果たしました。

その後、A級2班のクラスに所属し、積極性のあるレーススタイルが支持され人気の選手です。

何より最近では、レース前のルーティーンやアニメオタクっぷりが一般メディアにも取り上げられ、TV出演経験もあることから名前が売れています。

また、私生活の面では2018年7月1日に元ガールズケイリン選手の竹井史香さんと入籍し、競輪選手同士の入籍ということで幅広い競輪ファンに愛されている夫婦という一面もあります。

レースでの競争スタイルとしては、もともと先行を得意としていましたが大敗が続いた時期に悩んだ結果、強い脚力を生かし最後の直線でダッシュをかける追い込み型にレーススタイルを変更しました。

そんな玉村元気選手ですが、元選手でもある奥様の竹井史香さんから「追走がなってない」と叱られ、レーススタイルを先行に戻しレースに挑んでいます。

玉村元気選手のプロフィール

競輪 玉村元気

玉村元気選手のプロフィールや初出場、初勝利、初優勝についてのデータを紹介します。

氏名:玉村元気(たまむら げんき)

生年月日:1989年10月17日 (てんびん座)

出身地:香川県

年齢:30歳

期別:101期

級班:A級2班

登録番号:014872

ホームバンク:福井

特異な競輪場:福井

ニックネーム:たまげん

師匠:野村哲也

■初出場、初勝利
2012年07月17日 松坂競輪場 2位,1位,7位

■初優勝
2012年09年05月 和歌山競輪場 1位,1位,1位

中学校の部活は野球、陸上に所属していました。
高校でも陸上を続け、「福井総体 陸上 1500m 優勝」「北信越新人陸上 1500m 2位」「日本学生個人選手権 1500m 3位」と輝かしい成績を残しており、56.0cmと強靭な太ももを持つ玉井元気選手の脚力の強さは学生時代からの努力により培われてきたものでしょう。

玉村元気選手といえば仮面ライダーポーズ

競輪 玉村元気

皆様もご存じの玉村元気選手の発走前ルーティーンである「仮面ライダーポーズ」は有名ですよね。

「仮面ライダーポーズ」として競輪界をはじめ、一般の方からも認知されていますが衝撃の事実がありました。「あのポーズは仮面ライダーポーズでは無い」との噂をキャッチしたので調べてみました。

玉村元気選手「実はこのポーズ仮面ライダーじゃないんです。“這いよれ!ニャル子さん”というアニメで仮面ライダーのマネをする、主人公のマネなんです。僕仮面ライダーそんなに詳しくないですし・・・」

上記の通り、「仮面ライダー」では無く「這いよれ!ニャル子さん」のポーズとのことです。

アニメの真似だとはびっくりですね。

私も含め多くの競輪ファンは仮面ライダーポーズだと思っていたのではないでしょうか?

でも、コアなアニメの真似と知って正直驚きを隠せません。

玉村元気選手はアニメ好き

競輪 玉村元気

上記でご紹介した「這いよれ!ニャル子さん」ですが「なにそれ?」という方も少なくないと思います。

実は私も今回の件を調べるまで全く知らなかったので、玉村元気選手とアニメの関係性について皆さまにご紹介いたします。

玉村元気選手とアニメの出会いは地元の福井県を離れ、茨城県の大学へ進学した後、その時に秋葉原へ遊びに行ったことがきっかけで、アニメの世界へどっぷりと浸かったそうです。

玉村元気選手のアニメ好きは本物で、愛用品のリュックサックからネックウォーマー、タオルに財布、全てアニメが描かれており本物のアニメヲタクだと知られています。

玉村元気の妻、竹井史香さんは元競輪選手

競輪 玉村元気

玉村元気選手の妻、竹井史香さんは元ガールズケイリン選手(106期・1月引退)ということは競輪ファンの皆さまご存じでしたか?

ツイッター上でお二人は「7月1日に重大発表します」と宣言していましたが、1日早い6月30日に「2018年7月1日に入籍します。」と発表したことで知られています。

そんなお二人の馴れ初めは競輪学校で知り合い、同じ趣味のオタクということもあり仲の良い関係を築いていったそうです。

その後、竹井史香さんの成績が急降下したときに心配した玉村元気選手が相談相手になっていたこともあり、その頃から竹井史香さんは玉村元気選手に惹かれていたのがわかります。

玉村元気選手が香川に移籍後、二人の距離はぐっと縮まり、2017年冬頃に「S級になったら結婚してくれ」と玉村元気選手がプロポーズし、「それじゃいつになるかわからんから、A1班になれたらね」と竹井史香さんが返事をし、付き合いがはじまり2018年2月からは同居をスタートしたとのことです。

以下、竹井史香さんの結婚報告後ツイートです。

「私のために福井支部から香川支部に移籍してくれました。まだ、体調が万全ではない私をいろいろな面で支えてくれてます。バイトしながらご飯作って帰りを待っています。洗濯とか洗い物とかたくさん手伝ってくれます。結婚式は来年の春。今からとても楽しみです」

このツイートには婚姻届けと結婚指輪を持った二人の写真が投稿されており、「これからも応援よろしくお願いします」と投稿されていました。

師匠は野原哲也選手

ここまで玉村元気選手の魅力をたっぷり紹介しましたが、師匠の野原哲也さんはどのような選手だったのでしょうか?

師匠である野原哲也さんはどのような成績を残し、現在は何をしているのか?調べてみましたのでチェックしてみてください。

氏名:野原 哲也(のはら てつや)

生年月日:1960年5月3日

出身地:福井県

年齢:59歳

期別:101期

学校卒業:日本競輪学校第51期卒業(現役時は日本競輪選手会福井支部所属)

同期選手:本田晴美、山田英伸、戸邉英雄

高校卒業後、2年間会社員生活を経験した後、競輪選手を志し日本競輪学校に第51期生として入学ました。

在校競走成績は66勝を挙げ第4位となり、卒業記念レースでは優勝しました。

通算成績2463戦375勝と華々しい活躍をし、2012年8月6日小松島競輪場第6レースで8着となり、2012年9月21日に地元福井競輪場で引退セレモニーが行われ競輪界から去りました。

現在は福井競輪中継で解説者をしているとのことなので、放送で観戦する際にはチェックしてみてください。

競輪学校時代の成績

競輪 玉村元気

玉村元気選手の競輪学校時代の成績についてのデータを紹介します。

■受験区分:技能

■競輪学校順位:25位

■1着回数:13回

■2着回数:6回

■3着回数:4回

■着外回数:33回

■200mタイム:0分11秒44

■400mタイム:0分23秒90

■1000mタイム:1分09秒01

■卒業記念レース:2・5・3・(3)

■ダッシュ力:11.40秒

■持続時間:2.05秒

■最高速度:60.9km/h

通算成績

玉村元気選手は600回の出走回数のうち、100回勝利を収めており2019年5勝、2020年6勝と成績を納めています。

過去の通算成績は下記の通りです。

■出走数:600回

■優勝:4回

■1着:105回

■2着:67回

■3着:56回

■着外:367回

■棄権:4回

■失格:1回

■勝率:17.5%

■2連対率:28.6%

■3連対率:38.0%

また、節目として100勝達成した時期は、2020年1月13日に久留米競輪場で達成しています。

玉村元気選手の最近の成績

玉村元気選手の直近4ヶ月の成績を紹介しますので、下記のデータを参照してください。

このデータは2020/05/01に更新された情報を表示しております。

■1着:4回

■2着:2回

■3着:2回

■着外:15回

■棄権:0回

■失格:0回

■総出走回数:23回

■勝率:17.3%

■2連対率:26.0%

■3連対率:34.7%

■ホーム回数:5回

■バック回数:5回

■競争得点:83.65

勝率17.3%で、まずまずの調子なのが伺えるので、玉村選手を絡めた車券を購入する時には、万車券に繋がる可能性もあります。

まだ出走回数も23回しか走っていませんので、今年の年末までの成績が楽しみでしょう。

来月開催予定だったG1日本選手権 静岡ダービーは中止に

競輪 玉村元気

2020年5月5日から6日間の日程で行う予定だったG1日本選手権(静岡ダービー)ですが、静岡市は4月24日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止を発表いたしました。

玉村元気選手は以前、静岡ダービーが開催するのか中止になるのか危ぶまれている状況の中、以下のように開催を確信していました。

「来月の静岡ダービー(日本選手権)に出場予定の香川(雄介)さんは中止を予想していましたけれど、僕はダービーをやるからこそ今回はやると思っていました」

開催されるか中止になるか、多くの選手は不安な気持ちを抱えて調整している。そんな状況でも「どちらでもいいように、コンスタントに毎日コツコツと練習することを心掛けています」と、マイペースを貫く。

玉村元気選手はもちろん競輪ファンの多くも静岡ダービーの開催を待ち望んでいましたが、残念ながら今年は中止が決まりました。

2021年の静岡ダービーは選手とファンが一丸となって盛り上げていけるように今は辛抱の時ですね。

まとめ

今回はファンサービス精神旺盛な玉村元気選手について紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

プロスポーツ選手として、応援してくれているファンを楽しませるサービス精神はさすがで、競輪界を盛り上げるという意気込みが伝わってきます。

もちろん競輪選手として成績も残していることで、たくさんのファンから好かれている理由がわかっていただけたかと思います。

玉村元気選手の様に、私生活での意外な一面を見せてくれる選手は不思議と親近感も沸き、今まで以上に応援したくなりますよね。

これからの競輪人気を今まで以上に伸ばすためには、玉村元気選手のような競輪選手がメディアで注目を浴び、一般の方にも愛されることが効果的だと思います。

玉村元気選手は、まだまだ若いのでS級に上り詰めて活躍してくれることを今後に期待しましょう。