先頭に戻る
ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)の予想!浅井康太による地元タイトルの死守なるか!

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)の予想!浅井康太による地元タイトルの死守なるか!

UPDATE:2021.03.30
レース記事競輪コラム

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)は、四日市競輪場で開催されるナイター競輪のG3競走です。

地方競馬やボートレース(競艇)に対して、ナイター戦略において出遅れていた競輪ですが、近年少しずつナイター開催でのビッグレースが増えてきました。ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)もまた、そのひとつです。

本記事では、まだ若い競走であるベイサイドナイトドリームの魅力を解説するとともに、予想にとって重要な情報をバンク情報、選手情報の詳細を交えてお伝えしていきます。

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)の詳細情報

第1回開催となったベイサイドナイトドリーム2019(四日市競輪G3)は、ゴールライン手前で4車がほぼ並ぶ大激戦となりました。しかし、最後は大外から伸びた茨城の山岸佳太選手が栄冠を奪取。黄金世代107期の一角として、すばらしい脚力を見せました。

山岸佳太選手は、1989年11月生まれです。ベイサイドナイトドリーム2019(四日市競輪G3)の開催時は29歳でした。現在は31歳になっていますが、残念ながら今回のベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)には出場しません。

ディフェンディングチャンピオン不在の一戦になりますが、S級S班が4名ずらりとそろった豪華メンバーです。間違いなく熱戦が繰り広げられる開催になるでしょう。

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)の開催期間

2021年4月3日(土)~4月6日(火)

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)の出場選手

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)の出場選手

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)に出場する選手の一覧です。先述のとおりにS級S班4名が出てくるほか、近走が好調な選手が数多く名を連ねており、非常に高いレベルでの戦いが期待されます。

準決勝や決勝への進出が有力視される注目選手については、さらに後段にて解説しますので、あわせてご覧ください。

級班 地区 選手名 期別
SS 北日本 守澤 太志 96
SS 関東 平原 康多 87
SS 南関東 和田 健太郎 87
SS 中国 松浦 悠士 98
S1 北日本 菊地 圭尚 89
S1 北日本 小松崎 大地 99
S1 関東 諸橋 愛 79
S1 南関東 根田 空史 94
S1 南関東 深谷 知広 96
S1 南関東 渡邉 雄太 105
S1 中部 高橋 和也 91
S1 中部 吉村 和之 80
S1 中部 不破 将登 94
S1 中部 浅井 康太 90
S1 中部 柴崎 淳 91
S1 中部 皿屋 豊 111
S1 近畿 鷲田 佳史 88
S1 近畿 三谷 竜生 101
S1 近畿 中西 大 107
S1 近畿 松村 友和 88
S1 近畿 稲川 翔 90
S1 近畿 澤田 義和 69
S1 中国 西岡 拓朗 97
S1 四国 香川 雄介 76
S1 四国 原田 研太朗 98
S1 九州 野田 源一 81
S1 九州 吉本 卓仁 89
S2 北日本 野木 義規 72
S2 北日本 山田 敦也 88
S2 北日本 棟方 次郎 73
S2 北日本 泉 慶輔 99
S2 北日本 橋本 智昭 99
S2 北日本 岡部 芳幸 66
S2 北日本 中田 雄喜 97
S2 関東 木村 貴宏 80
S2 関東 杉本 正隆 96
S2 関東 山信田 学 83
S2 関東 阿部 大樹 94
S2 関東 高橋 築 109
S2 関東 磯川 勝裕 113
S2 関東 鈴木 庸之 92
S2 南関東 藤田 大輔 91
S2 南関東 大西 健士 88
S2 南関東 石塚 孝幸 89
S2 南関東 菅原 大也 107
S2 南関東 鈴木 陸来 117
S2 中部 加藤 寛治 83
S2 中部 大谷 靖茂 93
S2 中部 松尾 淳 77
S2 中部 舛井 幹雄 71
S2 中部 鈴木 幸紀 78
S2 中部 三宅 裕武 88
S2 中部 上田 国広 89
S2 中部 伊藤 稔真 111
S2 近畿 渡辺 航平 79
S2 近畿 佐藤 成人 71
S2 近畿 小林 史也 107
S2 近畿 伊藤 成紀 90
S2 近畿 福永 大智 113
S2 近畿 中村 一将 86
S2 中国 友定 祐己 82
S2 中国 多田 晃紀 103
S2 中国 晝田 宗一郎 115
S2 中国 郡 英治 68
S2 中国 吉本 哲郎 84
S2 四国 福島 武士 96
S2 四国 伊藤 大彦 89
S2 四国 吉松 直人 90
S2 四国 小原 周祐 99
S2 四国 渓 飛雄馬 86
S2 四国 野村 典嗣 109
S2 九州 中村 良二 81
S2 九州 山口 貴嗣 82
S2 九州 坂本 亮馬 90
S2 九州 桑原 亮 91
S2 九州 樫山 恭柄 92
S2 九州 林 大悟 09
S2 九州 塚本 大樹 96
S2 九州 東矢 昇太 98
S2 九州 嘉永 泰斗 113

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)のアクセスと新型コロナウイルス対策

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)のアクセスと新型コロナウイルス対策

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)は、三重県四日市市にある四日市競輪場で開催されます。

昨年の四日市競輪場の記念競輪である泗水杯争奪戦2020(四日市競輪G3)の時と同様、2021年3月末現在も新型コロナウイルス(COVID-19)の流行が続いています。

したがって、四日市競輪場においても感染拡大を防止する数々の取り組みが続いているため、本場へ来場される方は積極的に協力し、悪疫の流行を防いでいきましょう。

参考記事:四日市競輪場ご来場の注意事項 – 四日市競輪

入場時の注意事項 ・入場は南入場門のみとなり、北入場門は閉鎖されます。
・入場時および場内ではマスクの着用が義務づけられています。
・非接触型体温計による検温が実施されます。体温が37.5度の場合、また明らかな体調不良がある場合は入場できません。
・手指の消毒が義務化されています。
・新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者、陽性者と濃厚接触があった人、過去14日以内に政府から入国制限を受けた人、入国後の観察期間が必要な国や地域の在住者と濃厚接触があった人は、いずれも入場できません。
本場内の注意事項 ・ソーシャルディスタンスを意識して、お互いに距離を取りましょう。
・場内での大声や叫び声は控えて、感染防止に協力しましょう。
・一部の施設が閉鎖されています。
・間隔の確保のため、減席措置が実施されています。
・場内の混雑が予想される場合は、必要に応じて入場制限が実施されます。
・選手の入り待ち、出待ち、プレゼントの受け渡しなどは禁止されています。
・S級決勝戦およびガールズ決勝戦の表彰式は、感染拡大防止の観点から見送りが決定しています。

四日市競輪場の住所・電話番号

住所 三重県四日市市大字羽津甲5163
電話番号 059-331-3457

四日市競輪場への電車&無料バスでのアクセス

四日市競輪場への電車&無料バスでのアクセス

四日市競輪場の最寄り駅は、近鉄四日市駅またはJR四日市駅です。2つの駅からは、それぞれ無料送迎バス(ファンバス)が運行しています。また、この無料送迎バスは近鉄四日市駅発、JR四日市駅経由の四日市競輪場行きが往路、その逆が復路なので、行き先の違いはありません。

近鉄四日市のバスのりばは、駅前から少しだけ離れています。近鉄四日市駅南出口から高架下の中央通りの横断歩道を渡りましょう。そこにあるファミリーマートを目印に南へ約20m進むと、競輪場行き専用バス乗り場があります。番号は8番乗り場です。

往路(出発地:近鉄四日市駅発時刻) 往路(経由地:JR四日市駅発時刻)
9:40 9:45
10:30 10:35
11:30 11:35
14:00 14:30 14:05 14:35
15:00 15:05
16:00 16:05
17:00 17:05
18:00 18:30 18:05 18:35

 

復路(出発地:四日市競輪場発時刻)
11:00
12:00
14:30
15:00 15:30
16:30
17:30
18:30
19:00
19:40
最終レース終了後

四日市競輪場への自動車でのアクセス

四日市競輪場への自動車でのアクセス

四日市競輪場の最寄りインターチェンジは、東名阪自動車道の四日市東ICです。料金所を出て最初の信号を右折し、上海老茂福線を国道1号線・23号線方面に向かいましょう。国道23号線との交差点(立体交差)まで来たら、右折します。

しばらく進むと、国道23号線沿い進行方向の左側に四日市競輪場が見えてきます。無料駐車場が約1,600台ぶん用意されているので、こちらを利用しましょう。

また、立地的に走行できる場合は、伊勢湾岸自動車道の「みえ川越IC」からのアクセスのほうが近いです。料金所を出たら、国道23号線を四日市方面に約5kmほど進みましょう。進行方向の左側に、四日市競輪場が見えてきます。

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)のレース展望(同時開催ガールズケイリンのレース展望つき)

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)のレース展望(同時開催ガールズケイリンのレース展望つき)

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)のレース展望について、競輪総合サイトのKドリームスが詳細な内容を掲載しています。内容を引用して、本開催の勢力図を把握していきましょう。

輪界を代表する自力型の競演

昨年はオールスター、ウィナーズカップのビッグレース2つを含み6Vを達成するなど、素晴らしい成績を残した松浦悠士。今年も快調なペースで飛ばしていて、全日本選抜では1324着と危なげなく決勝に乗っているし、G3は5場所に参戦して3V、準V1回と圧倒的な存在感を示している。仕掛けどころを逃がすことがないので、ほとんど取りこぼしがない。今シリーズは強豪がそろったが、連の軸として最も信頼できる存在だろう。

平原康多も今年は年頭から力強い走りを披露している。いきなり1月立川記念、同月大宮記念を連覇すると、全日本選抜は1438着。初日特選を制しているし、決勝は車体故障を起こして最後は失速したが、深谷知広率いる南関勢に襲い掛かった脚勢は悪くなかった。更に3月大垣記念2111着では早くも今年3つ目の記念をゲット。今の調子なら主役を演じる可能性は大いにある。諸橋愛、鈴木庸之の新潟コンビが平原と連係しよう。諸橋は全日本選抜では2635着と決勝に進出。初日特選では平原とワンツーを決めている。

地元勢も戦力は充実している。浅井康太、柴崎淳、皿屋豊なら申し分ない。全日本選抜5644着はやや動きが重かった浅井だが、3月大垣記念は311失着。決勝は無念の失格を喫したものの、浅井らしい軽快なスピードが甦っていた。柴崎はまだ好調とは言えないものの、全日本選抜は惜しくも準決4着、3月大垣記念は決勝進出していて戦える状態にはある。好連係を決めれば地元勢から優勝者が出てもおかしくない。

昨年のグランプリチャンプである和田健太郎も順調に来ている。まだ優勝には手が届いていないものの、全日本選抜で準V、1月岸和田記念in和歌山、3月玉野記念in広島はともに決勝3着。現在の獲得賞金ランキング第3位で、2年連続のグランプリ出場に向けて視界は良好だ。深谷、根田空史と南関の自力型がそろっているのも和田には心強い。深谷とは全日本選抜の準決で連係していて、逃げ切った深谷を和田が好マークしてワンツーを決めている。深谷は逃げ切った準決の上がりタイムが11秒2と素晴らしかったし、決勝は南関ラインの先頭で主導権を握り、郡司浩の地元Vに大きく貢献している。強豪ぞろいの今シリーズでも自力攻撃の破壊力は十分に通用する。好スパートを決めれば勝ち負けに持ち込めよう。

もう一人のSS班・守澤太志も今年は3月大垣記念まで4場所に参戦しオール優参。全日本選抜の決勝では、そつのない走りで3着に入っている。小松崎大地とは1月岸和田記念in和歌山の準決で連係していて、力強い脚勢で前団を飲み込んだ小松崎を守澤がゴール前で鋭く差し切り連独占を果たしている。

出典:レース展望・推奨選手情報 – Kドリームス

やはりS級S班の好調さが目立つためか、彼らを中心に戦力分析が行われています。あとは四日市の開催ということで、地元の中部地区、ひいては三重支部の選手たちにもフォーカスが当たっているといえるでしょう。

浅井康太選手、柴崎淳選手、皿屋豊選手とそろっているのであれば、S級S班と互せるという見立ては決して誤っていないはずです。

また、南関東の和田健太郎選手を中心に、深谷知広選手、根田空史選手と自力型がそろっているのは間違いなく強みでしょう。中国の松浦悠士選手、関東の平原康多選手と自力も使える金看板がいる他地区勢に対し、存分に対抗できる戦力を整えています。

これらの選手の中から、よりクローズアップして確かめたい選手は、さらに後ほど見ていきましょう。

本開催では、同時にガールズケイリンも催されます。特別な冠がついたレースではありませんが、夜の四日市バンクを華やかに駆け抜けてくれるでしょう。ガールズケイリンの展望についてもアップされていたので、同じく引用してみます。

混戦を石井寛子が制す

4日制ナイターG3開催で行われるガールズ戦。3月宇都宮での競技支援競輪でのガールズ戦に続き、石井寛子が主役の座は渡さない。卓越したダッシュ力で初手から好位に位置しての前々勝負と、自分のレースを確立している石井。ここも流れに乗っていっての一撃を決める。

小林莉子、細田愛未が石井を脅かす。小林は19年6月当所での「ベイサイドナイトクイーン」の覇者。代名詞の勝負強さはもちろん今も健在だ。今年に入ってからの戦績も安定しており、自力も視野に入れた攻めでV争いを演じる。細田は機動力の高さを生かせれば。航続距離は長くないが、その爆発力は年末年始にかけての4連覇で実証済みだ。10月和歌山での初優勝から好走続きと伸び盛りの永禮美瑠も自力自在な攻めで一発十分。自信を付けた南円佳にも注。

出典:レース展望・推奨選手情報 – Kドリームス

石井寛子選手が中心視されるものの、小林莉子選手や細田愛未選手といった優勝に手が届くであろう脚力の持ち主の名前が挙がっています。

また、意外なところでは永禮美瑠選手や南円佳選手の名前もピックアップされているので、予選競走から注目していると、意外な好配当が得られるかもしれません。

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)が行われる四日市競輪場の特徴

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)が行われる四日市競輪場の特徴

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)が開催される四日市競輪場は、周長400mのバンクです。みなし直線が62.4メートルと、400mバンクの中では長い距離を有しているため、まくりや差し追い込みが決まりやすい環境です。

海に近いために風の影響が強い点も特徴的で、季節で風の方向性が変わりやすい点に注意しましょう。

今回のベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)が実施される春は、夏や冬ほど風の傾向が定まっていないため、どのラインにとって恩恵を与える風になるかが焦点です。風を考慮しすぎても予想の悪影響ですが、まるで考慮しないと思わぬ好配当を逃すため、適度に注目したほうがいいでしょう。

全体的にまくりが決まりやすい傾向があることから、予想の組み立てはそこを考慮して行うことをおすすめします。反面、まくり有利が一般的な解釈として流布しているため、逃げラインの粘りによる高めの配当が生まれやすい点も注目に値します。

本サイトでは、四日市競輪場を特集した記事を公開しています。本記事とあわせてお読みいただくことで、ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)の確かな攻略がぐっと近づくでしょう。

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)の予想で重要な選手紹介

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)の予想で重要な選手紹介

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)で予想に寄与するであろう選手たちについて、今回は3つの基準を設けて2名ずつ紹介します。すなわち、S級S班4名のうちの2名、S級S班を除く競走得点上位者から2名、近走好調で優勝回数が多い選手から2名の構成です。

これらは良実績、高実力、絶好調という要素をそれぞれ有しているため、本開催でも間違いなくすばらしい走りをしてくれることが期待できます。

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)の主役はもちろん平原康多と松浦悠士

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)の主役はもちろん平原康多と松浦悠士/平原康多

埼玉の平原康多選手について、もはや改めての解説は必要ないでしょう。堂々たるS級S班、これぞ競輪選手という理想がつまった最高の選手です。スピード競輪にも対応できるし、タテの動きもヨコの動きも超一流で、今年こそ初のグランプリ制覇へ燃えています。

年明けから都合3度の記念競輪制覇で、好調は続いています。うち1勝は前々節の水都大垣杯2021(大垣競輪G3)でしたが、こちらは2着入線も1着入線の浅井康太選手が失格となったことでの繰り上がり優勝です。

しかし、前節のウィナーズカップ2021(松阪競輪G2)では、最終日に今度は平原康多選手が押圧による落車をさせてしまったとして、失格になってしまいました。禍福は糾える縄の如しというべきでしょうか。

それでも、平原康多選手の好調が簡単に止まるとは思えません。ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)でも引き続き注目です。

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)の主役はもちろん平原康多と松浦悠士/松浦悠士

同じく好調を持続させているのが、広島の松浦悠士選手です。平原康多選手と同じく、すでに今年3つの記念競輪を制しています。うち1つは主催こそ違えど、開催地が地元バンクだった瀬戸の王子杯争奪戦in広島(玉野競輪G3)でした。

前節もまたビッグレースで、ウィナーズカップ2021(松阪競輪G2)に登場。決勝まで勝ち進み、山口の清水裕友選手と人気を分け合うラインを組みました。結果的に積極的に踏んでBを取り、3着に粘り込んでいます。優勝したのは番手の清水裕友選手だったので、勝負もしつつラインから優勝者を出す、最高の結果だったといえるでしょう。

今後はこのベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)、大楠賞争奪戦2021(武雄競輪G3)、そして日本選手権2021(京王閣競輪G1)へと駒を進める予定です。いずれの開催でも優勝候補になるのは間違いなく、各レースで興奮を提供してくれるでしょう。

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)で深谷知広と浅井康太への注目は必須

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)で深谷知広と浅井康太への注目は必須/深谷知広

S級S班の2人の次は、SS以外で競走得点が高い選手の中から2名を見ていきます。そうなると、やはり残ったのは実績もあって、近走でも好調な実力者でした。

1人は静岡の深谷知広選手です。ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)では、S級S班の4名を除くと、最も高い競走得点を保持しています。充分にその資格を持っている選手である証左といえるでしょう

年明けからは3つの開催をこなしましたが、自力型の本懐といった着順が続いています。全部で12回走って、順番に3着2着2着9着、3着9着1着9着、2着2着3着9着。いずれもグレードレースであり、深谷選手が引っ張ったラインから優勝者が出たケースもあるため、勝利へと導く立役者になっています。

前節のウィナーズカップ2021(松阪競輪G2)では、準決勝までBを取る積極的な競輪。それでいて自身も勝ち上がるのですから、さすがの脚力でした。

しかし、決勝では8番手から動けずに失速。深谷選手のダメなときの競走が出てしまった形です。

それでも、強い反省を胸に、今節に臨むことでしょう。かつての仲間である中部勢と戦い、南関東に勝利を持ち帰られるかどうかという観点からも、見どころ充分の存在です。

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)で深谷知広と浅井康太への注目は必須/浅井康太

もう1人は、KEIRINグランプリを2度制している絶対的な存在にして、地元三重の至宝である浅井康太選手です。競走得点は今節の第6位。深谷知広選手に0.03点差及ばない程度なので、さすがにS級S班経験者の力を感じさせてくれます。

水都大垣杯2021(大垣競輪G3)では見事な走りを見せ、決勝でも1着で入線しましたが、残念ながら落車を誘発したとして失格処分になってしまいました。ウィナーズカップ2021(松阪競輪G2)でも良い戦いを見せましたが、2着2着6着2着で勝ち星はなく、準決勝敗退という結果です。

ただ、まるで戦えていないわけではなく、いろいろとツキがない形での取りこぼしという印象が強い現状です。

今回は地元バンクでの戦いということもありますし、先の項目で引用したレース展望の内容どおりに、中部地区、ひいては三重支部もずらりと強いところをそろえてきました。地元でこのナイターの栄冠を勝ち取るためにも、快走が期待されます。

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)において橋本智昭と福永大智が気になるワケ

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)において橋本智昭と福永大智が気になるワケ/橋本智昭

宮城の橋本智昭選手が、今回絶好調の選手として注目したい存在です。背筋力が285.0kgもある抜群のパワーで、38歳の今も自力型として戦い続けています。

2020年12月から2021年月にかけて3つの開催で9連勝を達成し、一度はA級1班に落ちていたものの、見事にS級2班に特別昇級で返り咲きました。

特昇後は15回走ったのですが、なんと14回でBを取っているすさまじい積極性を見せています。ラインへの貢献は底知れませんし、自身も2着や3着に残っているうえ、2回は逃げ切っての1着をもぎ取っています。

記念競輪の制覇歴は1度もありませんが、ここまで好調だとさすがに気になるところ。通算200勝を達成しているようなベテランながら、評価が低いようであれば、車券へ組み込むことで良い配当が狙えるかもしれません。

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)において橋本智昭と福永大智が気になるワケ/福永大智

「なにわの新星」として期待されているのが、まだ22歳の福永大智選手です。なにわから連想されるとおりに大阪支部の所属で、2019年3月にA級2班へ特別昇班し、その後はコツコツと勝ちを積み重ねてS級2班まで上ってきました。

4節前の名輪会C第30回中井光雄記念杯(向日町競輪F1)では1着1着1着の完全Vを達成。予選と準決勝ではBをとっており、まさに完璧な戦いでした。

2節前には水都大垣杯2021(大垣競輪G3)に参戦し、残念ながら一次予選で敗れたものの、3日目と最終日には連続して1着を勝ち取っています。また、4日間ともBを記録しており、調子の良さが積極性に表れているといえるでしょう。

まだまだ記念競輪を制覇するには早いかもしれませんが、福永大智選手が率いるラインも含めて、期待度が高いことは事実です。積極性のあるレースからの波乱の演出に期待しましょう。

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)のまとめ

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)のまとめ

ベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)は、JKAが少しずつ規約を変えることで増やしつつあるナイター開催のグレードレースのひとつです。現状では年間の開催数が限られていますが、今後も収益面での良化が見られれば、ますます増えてくるでしょう。

ナイター分野では、高知競馬の躍進やボートレースの売上上昇を持ち出すまでもなく、競輪自体を救ったミッドナイト競輪が最高の例です。ナイター競輪も含めて、開催できている場所では非常に良い実入りになっており、今回の開催も良い売上が期待できます。

売上があるということは、選手への還元も大きくなるということです。S級S班が4名集った今回のベイサイドナイトドリーム2021(四日市競輪G3)は熱戦が繰り広げられることでしょう。

大声を出しての声援を自重すべき現状、ぜひとも車券を手に、じっと祈るように選手たちの活躍を願いたいものです。それは男子の競輪であってもガールズケイリンでも変わりありません。