15年以上も運営を続ける老舗競輪ブログ「競輪メモ」の実力は?予想の精度を徹底解剖!

15年以上も運営を続ける老舗競輪ブログ「競輪メモ」の実力は?予想の精度を徹底解剖!

UPDATE:2020.03.23
ブログ・ユーチューブ競輪コラム

アフィリエイトによる広告収入を目的としていない、きちんと予想したブログを見たいと思ったことはありませんか?

そんな時には「競輪メモ」が良いかもしれません。

競輪メモの管理人は競輪歴を20年以上も持ち、ブログ自体も15年近くも運営しています。

さらに、個人ブログにありがちな広告のベタ貼りもなく、非常に見やすいブログとなっています。

そこで、本記事では競輪メモはどのようなブログなのか、公開されている予想の精度はどの程度のものなのか紹介していきます。

競輪メモはどんなブログ?

競輪メモ ロゴ

競輪メモはライブドアブログで個人の方が運営する競輪予想ブログです。

競輪メモでは主に、大きなレースを対象として無料で2車単の買い目と、レース展開の予想を解説しています。

個人が運営する無料ブログのほとんどは、アフィリエイトによる広告収入を目的としていて、サイト内が広告ばかりで見づらいことが多くなっていますが、競輪メモはその点、広告がほとんどなく、好印象を受けるでしょう。

また、プロフィールには「ウラだったGP97から競輪を始める」と記載されているので、現在の2020年から計算すると、約20年以上も競輪ファンであることが分かりますね。

20年も競輪ファンなのであれば、そこそこの予想を期待できるかもしれません。

競輪メモは人気ブログなのか!?

競輪メモ 人気ブログランキング

競輪メモの管理人の競輪ファン歴がいくら長かったとしても、予想の精度が高くなければ意味がありません。

そこで、競輪メモがどの程度人気のあるブログなのか調査していきましょう。

人気があるブログだとすれば、それだけ競輪メモを利用するユーザー数が多いので、「予想の精度が高い」ということに繋がるかもしれません。

そして、競輪メモを調査していくと、「人気ブログランキング」に参加している事が分かりました。

競輪メモは人気ブログランキングの競輪カテゴリでは89位とかなり下位のランクとなっています。

競輪カテゴリは97サイトあるのですが、その中で89位となると、かなり下のブログとなるのであまり人気のあるブログとは言えないかもしれませんね。

競輪メモの運営実績

競輪メモ 最古の記事

競輪メモがいつから運営しているのかを調べるために、競輪メモに投稿されている一番最古の記事にさかのぼっていくと、2005年7月4日に投稿された「小松島2日目11R」が最古の記事ということが分かりました。

現在は、2020/03/09なので約15年近く運営しており、個人が運営する競輪予想ブログの中ではトップクラスの老舗競輪予想ブログでした。

正直、人気ブログランキングでは下位をキープしていて、人気のあるブログには思えませんでしたが、それでも運営を続けているのを見ると、アフィリエイトによる広告収入を狙っているのではなく、単純に競輪が好きで趣味として運営しているような気もしますね。

競輪メモのコンテンツ

競輪メモ

競輪メモには予想の公開以外にも、いくつかのコンテンツを公開しています。

競輪初心者が、より競輪を楽しむために使える「並び・コメント」が見れるサイト、「ライブ・ダイジェスト」が見れるサイトがまとめられています。

また、KEIRIN.JPで当日オッズや結果を見る方法が分かりやすく解説されているので、見方が分からないという方は参考にしても良いかもしれません。

当てにならない出目発生ツール

競輪メモ 出目発生ツール

競輪メモのサイドバーには2車単と3連単の出目をランダムで作ってくれる「出目発生ツール」が設置されています。

このツールは名前の通り、ランダムで出目を公開してくれるものになっており、ページを読み込むたびに出目が変わるのです。

しかし、適当な数字がランダムに表示されるだけなので、当然競輪予想には何も役立たないでしょう。

「予想が何も浮かばない」「買い目が決まらない」「宝くじ感覚で遊びたい」という時には利用しても良いかもしれませんが、基本的に出目発生ツールは当てにせず、遊びとして使うようにしてください。

競輪メモの予想は当たるの?

競輪メモの予想は基本的に大きなレースがメインとなっており、毎日予想が公開されているものではありません。

予想記事には、2車単の買い目を公開しており、ベテランならではの観点からのコメントが書かれているので予想の参考にも活用できそうです。

また、予想記事はKEIRIN.JPのインタビュー記事や前検日レポートの記事のリンクが貼られているので、レーサーのコメントを確認したい方には便利かもしれませんね。

しかし、競輪歴が20年以上もあり、ブログも15年近く運営しているだけあって、公開される予想に期待を持ってしまうかもしれません。

そこで、競輪予想メモで公開されている予想がどの程度の精度があるのか調査していきます。

競輪グランプリ2019立川競輪11Rの予想

競輪メモ

まずは、2019年12月30日に立川競輪場で開催された11Rの予想記事を見ていきましょう。

立川グランプリ。
昔の立川のグランプリシリーズのS級シリーズは阿佐田哲也杯といっていたが、今はいわなくなった?

3脇本雄太-9村上博幸
5清水裕友-2松浦悠士
7新田祐大-4佐藤慎太郎
1中川誠一郎
6郡司浩平
8平原康太

細切れ。
世代交代もありつつ、佐藤慎太郎や村上博幸などの旧世代の復活もあったようで。

清水も新田祐大ともに捲りか捲り追い込み狙いで踏み出しが遅ければ、先行は必然的に脇本。
脇本が早めに飲み込まれることはないとふんで、展開的に有利なのは村上博幸。
だが、脇本が先行して村上=脇本となるようなレースになるには、脇本のかかりと末が完璧でないといけない。やはり冬の立川。それは難しい。

脇本の末がもたなかったら、村上も優勝までは難しく、3番手かそれ以降からの捲り追い込みが届く。

切れる脚より地脚タイプとなれば、中川誠一郎だろうか。

今年はワンチーム、という言葉もあったし、1番は縁起がよい。

中川の捲り追い込みと村上の前残りで中川-村上。
他、どこかで動く清水に乗って外を伸びる松浦も絡めて中川=松浦。

2車単 1-9、1=2

こちらの記事では、本命を①の中川誠一郎選手にした2車単を2点公開しています。

他の予想サイトや新聞などでは、中川誠一郎選手に対して予想印がついていないので、人気の選手を狙うだけの予想ではなさそうですね。

しかし、結果は「4-3-8」となり不的中でした。

競輪グランプリ2018静岡競輪11Rの予想

競輪メモ

次に2018年12月30日に静岡競輪場で開催された11Rの予想記事を見ていきましょう。

2018年12月30日競輪グランプリ

3脇本雄太-1三谷竜生-9村上義弘-5村上博幸
7平原康多-8武田豊樹
2浅井康太
4新田祐大
6清水裕友

この一年はあまりレースを見ておらず、今日特別の決勝を中心にダイジェストを見返した。
脇本がものすごく強くなっていた。特に平塚オールスターの決勝で、竹内をねじ伏せて押し切ったレースは強かった。吉岡の全盛期は良く知らないのだが、こんな感じだったのかなと想像・・・

近畿4車の並びはダービー決勝と同じ。他が平原-武田に浅井、新田、清水と単騎3人。
これ脇本がすんなり主導権取ったら近畿で決まりそう。
平原は勝つなら三谷を飛ばすしかないが、三谷と絡んだ後に、脇本についていけるのかどうか・・・しかし勝つならここしかないという感じで行くのでは。
他、新田は前がごちゃついてくれるのを待っての捲り一発狙い。
浅井は、平原同様、前々から脇本の番手にはまれれば・・・

ここは脇本から。すんなりなら三谷に差されるかもだが、三谷は誰かに絡まれるだろうし、三谷の近況はあまり良くない印象。脇本がグランプリまで取って締めるのが一番良い。
2着はいろいろだが、妙に気合の入っている村上兄が怖い。あとは浅井、新田、清水の単騎勢と平原。
点数が多い気がするので、絞れば、脇本-村上兄か。

2車単 3-9、3-2467

こちらの予想では、3車番の脇本 雄太選手を軸として2車単の買い目を公開していました。

このレースでは脇本 雄太選手がどのメディアなどでも本命とされたいたので、今回は手堅い予想のようですね。

しかし、結果は本命でもある脇本 雄太選手は5着という結果になってしまい「1-2-4」で不的中でした。

軸の相手としていた②と④はピッタリでしたが、脇本 雄太選手が5着になってしまうのは予想外だったかもしれませんね。

いわき平オールスター競輪最終日決勝の予想

競輪メモ

次は2018年8月19日にいわき平で行われたオールスター競輪最終日決勝の予想を見ていきましょう。

いつの間にかのオールスター決勝。

4竹内雄作-1浅井康太-6金子貴志
7脇本雄太-3古性優作-5村上義弘
2渡邉一成-9中村浩士
8山崎賢人

最近の特別決勝は、動きのないすんなりしたレースになってあっさりした結末になるイメージ。
脇本の主導権から古性の優勝。2着は脇本、村上。
はまれば一成だが、展開向かないときつい。
若い山崎賢人はよくわかっていない。

2車単 3-7、3-5

こちらの予想では、3車番の古性優作選手を軸とした2車単の2点を公開しています。

古性優作選手は、どのメディアでも本命として扱われず予想印に「△」が付いていました。

このレースでは7車番の脇本 雄太選手が堅いとされていましたが、結果はどうだったのでしょうか?

他のメディアの予想の本命予想通り、7車番の脇本 雄太が1着となり不的中でした。

四日市全日本選抜競輪決勝の予想

競輪メモ

次は2018年2月12日に四日市競輪場で開催された四日市全日本選抜競輪決勝の予想を見ていきましょう。

いつの間にか決勝か。

3古性優作-9村上義弘-7村上博之-4椎木尾拓哉
2吉澤純平-5平原康多
1新田祐大
6山田英明
8原田研太朗

地元がいない決勝。
近畿4車だが、先頭が古性。引っ張って2段3段が決まるイメージがわかない。吉澤に叩かれて終了とか?
各選手の調子がわかっていないが、みんないいと仮定すると、展開的には、吉澤に乗る平原か。あとは、近畿がレースを作れなければ、新田をはじめ単騎勢にも目がありそう。
平原=新田中心で、平原から山田と原田。

2車単 5=1、5-6、5-8

こちらの予想では5車番の平原 康多選手を軸とした2車単を4点公開していました。

平原 康多選手は本命とされ期待されていましたが惜しくも6着となってしまい、結果は「1-9-7」で不的中でした。

ヤンググランプリ2017平塚競輪11Rの予想

競輪メモ

最後は2017年12月29日に開催されたヤンググランプリ2017平塚競輪11Rの予想を見ていきましょう。

2017年12月29日ヤンググランプリ

1太田竜馬-9小川真太郎
7吉田拓矢-2鈴木竜士
3新山響平
4堀内俊介
5取鳥雄吾
6竹内翼
8山岸佳太

例年通り細切れ戦。
直近ダイジェストを見て、強いレースをしているなと思ったのは1太田と2鈴木。
9小川真太郎の逃げ切りも良かった。
展開など考えてもよくわからない。とりあえず浮かんだこの3人で。

2車単 129ボックス

こちらの予想では珍しく2車単のボックス買いの6点を公開しています。

ほとんどのレースでは軸を一つに絞っているのにも関わらず、ボックス買いにしているところを見ると、今回のレースはあまり自信がなかったのかもしれません。

結果は「2-1-4」となり的中です。

「2-1」で5,060円の配当が付き、なかなかな穴を的中させることができたのではないでしょうか。

まとめ

今回は個人が運営する競輪ブログの一つ「競輪メモ」について紹介しました。

競輪メモの管理人は競輪歴が20年以上もあり、競輪メモ自体を15年近くも運営している老舗競輪予想ブログです。

個人が運営するブログなのに広告が少なく非常に見やすくて良いのですが、今回の検証結果としては、あまり予想の精度が高くないことが分かりました。

しかし、単純に人気の組み合わせを狙っているのではないので的中すればある程度の配当金が期待できるので、穴狙いが好きな方は予想の参考に使ってみてはいかがでしょうか?