競輪予想で絶対に把握しなくてはいけない3つの要素や予想の仕方を紹介

競輪予想で絶対に把握しなくてはいけない3つの要素や予想の仕方を紹介

UPDATE:2019.09.11
競輪コラム競輪予想ノウハウ

「競輪で勝って儲けたい!」「毎月安定したプラスにしたい!」

こんな風に思っている方は少なくないと思います。

競輪で当てられれば、お金を何倍・何十倍に一瞬でできるので、勝ちたいという気持ちは誰しもありますよね。

副収入として確立できれば、今よりもっと豊かで安定した暮らしが待っているのは間違いありません。

ただ競輪はギャンブルだし簡単には当たらないのが競輪ですね。

しかし、今回はしっかりした競輪予想の仕方を紹介していきます。

競輪の予想をする3つの心得が大事

競輪 予想 仕方 心得

そもそも競輪で勝てるのか?と思っている方も多いと思います。

根本的に競輪で勝つ為には、予想の仕方が完璧でないといけません。

例えば、サッカー選手が、ドリブルの仕方やパスの出し方を知らないといくらやっても選手としてレベルが上がらないですよね。

競輪も同様に、予想の仕方を理解しなくては、適当な予想になってしまいます。

競輪で生活しているプロの答えは、以下3つです。

①選手のライン

②競走得点と階級

③競輪場の特徴

このシンプルな3つのポイントが重要なんです。

今日から実践できるほど簡単ですし、予想の根幹に関わるポイントなので、どんなレースにも応用することができます。

さっそくそれぞれの詳細をご紹介していきます!

選手のライン状況さえ分かれば的中率大幅アップ!

競輪では『ライン』と呼ばれるチームのようなものを組んで、レース途中まで戦います。

「競輪はチーム戦なの?」と思われたかもしれませんが、競輪は時速60kmほどでコースを走っているので、尋常ではない空気抵抗を受ける競技です。

1人だけで走るよりも、複数で隊列を組むことで空気抵抗を減らしているんですね。

またラインがチームのようなものといっても、最終的には誰もが自分の勝利のために走ります。

風よけが欲しい、他選手の追走をブロックして欲しいなど、それぞれ利害が一致しているので、ラインができあがるんですよ。

さて、そんなラインですが、基本的に3人づつ3つのラインに分かれます。

ラインを組んだ3人は縦一列に並んで走り、この順番にも大きな意味があります。

上記で説明したラインには特徴とパターンが多くあります。

順番にラインの特徴を説明します。

①ラインの先頭を走る選手(自力)

競輪 予想 仕方 ラインの先頭

先人を切って自転車を漕ぎ、ラインを引っ張る役目のある自力選手。
前に誰もいない状態なので、風圧を直に受けます。

そのため圧倒的なスタミナ・爆発的なダッシュ力が求められるポジションです。

ラインを引っ張る存在だけあって、実力ある選手が付くことが多いです。
先頭を走っているだけあり、車券に絡みやすいのも特徴ですね。

自力選手の決まり手は「逃げ」「まくり」が主流です。

②ラインの2番目を走る選手(番手)

競輪 予想 仕方 2番手

自力の後ろにつく選手を番手と呼びます。
前の選手が風よけになるので、体力を温存しながらゴールを目指せるポジションですね。

自力選手に付いていくだけでなく、番手選手には外から追い越そうとしてくる敵ラインを止める役割があります。
敵ラインの自力選手の進路を塞いだり、体当たり(ブロック)したり、様々な技を駆使して自分たちのラインを優位に運ぶんですよ。

激しいぶつかり合いが繰り広げられるので、競輪が格闘技と呼ばれる所以も、この番手選手の競り合いからでしょう。

一瞬で最高速に達するスプリンターが多い立ち位置ですね。

番手選手の決まり手は「差し」「まくり」「マーク」が主流です。

③ラインの3番目を走る選手(3番手)

競輪 予想 仕方 3番手

番手選手が外の守るので、3番手選手の役割は外を守ること。

敵ラインに内側へ入られると、相手より外側で長い距離を走らされることになりますし、ラインがバラバラになってしまうことも。

内側を守る動きはちょっと地味かもしれませんが、3番手選手がいるかいないかでライン作戦が変わるほど重要なポジションです。

勝つためには後方から抜かさないといけないので、番手選手同様に加速力や、いかに前を抜くかという追い込み力が問われます。
3番手選手の決まり手は「まくり」「マーク」が主流です。

ラインは基本的に同じ県・地区で組むことが多いです。

■北日本ライン:北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島
■関東ライン:東京・埼玉・群馬・栃木・茨城・山梨・長野・新潟
■南関東ライン:神奈川・千葉・静岡
■中部ライン:愛知・岐阜・三重・富山・石川
■近畿ライン:京都・大阪・兵庫・奈良・滋賀・和歌・福井
■中国ライン:広島・山口・岡山・島根・鳥取
■四国ライン:愛媛・香川・徳島・高知
■九州ライン:福岡・熊本・長崎・佐賀・大分・鹿児島・宮崎・沖縄

地理の授業などで習ってきた区分けとは異なっているのが、競輪ならではと言えるかもしれませんね。

また他県・地区の選手とラインを組む場合や、誰ともラインを組まないで戦う選手(単騎)もいます。

どんなラインになるかは、新聞やインターネットで確認できますが、レース前の脚見せ(選手紹介)で「○○さんに付く」「自力でいく」といったレース本番の戦い方が分かるシーンがあるので、注目しておくのが良いでしょう。

競輪は上下関係がしっかりした世界です。

これはラインでも同じで、もし若手が自力で番手が大御所だったら、いつも以上に若手は気合が入るでしょうし、大御所が勝てるようにレースを組み立てるかもしれません。

ですが、最終4コーナーを走ったら、どんな選手でも自らの勝利のために走りますよね。

自力と番手でワンツーフィニッシュも少なくないので、ラインには注目しましょう。

競輪のラインから予想するポイント

競輪 予想 仕方 ポイント

ラインの仕組みや役割は上でご説明した通りです。

競輪ではラインを引っ張る自力選手を中心に考えると、的中率がグッとアップしますよ。

①自力選手はどんなタイプ・実力なのか
②逃げ切って勝つ確率はどのくらいか
③番手・3番手選手との相性は良いのか

などなど、自力選手から車券作戦を組み立てると非常に良いと思います。

ぜひ活用してみてくださいね。

【競走得点と階級】選手の実力が数値化されたデータを駆使して軸決め!

競輪 予想 仕方 競走得点

競輪選手にはひとりひとり、毎レースごとに競走得点が与えられます。

レースの種類や着順によって変わりますが、1着に近いほど点数が高くなり、9着に近いほど得点が低くなると思っていただいて良いでしょう。

どのくらい競走得点を稼いでいるのかは、選手の実力を知るための1つの指標です。

基本的には出走表に必ず「平均競走得点」として開示されているので、注目しましょう。

また9人で走るとき、最も競走得点の低い選手が6番車・次点が8番車・その次が4番車に入ることがほとんどです。

この3人を総称して競輪では「ヨーロッパ(4・6・8)」と呼んでいるんですよ。

競走得点以外にも選手の実力を表す指標に階級があります。

階級は上から『S級S班』『S級1班』『S級2班』『A級1班』『A級2班』『A級3班』の6つに分かれていて、目に見えない力を知るためのデータになっているんです。

例えば競走得点120のS級S班選手が前のラインの番手にいます。。

競走得点100のA級1班選手が2番目のラインの番手です。

このようなレースなら、まず競走得点120のA級選手が勝つと考えていいほど、実力差がハッキリ分かれます。

ただこういった差をカバーするのがラインです。

各選手の思惑が複雑に絡み合うレースには、予想外のことが起きることもしばしばです。

ライン全体で見たとき、各選手と比較して競走得点が高い選手を評価できると良いです。

また競走得点の高い選手が、自力・番手・3番手のどこに位置するのかも、しっかり確認しましょう!

競輪の競走得点・階級から予想するポイント

競走得点や階級は上でご説明した通りです。

競輪は自らの力で自電車を漕ぐので、実力差が顕著にでる競技でもあります。

予想に役立てるコツは、以下のコツを掴みましょう。

■競走得点が10点以上離れていたら、自力で勝つことは極めて困難
■競走得点・階級の高い選手は、自力で逃げるのか・番手で差してくるのか、攻め方を知る
■上位級選手が負けるとしたら、ラインの総合力と展開のみ
■上位選手の勝率・2連対率・3連対率から分析する

などなど、競走得点の階級の高い選手の動きと周りの関係をしっかり捉えることが重要です。

ぜひ車券を狙う際に意識してみてくださいね。

【競輪場の特徴】場所によって勝ちやすいタイプの選手が決まっている!

競輪 予想 仕方 競輪場の特徴

競輪場は全国に43箇所(閉鎖中・改修中含む)あり、それぞれ作りが違います。

バンク(コース)が長く持久力のある選手が活躍しやすかったり、傾斜が浅く逃げ有利だったりします。

どんなに強い選手でも会場特性に合っていなければ、苦戦を強いられたり負けることも少なくありません。

逆に実力は低くても会場特性とピッタリ合致していて、万車券を演出したというレースも必ず起きているので、競輪場の特徴は把握しておきたいところです。

競輪場の特徴から予想するポイント

競輪場の特徴は上でご説明した通りです。

実力あるS級選手でも脚質が逃げだったら、宇都宮競輪場では厳しいレースになることでしょう。

かわりに期待のホープの脚質が差しで、宇都宮競輪場を走っていたら、一気に期待は膨らみます!

■競走得点・階級の高い選手は、自力で逃げるのか・番手で差してくるのか、攻め方を知る
■上位級選手が負けるとしたら、ラインの総合力と展開のみ
■上位選手の勝率・2連対率・3連対率から分析する

上記のような競走得点の階級の高い選手の動きと、周りの関係をしっかり捉えることが重要です。

まとめ

競輪 予想 仕方 まとめ

ここまで競輪予想のコツをご紹介してきました。

100%当たるとは限りませんが、上記の競輪予想の仕方を把握すれば、今の何倍・何十倍もの的中数や獲得金額を掴むことができるでしょう。

世の中には、競輪だけで生活している人はいます。

一般的なサラリーマンの年収を、わずか数日で稼いでしまう人もいます。

彼らに共通しているのは、競輪予想のコツをしっかち自分のものにしているのは大前提です。

そのうえで誰よりも早く、正確に、質の高い情報を集めつつ、統計と前例を分析して大金を掴んでいます。

是非、競輪の予想の仕方をマスターして競輪で的中率を上げましょう。