競輪の特選とは特別選抜競走!競輪はトーナメント制で上位の選手が進出する

競輪の特選とは特別選抜競走!競輪はトーナメント制で上位の選手が進出する

UPDATE:2019.09.11
競輪コラム競輪マメ知識

皆さんは、競輪の特選(特別選抜競走)というレースを知っていますか?

競輪とは、トーナメント制を取り入れています。

今回はその説明と過去の結果で算出された統計から紹介します。

そもそも特選とは何?

競輪 特選とは

特別選抜競走の略の事になっています。

平均競走得点上位者によって行われるレースのことです。

全員が準決勝や二次予選といった上位格の番組に進出することができます。

競輪は勝ち上がってくトーナメント制

競輪 特選とは トーナメント

競輪は、トーナメント制を導入していますので、特選に出れる為には予選を勝ち抜く必要があります。

まず、競輪のトーナメントの仕組みを理解しましょう。

初日にはS級、A級それぞれ「予選」「初特選」の2種類、計12レースが組まれます。

S級、A級ともに「初特選」1レース→9名全員準決勝へ進出できます。

S級、A級ともに「予選」5レース→1~3位の15名と4位の中から3名が準決勝へ進出します。

2日目は「準決勝」3レース→1~3位の9名が決勝へ進出します。

2日目の「準決勝」では上位3名が3日目の決勝に進出できます。優勝するためにはここで3位以内に入らなければなりません。

このトーナメントの内容は、F2、F1、G3といったグレードによって異なります。

競輪はこのようなシビアなトーナメント制によって開催されているのです。

初日のレースの振り分けは、選手の持っている「平均競走得点」を参考にして決定します。

「平均競走得点」とは競走毎に与えられる競走得点の合計を出走回数で割った数値でいわゆる選手の偏差値です。

この得点が上位だと初日の「特選」にシードされる為、 準決勝・決勝戦への勝ち上がりが有利となります。

トーナメントである特徴は?

競輪 特選とは 特徴

三日間開催のF1のレースで説明しますと、1日目の12Rは初日特選といい、クラスの高い選手やポイントの高い選手が9名選ばれます。

初日特選に選ばれた選手は、初日の順位が9着だったとしても、自動的に2日目に準決勝の10~12Rにのれる仕組みになっています。

残りの準決勝の勝ち上がりをかけて、1日目の7~11Rで行われるのが予選です。

準決勝に上がれるのは、まず7~11Rの1~3着までの選手の15名と、9~11Rの4着の選手3名の計18名が予選勝ち上がりで2日目の準決勝に乗れます。

特選初日は荒れる?

「このレースは荒れる」「いやいや固いよ」と競輪をやってる人なら誰もが見聞きしたことがあるであろうやりとりです。

実際に荒れるのか,はたまた固いのか、それは誰にもわかりません。

ですが、皆さんそれぞれ自分の考えに基づいて予想を組み立て、その中で無意識かもしれませんがレースが荒れる・荒れない(固い)を判断し車券に反映しているものと思います。

そこで今回はどのようなレースが荒れるのか・固いのかを、競走種別(予選・決勝等)やグレード別(G1・G2・G3・F1等)に平均配当という観点から定量的に見てみました。

その内容をみていきましょう。

競輪の平均配当理論値

競輪の平均配当の理論値は以下のとおりです。

競輪の車券の控除率は賭け式を問わず25%なのでそれを元に算出してます。

まず9車立ての場合の平均配当(理論値)は下記のようになりました。

2車単…5400円
2車複…2700円
3連単…37800円
3連複…6300円
7車立ての場合の平均配当(理論値)

2車単…3150円
2車複…1575円
3連単…15750円
3連複…2625円

競走種別の分別と競走データサンプル数

データの統計では、以下の8つの競走種別に分けています。

S級競走は更にグレード別に分けました。

種類はG1&G2 / G3 / F1 の3種類です。

予…予選・特予選・二次予選
準…準決勝
決…決勝
初…初日特選
般…一般・特一般(敗者戦)
抜…選抜(敗者戦)
特…特選(敗者戦)
全部…上記全て

集計対象条件は以下のとおりです。

競輪 特選とは 競走種別の分別と競走データサンプル数

集計期間:2001年1月1日~2018年5月25日で、S級競走とA級1・2班競走は9車立て限定
C級(チャレンジ)競走は7車立て限定です。

これらの条件で集計された競走データサンプルの数は以下の表のとおりになっています。

平均配当算出をしてみた結果

各ランクごとの平均配当算出しました。

以下の順に掲載してあります。

S級 G1&G2
S級 G3
S級 F1
A級
C級(チャレンジ)
表は2つずつあります。

1つ目は平均配当金の算出結果です。

2つ目は平均配当金の高い順に競走種別をソートさせた表です。

それでは見ていきましょう。

平均配当算出結果 S級(G1&G2)

特徴は、全ての車券で平均配当が最も高いことです。

予選・準決勝の勝ち上がりが上位で、特別・準特別競輪ということでトップ選手同士がガチでやりあうからなのか全ての車券で平均配当が最も高い結果となりました。

予選・準決勝の勝ち上がりが平均配当上位に来ているのもG1・G2だけで,G3やF1,A級やC級と比較しても特異な傾向を示しています。

競輪 特選とは 平均配当算出結果 S級(G1&G2)

平均配当算出結果 S級(G3)

特徴は、一般・選抜の敗者戦が平均配当上位です。

G1&G2・F1と比較して全ての車券で平均配当が最も低く、G1&G2とは真逆で,全ての車券で平均配当が最も低い結果となりました。

競走種別vs.平均配当の順位の傾向としてはF1開催と同じ感じです。

競輪 特選とは 平均配当算出結果 S級(G3)

平均配当算出結果 S級(F1)

特徴は、一般・選抜の敗者戦が平均配当上位でその次に初日特選になります。

G3よりも平均配当が高めで、競走種別vs.平均配当の順位の傾向としてはG3開催と同じ感じです。

競輪 特選とは 平均配当算出結果 S級(F1)

平均配当算出結果 A級

特徴、初日特選→決勝→一般・選抜の順に荒れます。

予選・準決勝の勝ち上がり競走は固め比較的綺麗に並んでうれしい結果になりました。

競輪 特選とは 平均配当算出結果 A級

過去のレースの特選レースで高配当

競輪 特選とは 高配当

ここでは、過去の特選やS級などのレースで、歴代の高額配当を調べましたのでランキング形式で掲載しておきます。

計測期間は、2001年1月1日~2018年5月25日になります。

それではみていきましょう。

高額配当ランキング(S級 9車立て限定)

2車単
1位 424700円([2015年06月06日 青森F1]11レースS準 4-9-5)
2位 422470円([2016年02月10日 和歌山F1]7レースS般 4-8-3)
3位 323290円([2015年07月16日 福井F1]10レースS特 6-4-9)
4位 231750円([2009年01月08日 小松島F1]8レースS予 6-2-7)
5位 227500円([2017年11月17日 岸和田F1]11レースS予 4-8-3)

3連単
1位 4495120円([2003年09月07日 富山F1]7レースS般 8-6-9)
2位 2726320円([2010年09月29日 防府F1]9レースS特 4-6-1)
3位 2494950円([2012年03月23日 豊橋F1]7レースS般 4-6-1)
4位 2459770円([2012年06月11日 大垣F1]10レースS予 2-6-4)
5位 2368420円([2010年11月18日 立川F1]12レースS準 6-5-2)

高額配当ランキング(A級 9車立て限定)

2車単
1位 693820円([2010年09月13日 西武園F2]6レースA般 6-4-5)
2位 687450円([2003年05月23日 函館F1]2レースA予 6-5-7)
3位 563100円([2004年09月18日 函館F2]1レースA予 6-2-3)
4位 489600円([2017年08月11日 千葉F2]9レースA予 6-9-5)
5位 446100円([2011年05月27日 函館F1]3レースA抜 5-8-4)

3連単
1位 4582050円([2011年01月12日 小田原F1]2レースA予 6-7-9)
2位 3715420円([2010年10月15日 立川F2]5レースA般 8-9-4)
3位 3677320円([2018年02月23日 小田原F2]10レースA準 4-8-2)
4位 3439350円([2018年03月23日 川崎F2]9レースA準 8-6-5)
5位 3292270円([2008年02月23日 大宮F2]6レースA般 6-7-4)

高額配当ランキング(チャレンジ 7車立て限定)

2車単
1位 231560円([2014年02月26日 向日町F2]5レースチャレンジ準 7-5-4)
2位 213970円([2016年12月26日 大宮F2]1レースチャレンジ般 7-5-4)
3位 209020円([2014年04月21日 大宮F2]2レースチャレンジ予 7-5-1)
4位 207220円([2012年03月18日 大垣F2]4レースチャレンジ準 2-6-4)
5位 200850円([2015年03月06日 千葉F2]4レースチャレンジ予 7-6-1)

3連単
1位 1797450円([2015年10月23日 熊本F2]5レースチャレンジ予 6-7-5)
2位 1508700円([2013年12月18日 小田原F2]3レースチャレンジ準 4-6-3)
3位 1393950円([2012年04月09日 西武園F2]3レースチャレンジ予 5-4-3)
4位 986170円([2012年06月22日 佐世保F2]5レースチャレンジ準 1-3-6)
5位 970720円([2015年06月04日 弥彦F2]3レースチャレンジ準 4-6-7)

高額配当ランキング(ガールズケイリン 7車立て限定)

2車単
1位 258770円([2015年12月16日 四日市F2]7レースA予 7-2-1)
2位 205780円([2015年08月14日 京王閣F1]6レースA予 7-6-5)
3位 180030円([2015年07月12日 高知F2]2レースA予 2-4-3)
4位 143270円([2015年12月05日 和歌山F2]11レースA決 2-6-1)
5位 103940円([2018年03月18日 佐世保F2]1レース予 6-3-7)

3連単
1位 1426550円([2015年07月12日 高知F2]2レースA予 2-4-3)
2位 1353970円([2015年08月14日 京王閣F1]6レースA予 7-6-5)
3位 836410円([2015年12月05日 和歌山F2]11レースA決 2-6-1)
4位 639550円([2015年12月16日 四日市F2]7レースA予 7-2-1)
5位 547270円([2015年05月06日 富山F2]6レースA予 4-7-3)

まとめ

競輪 特選とは まとめ

今回は競輪の特選(特別選抜競走)の説明と、各階級ごとのレースを紹介しました。

競走結果・配当金と言うのは出走メンバーや競輪場の特性、天候や選手の心理などちょっとしたことでが変わるわけですが、単純に級班・グレード・競走種別で分けただけでもはっきりとした差が見て取れる部分があることが分かります。

G1&G2は平均配当が突出して高く、予想の難しさを示しているのかもしれません。

とにかく穴狙いと言う方はA級初日特選やG1&G2のレースが狙い目,逆に固そうなレースをやりたい方はチャレンジ・A級・G3の予選から選別するのがオススメという感じですね。

特選に出場出来る選手は、予選から調子が良い事が多いので、ぜひ、最初から見ていると良いでしょう。