競輪で高額配当を狙うなら3つの要素は外せない!

競輪で高額配当を狙うなら3つの要素は外せない!

UPDATE:2019.11.28
競輪コラム競輪予想ノウハウ

公営ギャンブルの中で最も的中率と配当のバランスが良い競輪ですが、難しいと感じ、遊んだことがない方も多くいるでしょう。

しかし、ギャンブルで高額配当を狙うのであれば、競輪が一番オススメです。

本記事では競輪で高額配当を狙うのに必要な要素や具体的な買い方を紹介していきます。

競輪は高額配当を狙いやすく当てやすい

競輪 高額配当 狙う

競輪は競馬、競艇などの他の公営ギャンブルと比べると的中と配当のバランスが良く、高額配当を狙いやすい特徴を持っています。

まずは、下記をご覧ください。

■競輪
的中率1/504
平均配当額(3連単)33,500円

■競馬
的中率1/4896
平均配当額(3連単)43,780円

■競艇
的中率1/120
平均配当額(3連単)7426円

上記を見てもらえば分かる通り、的中率と配当金額のどれも中間に位置していることが分かるでしょう。

競馬に関しては1,000万円以上の高額配当が出る期待もありますが、的中確率は1/4896と、的中させるのが難しいのが現実です。

競艇は三連単の的中確率が1/120と当たりやすくはなっていますが、平均配当金額は10,000円に達しない事が多いため、高額配当金には程遠いでしょう。

その点「競輪」は「競馬」より当たりやすく「競艇」より高配当を望めます。

この事からも競輪は高額配当金額を効率よく稼いでいけるギャンブルと言えるでしょう。

競輪予想で高額配当を狙うのに必要な3つの要素

競輪が的中させやすく、高額配当を狙えるとしても的中させることができなければ何も意味はありませんよね。

そこで、競輪予想の際に的中率を高めるためにも抑えて行きたい要素があります。

それは下記の3つです。

・ 選手のライン(チーム)
・ 選手の競争得点
・ 競輪場(バンク)の特徴

それぞれの要素は競輪要素には絶対不可欠な要素です。

それでは、各要素についてひとつひとつ解説きていきましょう。

競輪は選手個人で見るよりもチーム単位で見よう!

競輪 高額配当 狙う

競輪を遊んだことのない方であれば、一見競輪は個人の競技と感じるかと思います。

確かに、競輪は個人の着順で勝敗が決まりますが、「逃げ」と「追い込み」という戦法の異なる選手同士が、2~4人で「ライン」と呼ばれるチームを組んで戦うことがほとんどです。

選手個人がひとりひとり走っていると、70km近くの速度を出すため、風の抵抗を受け、走行が困難になってしまいます。

そこで、競輪では「ライン」と呼ばれるチームの様な隊列を組み走行します。

ラインの選手が縦一列に並んで走ることによって、逃げが先頭で風よけとなり、後方の追い込み選手は後半に向けて足を貯めることができるでしょう。

これだけを聞くと一見、先行選手が風の抵抗を受けて不利なように思えてしまいますが、追い込みの選手は後ろから来る他ラインをブロックする役割を果たすことで逃げ屋を助けているのです。

この様に「ライン」は前後の選手がお互いを助け合うことができる合理的な戦法になっています。

そして、ラインを構成するメンバーはレース毎に複雑に変わってきますが、下記の様なラインが組まれた時は狙い目かもしれません。

・実力者で集まったライン
・ブロックを得意とした追い込み選手がいるライン
・何度も同じラインを編成してきた選手が集まったライン

上記の様なラインが組まれていたら積極的に狙っていきましょう。

競争得点を見て選手の実力を判断しよう!

競輪 高額配当 狙う

競輪では、それぞれの選手の実力が「競走得点」という数値が与えられています。

競争得点はシンプルに高い方が強いとされており、予想する際には見逃せない数値です。

ちなみに、この競争得点は出場したレースの格付けや着順によって決まってきます。

中間着(9車立てなら5着、7車立てなら4着)の選手を基準に、着順が1つ上がるごとに+2点、逆に1つ下がるごとに―2点という風に変化するのです。

さらに、この競争得点で選手の階級が決まり下記の6つの階級に分けられます

・S級S班
・S級1班
・S級2班
・A級1班
・A級2班
・A級3班

S級S班に関しては前年G1優勝者と賞金上位の選手で構成されているため、競輪界でもトップクラスの選手と言えるでしょう。

出場する選手の実力を知らなかったとしても、出走表に記載されている「競争得点」と「階級」を見ることで、ある程度の「選手の強さ」を把握することができます。

競輪予想で高額配当を狙いたいのであれば、出走表に書かれている「競争得点」と「階級」は忘れずにチェックするようにしましょう。

競輪場の特徴を知る事が勝利への近道!

競輪 高額配当 狙う

競輪場のレース会場は「バンク」と呼ばれ、主に333バンク、400バンク、500バンクの3つに分けられています。

それぞれの数字は一周あたりの距離に応じて名前がつけられているのです。

バンクの長さによっても、特徴が大きく変わり、選手の勝敗に大きく関わってきます。

例えば、バンクの一周あたりの距離によって大きく変わるのが見なし直線です。

みなし直線とはゴール直前の直線の長さのことになります。

333バンクでは直線が短く、逆に500バンクは直線が長くなっているのです。

このバンクの長さによって、「逃げ」と「追い込み」の様にどちらの脚質が有利なのかが変わってくるでしょう。

もう一つ、各バンクの特徴としてカント(傾斜角)が挙げられます。

基本的にバンクの一周の距離が長いほど緩やかに作られており、333バンクではきつく、500バンクでは緩いといった感じです。

このカントもレースの勝敗に大きく関わってきます。

最後に、競輪場の位置する立地や季節によって吹く風も読まなくてはいけません。

立地条件によっては「向かい風が強い」「追い風が強い」などと競輪場によって異なります。 

「風が強い場合捲りが有利」などがあり、その日の条件によって選手の有利不利が大きく変わってくるでしょう。

高額配当を狙う具体的な方法

ここまでで、競輪予想の的中率を上げるための要素をお話ししましたが、具体的にどうやって車券を買えば良いか分かりませんよね。

高額配当を狙うには三連単などで穴を狙う方法や手堅い買い目に大金を注ぎ込む方法があるでしょう。

しかし、オッズの低い車券に大金を注ぎ込んで高額配当を狙うのは不的中の際のリスクが高すぎるかもしれませんね。

そこで、ここでは三連複や三連単で高額配当を狙う買い方についてお話ししていきましょう。

三連複は扱いやすい!

競輪 高額配当 狙う 3連複

高額配当を狙う方法として、三連複フォーメーションはリスクも低く、使い勝手の良い買い方です。

◎~〇▲☆~印や、◎の相手が二人に絞れるなら、 ◎~〇▲~印としても良いかもしれません。

もし◎が人気選手であったとしても、2着や3着に入れた選手に人気のない穴選手だった配当には高額配当に期待できます。

単勝で高額配当を狙っていくのは難しいかもしれませんが、「荒れそうなレース」で2着、3着の手を広げれば三連複で高額配当を狙える可能性も大きいのではないでしょうか。

単勝万車券を狙っていくのは非常に難しいかもしれませんがの、「これは荒れるレース!」と思えば3列目を思いっきり手を広げれば必然的に単勝万車券の選手も拾えます。

やはり、人気薄の選手が1着になることは少なく、2着や3着になることが多いものです。

単勝で人気薄の選手を購入したとしても、どんなに惜しい展開でも2着になってしまえば当然不的中でしょう。

しかし、三連複であれば2着でも3着でも的中となるので難易度も下がります。

形としては◎を1~3番人気から選ぶのが良いかもしれません。

また、三連複で1番人気をなるべく本命にしないで車券を狙っていく方法もあります。

相手が読めないようなレースで「荒れそう」と思う様であれば三連複1頭軸で、相手を〇▲☆限定にせず幅広く買うのもアリでしょう。

買い目を広くしてしまえば、掛け金は上がってしまいますが、自分が「荒れそう」と判断したのであれば荒れた結果を狙うのは当然かと思います。

「荒れそう」と思い、簡単に荒れたレースを的中させることができれば良いですが、的中させるにはそれなりの予想力が必要となってくるしょう。

一年間を通して車券を購入していれば印上位でも高額配当がでてきますが、どのくらいの頻度で出るのかが大事なところです。

年間を通して車券を買っていれば印上位で万車券決着も当然出てきますが、その頻度がどれくらいかなのかが大事です。

印上位でも1,2,4番人気じゃないかを判断することです。

全てのレースで同じ買い方は考えなくて良いので「楽」ではありますが、自分の予想を車券に反映させることで、点数を減らすことも、当然手を広げて競輪を楽しむこともできます。

買い方についで、車券を買う方それぞれのスタンスですが荒れると思って手を広げた結果、堅くてトリガミとなってしまったら意味がありませんよね。

堅いと思っているのに手を広げてトリガミはダメですが、「自分の見立て」ですからそれはそれで良いかとしれません。

高額配当を狙うなら三連単!

競輪 高額配当 狙う 3連単

個人的にはやはり高額配当を狙っていくのであれば三連単が一番の近道ではないでしょうか?

2,3着入れ替えや、本命車券選手が1,2着候補であれば1,2着入れ替えの3連単フォーメーションを狙うのが良いかもしれません。

自分の予想力に自身があり、着順やレース展開をある程度読めるのであればおすすめです。

逆に予想力が乏しい状態で三連単を狙うのは無謀とも言えます。

具体的な買い方としては、1着固定のみの三連単フォーメーションがあります。

◎→〇▲☆→印

の様な形もありでしょう。

しかし、上記の三連単いつ固定の場合

1.単勝1点
2.車券選手単3点

をそのレースで当てる前提ということを理解していますか?

つまり、せっかく◎が1着になっても2着に〇▲☆が来なければハズレとなってしまいます。

せっかく1、2着が◎→▲で決まっても3着に無印の車券選手がはいったらハズレ。

〇→◎→▲でも当然ハズレ。

1着のみ固定車券は点数は少なくてもこうしたリスクが多重にあることをまず認識をしていますか、ということですね。

それで、三連単で高額配当を狙っていきたいのであれば、三連単軸二人のマルチがおすすめです。

良いレース展開を期待できるが、どの選手が勝ってもおかしくないというレースはありませんか?

そんな時に非常に扱い易い車券となります。

しかし、3連単と言う車券は1番人気が1着では意味がありません。

その様な車券の場合、誰が勝ってもおかしくない=人気薄の選手が車券選手勝ってもおかしくないということに繋がります。

また、マルチは着順を問わない車券となるので、車券の特徴を考えれば有用かと思います。

しかし、点数が多くなってしまうデメリットは発生してしまいます。

◎〇→相手5人(マルチ)で30点です。

相手が一人、増える/減るで6点増減します。

もちろん、人気順の決着にならなければ高額配当は期待できないでいでしょう。

しかし、当然◎〇が車券になっても相手を選んでいなければハズレです。

ちなみにこの場合、とある車券1点が当たるはずだったことはお気づきでしょうか?

それは、ワイド1点です。

着順問わないで2頭が車券になる(1,2着/1,3着/2,3着)わけです。

それを1点3000円買っていれば、ワイドが4倍だったら12000円のリターンを得られたわけです。

120倍1点100円/4倍1点3000円。

あとは、個人の決断です。

「一点に多く賭けられるかどうか」「ワイドだったら当っていたのになー」と言わないかどうかが重要です。

3連単なら120倍以上のリターンの可能性も秘めていたでしょう。

これをまとめると、高額配当の狙い方、当てると言う観点だけなら3連単でしょうけれども、地に足付いた買い方ならワイド一択ではないでしょうか。

穏当に人それぞれの決断ですね。

まとめ

競輪 高額配当 狙う

今回は当てやすいと言われている競輪て高額配当を狙うためにはどうすれば良いのかお話ししましたが、いかがでしたでしょうか?

当てやすくて高額配当が狙いやすいのは事実ですが、高額配当を狙うにはそれなりの予想力が必要となってくるでしょう。

そのため、闇雲にオッズが高いものを狙って高額配当を狙うのではなく、きちんとした根拠のある予想で高額配当を狙っていきましょう。