和歌山競輪場は見なし直線59.9m!和歌山競輪の予想するこコツを徹底解析!

和歌山競輪場は見なし直線59.9m!和歌山競輪の予想するこコツを徹底解析!

UPDATE:2020.09.09
競輪コラム競輪場

全国各地、さまざまな場所にある競輪場。そのなかの和歌山競輪場にはどのような特徴があるのかご存じでしょうか?

各競輪場は、ひとつとして同じ作りのバンクがなく、和歌山競輪場も例外ではありません。そして、和歌山競輪場の特徴をしっかりと理解することで、競輪予想の的中率アップにもつながることでしょう。

そこで、今回は和歌山競輪場の特徴やバンクデータ、予想のコツを紹介します。また、施設などの紹介もあわせしているので、ぜひご覧になってみてください。

和歌山競輪場の特徴・バンクデータ

競輪 和歌山 予想 コツ 特徴
まずは、和歌山競輪場の基本的な特徴やバンクデータを把握しておきましょう。これらの情報が和歌山競輪場の予想に役立つこと間違いありません。

和歌山競輪場で予想をしているけれど「当たらない」と悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

和歌山競輪場のバンクの特徴

和歌山競輪場は「クセがない」とも言われている、競輪場のなかで最も数の多い400mバンクの競輪場です。しかし、400mバンクにしては見なし直線距離が59.9mもあり、長めな特徴を持っています。

そのため、直線で追い込み選手が「差し」を決めるレース展開も多く見られるでしょう。

また、和歌山競輪場のバンクは「マッコ-ネル曲線」が採用されており、実際に走行する選手からは「走りやすい」とも高評価を受けているのです。

また、和歌山競輪場は位置する場所が関係して、風の影響を受けやすいのも特徴でしょう。実は和歌山競輪場のうら側には、川が流れ、さらに河口も近いことが関係して強めの海風が吹き込むことが多くあります。

そして、和歌山競輪場のバンクデータは以下のとおりです。

  • 見なし直線距離:59.9m
  • センター部路面傾斜:32°15′7″
  • 直線部路面傾斜:2°51′45″
  • ホーム幅員:11.4m
  • バック幅員:9.3m
  • センター幅員:7.7m

和歌山競輪場の決まり手

続いて、和歌山競輪場で決まりやすい決まり手についてみていきましょう。1着・2着それぞれのデータは以下の通りです。

■1着決まり手

  • 逃げ20%
  • 捲り36%
  • 差し44%

■2着決まり手

  • 逃げ15%
  • 捲り19%
  • 差し28%
  • マーク38%

1着の決まり手を見ると「差し」の勝率が44%、約半数を占めているので非常に勝ちやすいことが分かります。これは、やはり400mバンクながらも長い直線距離の特徴があってからこそのデータといえるでしょう。

和歌山競輪場の地元選手

競輪 和歌山 予想 コツ 地元選手
和歌山競輪場の地元所属の選手は誰がいるのでしょうか?今盛り上がりを見せているガールズケイリンでは、「山本知佳選手」が有名かもしれませんが、ほかにも活躍している選手が多くいます。

また、和歌山競輪場の特徴を知り尽くした選手を知っておけば、競輪予想の軸選びにも活用できるため、以下に代表的な選手を紹介します。

  • 石塚 輪太郎選手
  • 稲毛 健太選手
  • 椎木尾 拓哉選手
  • 東口 善朋選手
  • 南 潤選手
  • 山本 知佳選手
  • 布居 光選手

どの選手も活躍している選手ばかりなので、和歌山競輪場のレースに出走している際は、積極的に狙っていきましょう。

和歌山競輪場の予想のコツ

競輪 和歌山 予想 コツ
ここまでで、和歌山競輪場の特徴や地元選手について紹介しましたが、これらの情報をしっかりとおさえることこそが予想の精度を高めることにつながります。

では、具体的に和歌山競輪場での予想はどのようにすればよいのでしょうか。

以下で和歌山競輪場での予想のコツをご紹介していきます。

和歌山競輪場のバンクから見る予想のコツ

競輪 和歌山 予想 コツ バンク
和歌山競輪場は400mバンクながらも59.9mもの長めの直線距離があるため、それを予想のファクターとして取り入れるのが大切です。

基本的に400mバンクは競輪場のなかでも最も多く、「クセがない」ということも有名な話でしょう。そのため、「先行」「追い込み」などのどの脚質でも勝つ可能性があると思われているかもしれません。

どの脚質でも活躍しやすいのは確かですが、実際データとしても「差し」の脚質が有利な傾向が現れています。これは、400mバンクながらも長い直線距離を保有する特徴があるからこそ、このような結果になっています。

そのため、軸にする選手を悩んだのであれば「差し」の選手を軸にして車券を組んでいくとよいでしょう。

地元所属選手を狙う

もうひとつのコツとしては、和歌山競輪場の地元選手を狙っていくのも効果的です。

特徴が少ない競輪場とはいえども、実際は些細な特徴があり、その特徴をしっかりと理解している選手ほど有利なレース展開を生むと考えられます。

そのため、普段からホームバンクとして和歌山競輪場を使用している選手は誰よりも和歌山競輪場の特徴を熟知していると考えられるため、積極的に狙うのがおすすめです。

基礎となるファクターも大切

競輪 和歌山 予想 コツ 少額
和歌山競輪場での予想は、特徴が少ないからこそ「ライン」「競走得点」「階級」など、競輪予想の基礎となるファクターが非常に重要となってきます。

特に、選手の実力を判断できる「競走得点」や「階級」のチェックは外せません。

特徴がなく、走りやすい競輪場ということは、つまり選手の実力そのものがレース結果を大きく左右させます。そのため、競走得点を見比べて秀でている選手を軸にするなど、基礎的な予想方法がなによりも大切となってくるでしょう。

和歌山競輪場はどんな競輪場なのか?

ここまでで、予想に関する情報を紹介しましたが、こちらでは和歌山競輪場の施設や歴史を紹介していきます。

ぜひ、和歌山競輪場を訪れる前に魅力を覚えてから訪れてください。

和歌山競輪場の概要や歴史

競輪 和歌山 予想 コツ 歴史
和歌山競輪場は和歌山県に位置しており、1949年に作られた歴史ある競輪場です。

もともと競輪場のバンクは「クロソイド曲線」というものが採用されていましたが、全国各地の競輪場は改修が行なわれて「マッコーネル曲線」へと変更されました。そして、その「クロソイド曲線」最後の競輪場としても知られていたのです。

そんな、和歌山競輪場は1月に開催される記念競輪「和歌山グランプリ」も非常に有名です。競輪ファンからは「WGP」という略称も付けられるほど楽しみにされているレースのひとつです。

また、和歌山競輪場にはファンクラブが存在しており、加入した特典で競輪予想のセミナーや競輪場のうら側を見られるサービスが行なわれています。

和歌山競輪場の入場料

和歌山競輪場は開催時であれば50円で入場することができます。

また、メインスタンド側にある特別観覧席は500円で入場でき、ほかの競輪場の特別観覧席と比べても安いのが特徴的です。

和歌山競輪場で快適にレース観戦をしたいのであれば、特別観覧席の利用がおすすめです。

和歌山競輪場の施設

続いて、和歌山競輪場にはどのような施設があるのかご紹介します。どのような施設があるのかを把握してから和歌山競輪場を訪れれば、さらに競輪観戦を快適に楽しむことができるうでしょう。

和歌山競輪場の一番魅力的な施設は、2016年に新設されたばかりの新しい投票所でしょう。この投票所は和歌山県が育て上げた木材「紀州材」を使用して作られた建物でおもむきがあります。

もちろん、新しくできたばかりの建物なのでキレイなことは当たり前ですが、なんと100インチある大型のモニターが4台も設置されているため、室内でも臨場感あふれるレースが楽しめます。

また、メインスタンドの2階には「わかちゃんスタジオ」が設置されており、CSの競輪情報を発信しているので、予想する際に情報を確認するのもおもしろいかもしれません。

和歌山競輪場のマスコット

競輪 和歌山 予想 コツ わかちゃん
和歌山競輪場には、みかんをモチーフにした「わかちゃん」というマスコットキャラクターがいます。

ほかの競輪場のマスコットキャラクターと比べてしまうと、シンプルすぎる印象も受けてしまいますが、イベント開催時には和歌山競輪場を盛り上げることに貢献しています。

また、和歌山競輪場には「わかちゃん」の名前を使った「わかちゃんファンクラブ」があり、バックヤードツアー・バンク内でのレース観戦など貴重な体験もできます。

和歌山競輪場のアクセス

和歌山競輪場は和歌山県の市内に位置しており、「和歌山市駅」から徒歩8分で到着します。駅から近いこともあってシャトルバスなどは運行していないので、注意してください。

また、車でお越しの場合は阪和自動車道「和歌山北IC」から15分ほどで到着します。

まとめ

競輪 和歌山 予想 コツ
以上、当記事では和歌山競輪場の特徴やバンクデータ、予想のコツ、施設についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

和歌山競輪場は平均的な400mバンクで特徴が少ない競輪場ですが、小さな特徴でもしっかりと理解して予想のファクターに取り入れるのが的中率アップへの鍵となります。

勝率の高い決まり手なども実際にデータとして現れているので、和歌山競輪場で予想する際には、そのデータを思い出して予想に挑んてみてください。