下高井戸で斬新な独創うどんを提供する、競輪とジャズをこよなく愛するお店!

下高井戸で斬新な独創うどんを提供する、競輪とジャズをこよなく愛するお店!

UPDATE:2019.09.11
競輪コラム競輪マメ知識

ジャズ競輪というお店はご存知ですか?

都内、京王線の下高井戸駅徒歩2分の場所にある「ジャズ 競輪」(JAZZ KEIRIN)は、都内でも珍しい「創作うどん」を出すお店です。

そして国内では珍しい競輪をテーマにしたお店です。

そんなジャズ競輪について紹介していきます。

ジャズ 競輪とは何?

ジャズ 競輪 うどんとは
東京の片隅、世田谷区と杉並区のちょうど境目、下高井戸という町に「ジャズ 競輪」(JAZZ KEIRIN)という名の奇妙なうどん屋があります。

重い扉を開け店内に入ると天井からは競技場自転車がぶらさがっています。

黄色く塗られた壁にはジャズの名盤のレコードジャケットや競輪選手のジャージが額に収められ、飾られています。

思わず、間違った場所に足を踏み入れてしまったのではないかと錯覚してしまいます。

グルメ雑誌で「東京No.1のカレーうどん」などと認められる創作うどんをメインにした店だが、入店したのに何も頼まず、そのまま回れ右して店を出ていってしまう客がいまだに毎日二~三組はあるというお店です。

ジャズ 競輪の店主は栂野眞二さん

ジャズ 競輪 うどん 栂野眞二
都内で「JAZZKEIRIN」(JAZZ KEIRIN)という異色のうどん屋を経営する栂野眞二さん。

海外で起業し、「タワシ王子」と呼ばれるほど大成功したものの、その生活を捨てて競輪の旅打ちへしていました。

そして始めたのは、創作うどん屋のお店です。

うどん屋さんはいつも大繁盛になっています。

普通の人の何倍分もスリリングで濃密な人生を歩んだ栂野さんの人生哲学は、「いやなことはやらない。迷ったらあたらしい方を選ぶ。」という独創スタイルです。

猿田彦コーヒーの大塚朝之氏に影響を与えたその究極の「生きる実験」を語っています。

栂野眞二さんが語る生まれつきの運を、はやく見極めて、運を引き寄せろ

ジャズ 競輪 うどん インタビュー

JAZZKEIRIN(JAZZ KEIRIN)の栂野眞二さんの競輪に対する情熱や感覚をインタビューに残していましたので、紹介します。

栂野さん、店名にもありますが、競輪が大好きな方です。

そんな栂野さんに、ギャンブルって「運」に支配される要素、どれくらいあるんですか。
と質問した内容です。

栂野眞二さんは、

「 うーん、ヘタしたら運がすべてかもしれないな。すべては結果論なんですよ。データを揃えて当たるんだったら、そういう分析をするヤツが勝つんですよ。まあ、それで勝てる世界もあるんですよ。」

と回答していました。

彼の競輪に対する考えを簡単に説明すると、下記のように考えているようです。

例えば株式とかを大きな規模で動かしている世界はイレギュラー要素が少ないから、それを仕事にしている人も多いです。

イレギュラー要素が少ないということは、つまりオッズが変わらない。データの解析で競馬とか競輪で成功したヤツもいるんだけど、短期間ですよね。

その成功の影響でオッズが変わるんですよ。

そうすると解析が役に立たなくなったりもする。

それがギャンブルの面白いところですよね。ある統計があって、それで勝つヤツが出てくる。

その解析が広まって、それによってオッズが変わっちゃう。

 特に競輪の場合は、オッズを選手が知るんですよ。プレッシャーが選手にかかってくると、レースが変わってしまう。

そうしていくうちに、本来「穴」だったものが「穴」じゃなくなってくる。

競輪じゃなくてもなんでもいいんだけど、出目の解析で勝ったやつが出てくると、その解析が、次の展開に心理的に影響してくるんですよ。

彼の話の内容は、競輪の事だけでは無く、全てのギャンブルに統一して言える事でした。

自身の解析や成功経験でオッズが変わり、選手にもオッズに重みが伝わってしまうので競輪は面白いと語っています。

店主の栂野さんが極めたのは感性

ジャズ 競輪 うどん 極めたのは感性
店長の栂野(とがの)さんの好物である「ジャズ」「競輪」「うどん」を組み合わせたこのユニークな3点盛りのお店は、2003年の4月に開店して今年で丸16年です。

うどん店を始める以前は海外放浪をしたあとに、タワシの輸入業で成功をしたという特殊な経歴の持ち主です。

タワシ屋さんに続いて、うどん店も成功した独立心のある栂野さんです。

そんな栂野さんに、お店の成り立ちから経営哲学についてを前衛的なジャズが流れる店内です。

やはり普通の人の感覚とは違う感性を持っている事はわかります。

お店の成り立ちを教えていただけますか?

元々やっていたタワシの輸入業が成功して、ある程度お金があってマイナスになる恐怖がなかったんです。

開業のために借金をするのなら、もう少し商売になるものにしていたと思う。ダメだったらダメで、たとえ持ち金ゼロになってもこれまで培った貿易の実務でやり直せばいいわけだし。

もうやりたいようにやろうと。テレビで競輪流して、好きなジャズ流して、メニューも競輪の色で9色揃えてやりたいようにやっちゃったら、なんとなくなんとかなったんです。

と語っていました。

メニューは競輪の枠の色から取った9色の創作うどんが中心になっており競輪ファンにはテンションが上がる事で有名です。

店主が考案した独自の味付けのうどんは、グルメ雑誌で評価されるほどの逸品で、麺は茹でたて、揚げ物は揚げたてが基本だと言っています。

ちょうど僕が開店した後にうどんをテーマにした映画が公開されて、さぬきうどんブームが始まったんです。

たぶん開店した13年前はド素人で、たいしてうまいものは作れていなかったので、もしブームがなかったら飛んじゃってたかもしれない。ただ当初は映画で出てきた釜玉を食いたいお客さんがやたらめったら来ちゃってね。

今はそういういかにも讃岐うどんっぽいメニューはやめちゃいました。

季節メニューも含めると15種類以上!

ほとんどのうどんに色のついた名前がついています。

何でも店主が競輪大好きで車番の色からメニューが考えられているようです。

ちなみに店主がお店をオープンしたエピソードが面白かったんでご紹介させて頂きます。

本人の願望は、かっこいいJAZZが聞けて、競輪中継見ながら電投して、酒とつまみと深い話が出来る相手がいて、腹が減ったらそこそこ美味いいうどんが食える。

こんな店があったらいいなと思って作ったんですが、しばらくして気付きました。

おれ客になれねえじゃねえかと、この店最大の失敗はおれが客になれないことと語っています。

こんな店主の作るうどん興味ありますよね?

某グルメ雑誌のうどん店覆面調査で唯一カレーうどんで選ばれたお店です。

さらにカレーうどんだけで3種類あるんです。

雑誌で大絶賛されたココナッツミルクベースのカレーうどん「Cカレーうどん」です。

それでは、そのCカレーとはどんなカレーうどんなのでしょうか。

大人気のうどんは「Cカレー」と「桃雪」の2つ

ジャズ 競輪 うどん 「Cカレー」

その噂のCカレーうどんのご紹介です。

季節ごとに品目が変わる「ジャズ 競輪」で、年間を通して食べることができるのがこちらの2品あります。

どちらも独創的なうどんですが、まずは「Cカレーうどん」(900円)から紹介します。

ココナッツクリームをベースにしたカレー汁のうどんです。

トッピングされたとろけるチーズと、ほんのり甘くスパイシーな香りが鼻をくすぐり、食欲を刺激させられます。

店長自らが打ったというコシのある麺をすすってみると、程よく麺が汁と絡み合い、ココナッツベースならではのまろやかな辛さが舌に残ります。

カレー汁とはいえ最後の一滴まで飲み干せる、やさしさを感じる味わいを堪能できます。

もうひとつの好評メニューは華やかな桃色の「桃雪うどん」(850円)です。

ジャズ 競輪 うどん 「桃雪うどん」

山芋と明太子を合わせた桃色のトロトロな具が華やかな和風の一杯です。

ふわっとした山芋の食感と、明太子の辛さが口の中で交じり合い、するすると箸が進みます。

これは夏場、暑い時期にぴったりなうどんです。

トッピングに「ちくわの天ぷら」(160円)と「かしわの天ぷら」(260円)などもありますので、ぜひ一緒に頼むと良いでしょう。

「かしわの天ぷら」は揚げたてで、頬張ると柔らかい肉の間からジューシーな肉汁がじんわりでてきます。

ちなみに、このお店ではエビの天ぷらは出していません。

仮に出そうとすると養殖モノになるので、それなら出さないでおこうと決めたそうです。

その代わり、産地にこだわった鶏肉が食べられるという事になっています。

お店の所在地はどこ?

ジャズ 競輪 うどん 所在地
店名はジャズ 競輪(JAZZ KEIRIN)です。

住所:東京都世田谷区松原3-30-17 大和屋ビル1F
電話番号:03ー3325ー4916
営業時間:11:30~14:00、18:00~20:30(日曜日・祝日 18:00~20:15)
※夜は麺が売切れ次第終了。お店・麺の状況は、Twitterで随時更新中
定休日:木曜日
ウェブサイト:http://www.jazzkeirin.com/

夜は麺、出汁がなくなり次第閉店です
LOぎりぎりの場合は確認のお電話を

またお店に、うどん修行という項目はありました。

将来うどん屋または飲食店をやりたい方、やる気があれば年齢・性別・経験は問いません
本気ならば麺打ち・出汁・経営まですべて教えます。

電話または直接お店までご連絡下さい。詳しい内容をお教えします。
修行生は雇用するわけではありません。

やる気がある方には修行させてくれるようですね。

まとめ

ジャズ 競輪 うどん まとめ

今回は競輪好きの亭主がやっているジャズ 競輪という、うどん屋さんを紹介させて頂きました。

ビジネスには、誰よりも斬新な感性を持っており、たわしを世界に販売する仕事をしていたが、それを辞めてうどん屋を開業。

またそのうどん屋さんも独特な感性で世の中には無いうどんを提供しており、ジャズを聞きながら、競輪を見て、お腹空いたらうどんを食べれる最高のお店になっています。

こんな競輪好きには天国のようなお店に是非一度行ってみてはいかがでしょうか。

競輪がよく分からない方でも、うどんが凄く美味しいと評判なので、斬新なスタイルのうどんを食しに行くのもありだと思います。