関東でも人気の立川競輪場!レース予想のコツとバンクの詳細を徹底分析します!

関東でも人気の立川競輪場!レース予想のコツとバンクの詳細を徹底分析します!

UPDATE:2019.09.11
競輪コラム競輪場

皆さんは立川競輪場へ行った事はありますか?

今回は、立川競輪場の特徴などを踏まえた上で、競走の予想をするコツを紹介したいと思います。

競艇は、選手の能力が大きく関与する競技です。

しかし、選手も各競輪場で得意、不得意が存在している為、コツを理解するの事で予想も的確になると想像ができますね。

立川競輪場の細かい情報を踏まえて紹介していきますので、是非参考にして見て下さい。

立川競輪場の特徴・バンクデータ

競輪 立川 予想 コツ バンクデータ
今回は、立川競輪場の特徴を含め、レースの予想のコツを紹介していきたいとおもます。

立川競輪場は東京都の立川市にあり、非常に人気のある競輪場になっています。

この競輪場は、一周400メートルの一般的なサイズの競輪場になっていますが、細かい特徴はどんな部分はあるのでしょうか。

細部も情報も確認して予想にも役立つ情報を紹介したいと思います。

まずは、バンクの特徴を見ていきましょう。

立川競輪場のバンクの特徴

競輪 立川 予想 コツ 特徴
バンクの特徴としては1周400mだが、直線距離は全国でも有数の長さ(58.0m)となっています。

これは普通の競輪場と緩和曲線の構造が異なるレムニスケート曲線を採用しているためだが、このためコーナーのカーブが急であるため、まっすぐ走っていても直線へ入る直前に外側へ膨れてしまうケースが時々見受けられます。

そのため、後方を走る選手は前へ突っ込むコース取りを決めやすく、さらには実際にはこれより直線が長く感じる選手もいます。

しかし、仕掛けが遅くなるためマイペースに持ち込むことができます。

よって、自在選手が多く活躍するバンクであるといえでしょう。

2着には逃げ粘った選手や、交わしの交わしで番手に付けていた選手が入ることが多いですね。

経年劣化のために走路改修を行い、バンク形状の変化はないものの自力有利の軽い路面へと変貌しました。

その影響なのか、2013年の日本選手権競輪では自力での決まり手が比較的多く出ていました。

上記のとおり、同開催中に1993年以来20年ぶりにバンクレコードを大幅に塗り替えています。

立川競輪場の決まり手

競輪 立川 予想 コツ 決まり手
決まり手としては外が良く伸びるため追い込み有利とされ、『交わしの交わし』も他場に比べて多く見られます。

しかし、上述の特徴からペースが速くなることは少なく、自力選手であってもマイペースで駆けることができるため、自在性が求められるバンクであるといえ、逃げ、先行しか出来ない選手には少しむずかしいと思います。

それでは、下記にデータが出ていますので確認して行きましょう。

1着決まり手は、逃げ:17%、擦り:28%、差し:55%

2着決まり手は、逃げ:15%、擦り:13%、差し:33%、マーク:39%

となっています。

1着の決まりてに関しては、55%と非常に高くなっている事からバックストレッチでは選手の駆け引きと脚力が勝負ですね。

立川競輪場での開催レース

競輪 立川 予想 コツ 開催レース
「立川競輪場」での主な開催レースは、下記の3つになります。

■KEIRINグランプリ(GP)
■ヤンググランプリ(GⅡ)
■立川市営日刊スポーツ杯(FⅢ)

立川競輪場開設は1951年10月17日ですが、1985年から開催されているKEIRINグランプリ発祥の地としても知られ、直近の2013年まで初回から通算18回開催されています。

記念競輪 (GIII)は毎年1月に「鳳凰賞典レース」を開催しており、1年の中でも最初の記念競輪として知られています。

その開催が年明け早々に行われることから、開催2日目のシード優秀競走は「初夢賞」の名称で行われます。

また恒例として「ギャンブルの王様」と評したほど競輪を愛した作家・色川武大(阿佐田哲也)の功績を称えた「阿佐田哲也杯」が毎年(KEIRINグランプリが立川で開催される時は同時に)2004年まで行われていました。

2009年からは『江戸鷹』と呼ばれ、当地で開催された第32回日本選手権競輪で地元制覇を成し遂げるなど数々の戦績を残した山口健治を讃え「山口健治杯」が開催されています。

立川競輪場の地元選手

「立川競輪場」での有名な地元選手は、下記の選手たちになります。

■岡田 征陽 選手(S級1班・85期)
■小林 莉子 選手(ガールズ・102期)
■板根 茜弥 選手(ガールズ・110期)

地元の選手たちを予想に取り組むのは非常に有効です。

やはり、競輪は地元のホームコースで走る選手は非常に慣れています。

立川競輪場の予想のコツ

競輪 立川 予想 コツ
上記でも簡単に触れましたが、立川競輪場は自在型の選手が得意な競輪場になっており、その中でも差しの可能性が55%と非常に高い統計が出ています。

結果的に、選手の能力には関係してしまいますが、差しを得意とする選手は要チェックしましょう。

また最後に直線で差しを狙う選手も需要ですが、そのすぐ後ろにいる選手も注意が必要です。

そんな事を踏まえて、実際に立川競輪場で行われたレースを振り返ってみます。

第11回山口健治杯を、実際の出走表を見ながら予想予想のコツを紹介します。

選手の級班(ランク)を確認する SS、S1がレースの本命

競輪 立川 予想 コツ ランク

まずは、出走表の級班から見て行きます。

級班は、選手のこれまでの成績から振り分けられるレベルごとのランクです。

S級S班・S級1班・S級2班・A級1班・A級2班・A級3班の6階級からなり、S級S班に近づくにつれ強い選手が在籍しています。

今回のレースでは、⑨が唯一S級1班で他の8選手がS級2班です。

級班は1班違うだけでも、実力的には大きく差が出ます。

なので、今レースのように1人だけ級班が異なる場合は、その選手が予想の本命でしょう。

級班では、⑨番が強いと予想できます。

この展開だと、9番の選手はレース展開を見て差しを狙って来る可能性が考えられます。

ラインの情報を確認する ラインでレース展開が分かる

ラインは、2〜4人(基本は3人)の選手が一列に並んで連携して戦う戦法です。

このレースの場合、ラインの並びで先行するラインに注目して確認していきます。

ポイントは、同県同地区は連携◎です。

出走表には選手の脚質や直近の成績などのデータがあり、その下にラインの並び予想が掲載されています。

ラインとは、風を避けたり、レースの駆け引きや位置取りなど展開を有利に運ぶための隊列です。

このレースでは、【⑦➀⑧ ②⑨⑤ ④ ⑥③】単騎と3つのラインが形成される予想になっていますね。

ラインでは、先頭の選手は風よけになり、後方の選手は他のラインの追い上げをブロックする役割を果たします。

ラインを形成することで、お互いを助けあいながらレースを進めるんです。

練習では、同じ競輪場や地区の選手とラインを形成しているため、レースでも出身地が近いほど有利です。

同地区のラインで1着2着をとることも多く、予想では軸になる注目ポイントですよ。

今回のレースでは、⑦➀⑧は関東ライン、②⑨⑤は中部と近畿の合同ライン、⑥③は北日本ラインです。

④は、同地区の選手がいないため組まないほうがいいと判断しての単騎です。

この情報から、同地区でラインを組み慣れている、⑦➀⑧の関東ラインと⑥③の北日本ラインが有利ということが分かりますね。

先行するラインを探す レースを有利に進められる

競輪 立川 予想 コツ ライン
ラインからレースを読むにあたって、どのラインが先行するのかを探っていくことも予想には不可欠です。

競輪は、先行をとったラインが有利になります。

それぞれのラインを引っ張る⑦②⑥から、先行する選手を探していきましょう。

先行するラインは、下記の3つの項目から見つけていきます。

■S(スタンディング回数)…スタート直後に前へ出て誘導員の後ろにつけた回数
■B(バック回数)…最終周回のバックストレッチラインを先頭で通過した回数
■H(ホーム回数)…最終周回のホームストレッチラインを先頭で通過した回数

S・B・Hは、数値が高いほどそれぞれで強いことになるので、どんなレース展開になるのかを予想するのが、立川競輪場のコツですね。

立川競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介

競輪 立川 予想 コツ 歴史
続いて、立川競輪場の歴史や施設の紹介したいと思います。

近年は毎年、競輪の売上が上がっています。

その売上の向上には、競輪がオリンピック競技になった事と、競輪場の設備がよくなり、非常にキレイになった事があります。

それでは、詳しく見ていきましょう。

立川競輪場の概要&歴史

「立川競輪場」は1951年(昭和26年)10月17日に開設されました。

立川競輪場は、競輪場の中でも一番集客力がある東京を代表する競輪場で、「KEIRINグランプリ」発祥の地としても知られていて、開催数は圧倒的に多い競輪場です。

観覧席は、5階席まであって2階以上は指定席となっています。

他の会場よりも高い角度から観戦することができる事も立川競輪場の魅力ですね。

しかも東京からのアクセスも良いので、非常に関東勢には人気の競輪場です。

立川の入場料

まずは入場料金の説明です。

一般入場料50円(場外開催時は無料)となっています。

50円という安さには驚きですよね。

指定席を取ってゆっくり見たいという方の為に、下記に詳細をまとめましたので確認してみて下さい。

■指定席料金の一覧

▼メインスタンド
ロイヤルルーム(5F):5,000円(場外開催時は3,000円)
特別観覧席(4F):500円(場外開催時は300円)
特別観覧席(3F):500円(場外開催時は300円) 特別観覧席(2F):500円(場外開催時は300円)
プレミアムルーム(2F・グループ席/1室8名まで):5,000円
プレミアムルーム(2F・グレード席):1,000円

▼バックスタンド
特別観覧席(3F):300円
特別観覧席(2F):300円

立川競輪場の施設

競輪 立川 予想 コツ 施設
メインスタンド・バックスタンドともに2~5階は指定席となっています。

メインスタンドは2016年の12月にリニューアルオープンされたばかりと新しく、完全屋内化されたことで、冷暖房完備で1年間通して快適に過ごすことができるようになりました。

また、リニューアルに伴い、立川競輪場では分煙化が完了しました。

今では屋内屋外共に指定場所以外は禁煙となっています。

立川競輪場内に市民の丘という場所があります。

改修に伴い、これまで第4コーナー側にあったスタンドを取り壊したところに丘が新設されました。

緑化整備工事を行い、誰もがのんびりと利用できるスペースとして、KEIRINグランプリや立川記念以外は入場料なしで競輪を楽しむことができるようになっています。

立川競輪場のマスコット

残念ながら、立川競輪にはマスコットキャラクターはいません。

しかし、シンボルマークなどで伝統的にイーグル(白頭鷲)を使用している事はあります。

立川競輪場のアクセス

是非、みなさんにも立川競輪場に行って実際に生で競輪を見てもらいたいと思います。
立川競輪は、アクセスも非常に良いので、紹介します。

■電車でのアクセス場合
JR「立川駅」から徒歩15分
多摩都市モノレール「立川北駅」から徒歩15分

■無料バスでのアクセス
多摩都市モノレール「立川北駅」の西側のバス乗り場から無料バスにて5分
西武鉄道「玉川上水駅」南口のバス乗り場から無料バスにて10分
立川競輪場への無料バスの時刻表はこちら

■車でのアクセス
中央自動車道 国立府中I.Cから約6キロ・約20分

まとめ

競輪 立川 予想 コツ
今回は立川競輪場の予想するコツに合わせて、バンクなどにコースの特徴を紹介させて頂きました。

立川競輪場は交通の便がいいこともあって、地元以外の方からも愛され続けてる競輪場なんです。

土日だとさらに、多くの人が集るので、すごく賑わっていて、競輪以外にも場内には「市民の丘」という緑豊かな丘が設置されています

一周400メートルの基本的な競輪場なので、すごく特別な条件もありません。

初めて競輪をするには良い場所だと思います。

まずは、出走表を良く見て、選手のレベルを確認してみましょう。