ガールズケイリンに退学した人はいるの?実例などを紹介

ガールズケイリンに退学した人はいるの?実例などを紹介

UPDATE:2020.08.26
競輪コラム競輪マメ知識

女子競輪は1964年に人気の低さから廃止されて以降、長い間競輪界の黒歴史とされてきました。そんな中、2012年よりガールズケイリンという名称で復活したことを皆さんは御存知でしょうか。

競輪業界としては、女子競輪にガールズケイリンと名付けたり、「顔より太もも」というキャッチフレーズのもと、選手がカフェで接客をするガールズケイリンカフェを開催するなど、男性人気を獲得するための努力をしています。

最近では有名女優でモデルの久保りささんを起用したテレビCM、競輪「けいりんマルシェ」も有名ですよね。

今回の記事では、そんな男性人気を獲得するために話題となっているガールズケイリンで、実際に起きた退学事件や八百長疑惑について紹介していきます。

ガールズケイリン選手になるには?

日本競輪選手養成所

女子競輪選手になるためには、日本競輪選手養成所に必ず入所しなければなりません。

競輪選手になるための資格検定の要項の中に、養成所に入ることは言及されていないため、実際には養成所を経由することなく競輪選手になることは可能とされています。

ですが、実際に養成所に入学することなく資格検定を合格した人はいないので、日本競輪選手養成所に入ることが暗黙のルールとなっています。

その中には、資格検定を合格しただけの、素性が分からない選手を走らせることを避けるという理由も含まれていることでしょう。

競輪は公営ギャンブルですので、競輪学校も選手をただ脚の早い選手にすれば良いというわけにもいかず、ギャンブルの対象とできるプロ選手にする必要があります。

そのため、日本競輪選手養成所ではアメリカ海軍ネイビーシールズ並の厳しさで養成訓練が行われると言われており、その厳しい訓練の中で退学する事例もあるようです。

募集要項

養成所へ入所するには、年に1度ある試験を受けて合格する必要があります。

その際の規程には、法律で一定以上罰せられていたり、反社会勢力との関係があるとみなされると、応募資格を取り消されると明記されています。

イ.禁錮(こ)以上の刑に処せられた者。
ウ.自転車競技法、小型自動車競走法、競馬法、日本中央競馬会法又はモーターボート競走 法の規定に違反して罰金以上の刑に処せられた者。
オ.反社会的勢力との関係が疑われる者。
サ.タトゥー、入れ墨、アートメイクその他の身体に直接施術された物によって医療検査を受けられない可能性のある者。

出典元:日本競輪選手養成所第122回(女子)選手候補生入所試験募集要項

ガールズケイリンで退学となった2人の選手

ガールズケイリン

プロ競輪選手として認められるには、日本競輪選手養成所を卒業する必要があるため、ガールズケイリンの選手が退学となる、というのは文字的に変なのですが、ガールズケイリン候補生で養成所を退学になったケースをご紹介したいと思います。

三沢杏奈

三沢さん(静岡県出身)は、2016年に旧・日本競輪学校(現在の日本競輪選手養成所)でゴールデンキャップを獲得したガールズケイリンの候補生でした。

ゴールデンキャップとは、試走記録会などでスピード、持久力共で特に優れている必要があり、受賞者は毎年必ず選ばれるものではありません。

実際、三沢さんは第112回生ですが、その前の方は第106回生の方ですので、ゴールデンキャップを獲得した三沢さんはとても優れた候補生であったといえます。

そんな三沢さんのプロフィールをご紹介します。

  • 氏名:三沢杏奈(みさわあんな)
  • 生年月日:1990年1月10日
  • 登録予定地:静岡県
  • 最終学歴:私立常葉学園大学卒業
  • 主な運動歴:2012年国際一輪車競技大会100M優勝・タイヤ乗り30M優勝、フルマラソン女子総合優勝

国際一輪車競技大会100mの部門での優勝経験があるなど、経歴をみるだけでも三沢さんの優秀さがうかがえますね。

では一体なぜ日本競輪学校を退学になってしまったのでしょうか。

三沢さんの退学に関する情報は、インターネットにも公表されていませんでした。退学ではなく日本競輪学校にいたということを抹消される除籍処分であるという噂も散見されます。

そんな三沢さんですが、現在は超人プロと言われる一芸に秀でたパフォーマーのマネジメントをしている事務所に所属しているようです。

そちらのホームページにも日本競輪学校にいた経歴は掲載されていないので、なにか学校側からの圧力がかかっているのかもしれませんね。

テレビや雑誌などでの掲載歴もあるので、今後はパフォーマーとして活躍されるのでしょうか。

岸谷実樹

岸谷さんは、三沢さんと同じ第112回生として日本競輪学校の入学試験に合格している方です。

岸谷さんが退学したというきちんとした情報はないのですが、ガールズケイリン選手として活動した記録が無いため、日本競輪学校を退学したと推測されます。

大型ネット掲示板に掲載されている退学の理由としては、学科試験で落ちたのか、校則違反があった(男子生徒との文通)のではないかと噂されています。

他にも退学された方はいると思われますが、養成所で人気を博しているケースだったり、ニュースになったケースを除いては、世間の目にさらされることがないようです。

ガールズケイリンの八百長問題

ガールズケイリン 八百長

2018年、ガールズケイリンの大久保花梨選手が久留米競輪場で、無許可の携帯電話を所持したという違反行為で契約を解除されました。

実際には携帯電話は通信契約を解除されており、音楽プレイヤーとしてのみ使用されていたそうですが、競輪界のルールとして通信会社との契約有無に限らず、持ち込みそのものが禁止されているということで契約の解除に至ったとされています。

個人的には通信することができないのであれば厳重注意程度で良いのでは、と思ってしまいますが、競輪業界としては八百長疑惑を完全に払拭したいのでしょうね。

競輪では八百長が日常茶飯事と言われることもあり、その理由は人間がレースを行うというところにあります。八百長が実際には無い場合でも、人気選手が負けて自分の購入した車券が紙くずとなってしまった時の言い訳として、八百長があったのではと言う人も多いようです。

ただし、競輪ではラインと呼ばれるチームを組んでレースに出場することが、競輪ファンの皆さんにとっては御存知かと思います。

これは、複数人が協力して風よけなどをしてレースを有利に進める戦略を指していますが、それだけ横のつながりがあると八百長を実際に行なったりするケースも少なくないのでしょうか。

例えばそのレースで優勝が決まる場合や、級班の上下が関わっている場合、不自然に見えてしまう選手の動きも少なからずあるようです。選手も競輪で生計を立てているわけですから、昇級降級に関して必死になることは理解できます。

出身や先輩後輩、仲の良さなどで選手同士が自由にラインを組めることを禁止すれば、不正も多少はなくなるのではないでしょうか。

現にガールズケイリンではライン制度を廃止しており、個人戦としての競技になっています。

車券を購入する際は、そういった男子・女子といったことも考慮することで車券の当選率を上げることが可能かもしれませんね。

まとめ

今回は、2012年に復活したガールズケイリンで退学した人の紹介と、八百長問題などについて書きました。

競輪は数あるギャンブルの中でも八百長が起きやすいギャンブルと言われていることも頷ける内容だったのではないでしょうか。

こういった認識を変えて他の公営ギャンブルと肩を並べるため、競輪のクリーン化を目指していくためにもガールズケイリンでの退学などという厳しい処分や、八百長疑惑に対する厳しい処分が行われているようですね。

ただ実際に八百長と認定するのが難しかったり(携帯電話などの物的証拠がある場合は処罰されていますが)、人間同士の横のつながりで選手同士が助け合う例は実際にあるようですので投票する皆さんはその点も考慮して車券を購入してみてはいかがでしょうか。