本気の競輪TV!は一世を風靡した元競輪選手3人がレースを本気で解説する番組!

本気の競輪TV!は一世を風靡した元競輪選手3人がレースを本気で解説する番組!

UPDATE:2020.08.26
競輪コラム競輪マメ知識

「プロの解説者の予想や解説が見たい!」と思うことはありませんか?

そんなときには、Rakuten Kドリームスが制作する「本気の競輪TV!」がおすすめです。

本気の競輪TV!は、競輪界のレジェンドとも呼ばれる中野 浩一、競輪評論家の後閑 信一、競輪解説者の吉岡 稔真らが事細かに競輪の解説を行う番組です。

当記事では、そんな「本気の競輪TV!」がどんな番組なのか、出演者はどんな人物なのか、公開される予想は的中するのかを検証していきます。

本気の競輪TV!って?

本気の競輪TV!

Rakuten Kドリームスでは、 元競輪選手で現在スポーツコメンテーターの「中野 浩一」、元競輪選手で現在競輪評論家の「後閑 信一」、元競輪選手で現在競輪解説者の「吉岡 稔真」が出演する「本気の競輪TV!」を放送しています。

競輪界のレジェンド「中野 浩一」が出場選手に対してインタビューを行ったり、競輪を知り尽くした「BOSS」と呼ばれる「後閑 信一」や平成の競輪界を引っ張っていった「吉岡 稔真」が元競輪選手の観点からリアルな情報を余すことなく伝えてくれます。

車券予想や展開予想など、競輪予想に役立つこと間違いない情報が豊富なので、競輪ファンであればぜひ一度は見て欲しい番組です。

YouTubeで見れる

本気の競輪TV!

基本的に本気の競輪TV!はライブで配信されていますが、過去の動画の一部はYouTubeの「Rakuten kdreams」のチャンネルで見ることができます。

YouTube「Rakuten kdreams」はこちら

公開されている動画は3分程度の動画ばかりですが、出場選手に対するインタビューや後閑 信一の「レース徹底解剖」が見られるので、どのような番組なのか知ることもできるでしょう。

ですが、実は本気の競輪TV!のアーカイブ動画全てを見られるYouTubeチャンネルも存在していました。

それは、「Rakuten Kdreams Live」というチャンネルです。

YouTube「Rakuten Kdreams Live」はこちら

こちらのチャンネルはライブで放送していた動画を余すことなく公開しているので、「後閑 信一」や「吉岡 稔真」がどんな予想をしているのかも見ることができます。

長時間の動画が多く、長いものになると7時間を超えてしまいますが、無料で視聴できるので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

本気の競輪TV!の出演者

本気の競輪TV!には、「中野 浩一」、「後閑 信一」、「吉岡 稔真」などの元競輪選手で現在も競輪界で活躍している著名な方が出演しています。

競輪界のレジェンドとも呼ばれたりもしていましたが、実際にどのような選手かを知らないという方も多いのではないでしょうか?

そこで、こちらでは各出演者がどんな人物名なのか紹介していきます。

競輪界のレジェント!中野 浩一

本気の競輪TV!

中野 浩一は日本競輪学校第35期生の元競輪選手です。

競輪選手としてデビューしてすぐに18連勝を遂げ、伝説を残した競輪選手として知らない競輪ファンはいないと言っても過言ではない選手でしょう。

また、自転車世界選手権プロスプリント種目では、未だかつて誰も成し遂げていない10連覇という偉業を残し「世界のナカノ」と競輪ファンからは親しまれていました。

さらに、この偉業はギネスブックに載ってしまう程の偉業でした。

偉業を残したからといって、どれほど競輪界で活躍した選手なのか分かりませんよね。

そこで、下記に中野 浩一の通算成績を簡単に紹介します。

出走数:1,194回
優勝:158回
1着:633回
2着:216回
3着:100回
着外:218回
棄権:15回
失格:12回
勝率:53.0%
2連対率:71.1%
3連対率:79.4%

簡単に通算成績を見るだけでも1着の回数が非常に高く、かなりの確率で車券に絡む選手だったことが分かるでしょう。

競輪選手引退後の現在は日刊スポーツ専属の競輪評論家として活躍しながらも、公益社団法人JKA特別顧問、競輪解説者、スポーツコメンテーターとして、今でも競輪界に貢献を続けている方です。

本気の競輪TV!に出演する際にも、かつてレジェンドとも呼ばれた独自の観点からの解説は非常に勉強になる内容が多く、競輪の知識を深めるためにも聞いた方が良いかもしれません。

通称BOSSと呼ばれる後閑 信一

本気の競輪TV!

後閑 信一は通称「BOSS」と呼ばれる日本競輪学校第65期生の元競輪選手です。

非常に強面な外見でも有名ですが、競輪選手時代には生涯獲得賞金額が12億円を超えている競輪界を引っ張っていった選手の一人でした。

なぜ、後閑 信一が「BOSS」と呼ばれているのかというと、2007年6月に京王閣競輪場の実況アナである岩井憲一がレースに参加していた世界王者のテオ・ボスの「ボス」という名前をもじって、後閑 信一のことを「ジャパニーズ・ボス」と呼んだことから愛称が定着したようです。

また、競輪選手時代にはどのくらいの成績を残してきたのでしょうか?

下記に通算成績を簡単に紹介します。

出走数:2,158回
優勝:79回
1着:551回
2着:311回
3着:255回
着外:997回
棄権:25回
失格:23回
勝率:25.5%
2連対率:39.9%
3連対率:51.7%

通算成績を見ると、勝率はそこまで高くないものの、出走回数は2,158回と驚くような回数のレースに出場しています。

勝率はそこまで高くなくても生涯獲得賞金が12億を超えているのは、この出走数の高さが理由かもしれません。

2017年12月27日に突然の引退を表明し、ファンに惜しまれつつ引退していまいましたが、引退後は報知新聞社と契約を行い、スポーツ報知専属の競輪評論家として現在も活躍しています。

生涯獲得賞金16億超えの吉岡 稔真

本気の競輪TV!

吉岡 稔真は、日本競輪学校第65期生の元競輪選手です。

競輪選手時代には歴代3位となる生涯獲得賞金16億8,866万4,299円を獲得し、西の横綱として平成の競輪界を牽引したトップスター選手でした。

また、デビューしてわずか3年目で日本選手権競輪、競輪祭の特別競輪を制する実力を発揮していました。

そんな吉岡 稔真が現役時代どのような成績を残してきたのか、下記に通算成績を簡単に紹介します。

出走数:1279回
優勝:106回
1着:586回
2着:136回
3着:103回
着外:431回
棄権:15回
失格:10回
勝率:45.8%
2連対率:56.4%
3連対率:64.5%

通算成績を見ていくと、高い勝率を誇るなど競輪選手時代には大きな活躍をした選手だったいうことが分かるのではないでしょうか。

2006年のKEIRINグランプリ終了後、引退後の活動については未定としていましたが、2007年2月にスポーツニッポンの専属競輪評論家として活動を始めました。

また、SPEEDチャンネルでも専属の解説者としても活動したり、全国各地で講演会を開くなど、競輪の普及活動を積極的に行っています。

本気の競輪TV!の予想は当たるの?

ここまでで、本気の競輪TV!にはすごい元選手が出演していることが分かったとは思いますが、皆さんが一番気になるのは、本気の競輪TV!の予想が本当に車券予想に役立つのかという点ですよね。

そこで、過去のアーカイブ動画から公開されている予想が、どれほどのものか検証していきましょう。

2020年3月29日第4回ウィナーズカップGⅡ最終日の予想

まず、検証するのが2020年3月29日に福井競輪場で開催された第4回ウィナーズカップGⅡ最終日の動画です。

動画の前半では、競輪界のレジェント中野 浩一さんが出場する選手にインタビューを行っています。

インタビュー終了後、9Rの予想が公開されていたので見ていきましょう。

後閑 信一さんと吉岡 稔真さんの解説から導き出された買い目は下記の通りです。

2-1-3467:各200円
2-1-5:100円
2-3-全:100円
2-4-全:各100円

買い目は2番車の石井 貴子選手を軸としています。

このレースでは1番車の児玉 碧衣選手が競走得点57.54あり、本命とされていましたが、あえて人気選手を外しています。

それでは、結果を見ていきましょう。

結果は「1-2-5」となり、不的中です。

軸としていた石井 貴子選手は惜しくも2着となってしまいましたが、1着の児玉 碧衣選手との差はわずか1/2車輪だったので読みは間違ってなかったのかもしれませんね。

続いて、10Rの予想です。

10Rでは下記の買い目を公開していました。

5-3-1246:各300円
3-5-126:各500円
3-5-4:300円

10Rでは、3番車の郡司 浩平選手と5番車の諸橋 愛選手を本命と考えた予想です。

特に3番車の郡司 浩平選手は競走得点が「119.60」あり、このレースではもっとも期待されていた選手でした。

それでは、結果を見ていきましょう。

結果は「3-5-6」となり的中です。

11.9倍のオッズに500円を賭けていたので、見事に5,950円の払戻金を獲得しました。

軸を3番車の郡司 浩平選手と5番車の諸橋 愛選手にしていましたが、両選手も良いレース展開を見せてくれ、どちらが勝ってもおかしくないレースでした。

軸を2人の選手にしてしまったため、買い目点数が増えてしまっていますが、レース展開の読みはなかなかなものではないでしょうか。

まとめ

本気の競輪TV!

以上、当記事ではRakuten Kドリームスが制作する「本気の競輪TV!」について紹介しました。

本気の競輪TV!は、競輪界のレジェンド「中野 浩一」による選手インタビューや競輪を知り尽くした「BOSS」と呼ばれる「後閑 信一」、平成の競輪界を引っ張っていった「吉岡 稔真」が独自の観点からレースに対して解説してくれる番組です。

出演している3人は、かつて競輪界で活躍してきた選手なので、元競輪選手として一般的な競輪ファンとは違った観点からレースの解説をしてくれます。

また、実際に解説されている予想の精度がどの程度のものなのかを検証してみましたが、2レース中1レースの的中という結果になりました。

的中率は50%でしたがレース展開予想は鋭いもので、上位に食い込む選手を見事に的中させています。

そのため、本気の競輪TV!で公開されている買い目をそのまま購入するのも良いかもしれませんが、車券の軸選びに非常に役立つ解説ということがわかりました。

大きなレースでは本気の競輪TV!が放送されるので、予想の参考材料の一つとして利用してみてはいかがでしょうか?