3番目に長い直線を持ついわき平競輪場の予想のコツを徹底解説!

3番目に長い直線を持ついわき平競輪場の予想のコツを徹底解説!

UPDATE:2020.09.07
競輪コラム競輪場

いわき平競輪場で車券予想をしているのに「全然当たらない」と困っていませんか?

もしかしたら、いわき平競輪場の特徴を知らずに予想をしているのかもしれません。

そこで、いわき平競輪場の予想に使える特徴やコツをご紹介していきます。

是非この記事の予想のコツを使い、車券購入に役立ててください。

いわき平競輪場の特徴・バンクデータ

いわき平競輪場で的中率を上げていくために、競輪場そのものの特徴を把握しなければなりません。

そこて、いわき平競輪場のバンクの特徴、決まりやすい決まり手、地元選手の紹介なとを紹介していきます。

これらのデータは、いわき平競輪場で車券予想の的中率をアップするために必要なコツの基本的な情報なので、必ず頭にいれるようにしましょう。

いわき平競輪場のバンクの特徴

競輪 いわき平 予想 コツ 特徴

いわき平競輪場は競輪場の中でも3番目に長い直線を持つ400メートルのバンクを利用した競輪場です。

2015年には、改修工事が行われ地面がデコボコする症状がなくなり、軽くなったと評判になっています。

改修工事の影響で、ややカントがきつくなったせいか捲りが決まりやすく逃げ選手には厳しくなった反面、最後の直線まで仕掛けを粘ると逃げきれることもあります。

バンクが軽くなったことで、捲りが決まるのは中団からの選手が多く、6番手付近にいる選手が本命選手でも上位入賞出来ないくらいのスピードで走るレース展開が多く見られます。

ゴール前では大外から本気で追い込む選手にはとても有利な競輪場です。

また、バンク全周外側全てがポリカーボネートという透明板と建物にふさがれたと特徴があります。

内側も観客席があるため特殊パネルでふさがれており、バンク内に入り込んだ風の逃げ道がないため、選手が受ける風の影響が他の場所にある競輪場に比べて大きい点に注意が必要です。

そのため冬場になると、強い風が不規則に吹くことが原因で先行を得意とする選手が苦しめられる傾向があります。

逆に春になってくると、冬場の不規則な風が収まり、有利不利がなくらクセのない走りやすいバンクとなります。

下記にバンクデータを記載しますので、ご確認ください。

見なし直線距離 62.7m
センター部路面傾斜 32゜54´45″
直線部路面傾斜 3゜26´1″
ホーム幅員 10.0m
バック幅員 10.0m
センター幅員 7.3m

いわき平競輪場の決まり手

競輪 いわき平 予想 コツ 決まり手

次にいわき平競輪場での決まり手を見ていきましょう。

まずは、1着と2着の決まり手のデータを確認します。

1着決まり手:逃げ16%、捲り35%、差し49%
2着決まり手:逃げ15%、捲り19%、差し32%、マーク34%

データを見ると、「捲り」と「差し」の割合が若干高くなっている印象にあります。

決まり手としては、いわき平競輪場の特徴の直線の長さと、ややきつめのカントの為逃げには不利な事が見て取れます。

そして、ややきつめのカントの影響によって、「捲り」が決まりやすく、、まくり選手がギリギリまで仕掛けを渋ると逃げきれることもあるでしょう。

なお、まくりが決まる場合は中団からの仕掛けで、7番手あたりに置かれると強い選手でも先頭に抜け出すのは非常に厳しいです。

また、2着には先行ライン・後手ラインに関わらずマーク選手が入ってくることが多い傾向にあります。

いわき平競輪場での開催レース

競輪 いわき平 予想 コツ 開催レース

この競輪場で開催される重賞レースですが、記念競輪(GIII)として「いわき金杯争奪戦」が開催されます。

昔は「いわき金杯争奪戦」の開催は12月でしたが、他のレースなどの調整が影響で、最近は3月に開催されるようになっています。

また、現役中はS級選手として最強とも言われていた阿部道選手をたたえ「阿部道杯」が開催されるのが特徴的です。

いわき平競輪場の地元選手

競輪 いわき平 予想 コツ 地元選手

いわき平競輪場の地元所属選手にはどの様な競輪選手がいるのでしょうか。

代表的な選手をご紹介します。

■S級1班の主な地元選手
岡部 芳幸選手
伏見 俊昭選手
佐藤 慎太郎選手
佐々木 雄一選手
成田 和也選手

■ガールズケイリンの主な地元選手
明珍 裕子選手
藤巻 絵里佳選手

などがいわき平競輪場に所属する地元競輪選手たちです。

競輪予想で選手選びに悩んだ時には地元に慣れ親しんだ選手を予想に取り入れるのも、競輪予想の一つのコツかもしれませんね。

いわき平競輪場の予想のコツ

競輪 いわき平 予想 コツ

上記では、いわき平競輪場の特徴をお話ししました。

特徴を把握するだけでも、いわき競輪場で車券予想をする際のコツとして非常に役立つでしょう。

それでは、いわき競輪場ではどの様な予想を考えるのが理想的なのか予想のコツをご紹介していきます。

データから読み取れる予想のコツ

いわき平競輪場の直線は62メートルと非常に長くなっています。

また、ゴール線が1コーナと寄りとなっているので、脚質が先行の選手にはかなり不利な状況です。

特に、S級戦ではカマシ先行が決まる印象はほとんどありません。

しかし、まくりラインの2番手選手が1着になることや先行ライン3番手の選手が1着にとどくことがあります。

やはり、いわき平競輪場では逃げが非常に不利なので、逃げの2番手でさえも不利なくらい粘りこみ、流れ込めないバンクです。

捲りが非常に有利なレース展開になる事が非常に多いので、「捲り」の脚質を持つ競輪選手を軸にするのがセオリーかもしれません。

400mバンクはクセがない

いわき平競輪場は400メートルのバンクと冒頭でお話ししましたが、実はこの400メートルのバンクは競輪場の中でも一番多いバンク距離で、クセがなく走りやすいのが特徴です。

そのため、「捲り」が有利と言っても、逃げ脚・追い脚など、どんなタイプの選手でも力を発揮していく事ができます。

なので、あまり特徴のに400メートルバンクのいわき平競輪場では、競輪場の特徴を掴むのは勿論ですが、競走得点などから競輪選手の実力をきちんと把握したり、ラインの組み合わせによるレース展開をしっかりと考える事が予想のコツと言えるでしょう。

いわき平競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介

上記では、いわき平競輪場の予想のコツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

今後競輪予想に使えそうなコツは見つかりましたか?

こちらでは、そんないわき平競輪場の歴史や施設、マスコットキャラクターについてご紹介します。

いわき平競輪場の概要&歴史

競輪 いわき平 予想 コツ 歴史

いわき平競輪場は、1951年(昭和26年)2月5日に開設された当初は「平競輪場」という名前でしたが、1991年4月から現在の名称でもある「いわき平競輪場」に変更となりました。

当方口峰にある競輪場ですが、冬場の降雪の影響が少ない浜通りの最南端に位置するいわき市は東北地方の中でも気温が高いため、通年レースが開催されています。

いわき平競輪場では、1978年には日本選手権競輪が行われました。

また、1980年・1983年・1986年・1994年・2010年・2017年・2018年にはオールスター競輪が開催、1997年・2006年には全日本選抜競輪が開催、2003年には東王座戦が、2013年はサマーナイトフェスティバルといったビッグレースが開催されました。

また、7年ぶりに2020年7月10日から12日まで、サマーナイトフェスティバルが開催予定です。

いわき平競輪場の入場料

いわき平競輪場の特徴として、入場料は無料になっているため、誰でも競輪場へ入ることが可能です。

また、特別観覧席も92席と多く、2,000円で利用することができます。

その1つ上のランクであるロイヤルルームでは、1室10,000円で5名まで利用できる部屋もありますので、一日中レースを楽しむ方にはおすすめです。

いわき平競輪場の施設

競輪 いわき平 予想 コツ施設

いわき平競輪場にはどのような施設が用意されているのか、下記に細かく解説します。

【メインスタンド】
いわき平競輪場の1階は広いエントランスになっています。

そこには、インフォメーション、荷物保管場所、指定席券売場、ファストフードコートなどの施設があります。

また、3階以上は観覧席となっており、各階に無料ドリンクや喫煙所が完備されています。

ちなみに、一般観覧席エリアは3階には席数が708席あり、4階には432席あるので客席数も多く、広々使えるようになっているのが特徴です。

全面ガラス張りのフロアからは、レースがはっきりと見え、迫力のあるレースを楽しむ事ができます。

4階にはレストランも併設されているため、お腹が空いても安心ですね。

5階には特別観覧席があり、それぞれの席にモニターが備わっている指定席で、ゆっくりと友達同士で競輪を楽しむことができます。

さらに6階には最大6名まで利用できるロイヤルルームという高級な観覧席があります。

なんとマッサージチェアが付いているので、優雅に競輪を楽しむことができるでしょう。

【バックスタンド】
バックスタンドには、地域の方が集まれる集会場所やスクールなどで使える部屋や、市民の活動に利用できる限定施設や、喫煙所、公共期間の乗り場があります。

いわき平競輪場のマスコットキャラクター

競輪 いわき平 予想 コツ マスコット
近年では競輪場もお客さんを集めるために必死でマスコットキャラクターを用意していたりします。

いわき平競輪のマスコットキャラクターは、「リュウ君」というマスコットキャラクターです。

このキャラクターの由来は、いわき平で見つかっている「フタバスズキリュウ」をテーマに誕生したようです。

いわき平競輪場のアクセス

いわき平競輪場の予想のコツや施設について知ったのであれば、是非一度訪れてみましょう。

いわき平競輪場に訪れるには、「電車」「車」「無料バス」を利用して訪れる方法があります。

下記にいわき平競輪場へのアクセス方法を簡単に紹介します。

電車でいわき平競輪場へ行く方は、JR常磐線「いわき駅」より徒歩15分程度で到着することができます。

車でいわき平競輪場へ行く場合は、常磐道高速のいわき中央インターチェンジで降りた後、交差点右折国道49号バイパスを走って、市街まで向かいます。

詳しくは競輪場の住所をナビに入れてみて下さい。

最後に無料バスを利用する方はJR常磐線の「いわき駅」から乗車することができます。駅前に専用バス乗り場から無料送迎バスが出ていますので、ぜひ活用下さい。

いわき平競輪場の場合、日中開催時とナイター開催時で時間が異なるので事前に確認してから訪れましょう。

まとめ

競輪 いわき平 予想 コツ

いわき平競輪場での予想のコツや特徴、施設についてをご紹介しました。

いわき平競輪場は400メートルのバンクと最も多いバンク距離の競輪場です。

データを見ていくと、「先行」の選手が不利で「捲り」の選手が有利という事が分かっていただけでしょうか。

しかし、データ上では有利不利が見れたとしても、それだけで予想を考えるのではなく、競輪予想の基礎的なコツも踏まえ、車券を購入していくのが的中率アップに繋がっていくのではないでしょうか。

是非この記事の予想のコツを参考に、競輪予想に役立てていってください。