競輪予想に役立つ本を9冊ご紹介!基礎知識から予想のノウハウまで盛りだくさん!

競輪予想に役立つ本を9冊ご紹介!基礎知識から予想のノウハウまで盛りだくさん!

UPDATE:2020.09.07
競輪コラム競輪予想の参考に

競輪予想に本を活用した事がありますか?競輪予想をしていて、的中率を良くして、回収率を上げ、ギャンブルとして勝っていきたいのは誰もが思いますよね。

そんな時に競輪予想本が役立つ事があります。競輪予想本には競輪予想に必要な基礎知識から、著者の独自の観点から編み出した競輪予想のノウハウを公開する本もあります。

また、競輪初心者でも知識を付けていけるマンガの存在もあります。

そこで、今回の記事では競輪予想に役立つ本やマンガについてご紹介していきます。

競輪予想の本とは

ギャンブルの終着駅とも呼ばれる競輪ですが、競輪予想のノウハウを紹介する本や、競輪を題材としたマンガなど沢山あります。

あまり読んだ事のある方は少ないのかもしれませんが、中には予想に役立つ情報や競輪予想の基礎知識を付けていく事ができるでしょう。

競輪予想本を読む事によって新たな予想の方法が見つかるかもしれません。

オススメの競輪予想本を紹介

では、競輪予想のノウハウなどを紹介している、いわる競輪予想本を紹介していきます。

あまり評価の高くない本もありますが、気になる本があれば一度読んでみてはいかがでしょうか?

出目車券バビロンの法則―理屈ではとれない車券をズバズバ取る!

競輪 予想 本 出目車券バビロンの法則―理屈ではとれない車券をズバズバ取る!

1つ目に紹介するのは「出目車券バビロンの法則―理屈ではとれない車券をズバズバ取る!」という競輪予想本です。

こちらの本では、著者が独自に研究を重ねて編み出した「バビロンの法則」という予想方法を解説しています。一般的な予想方法とは異なり、理屈では考えられないような方法なので、気になる方はご覧ください。

これで競輪のすべてがわかる―競輪はKEIRINに変わった

競輪 予想 本 これで競輪のすべてがわかる―競輪はKEIRINに変わった
次に紹介するのは、「これで競輪のすべてがわかる―競輪はKEIRINに変わった 」という予想本です。

予想本でありながらも、初心者にもわかりやすく、以下のような内容で書かれています。

  1. 競輪競技とは
  2. レースの種類とバンク
  3. レースの主役は選手だ
  4. さあ、車券を買おう!

「予想方法を知りたい!」という方だけではなく、競輪の基礎知識を身に着けたい方にもおすすめの1冊です。

ケイリン468番手勝負

競輪 予想 本 ケイリン468番手勝負

3冊目に紹介するのは「ケイリン468番手勝負」という競輪予想本です。

この「ケイリン468番手勝負」は、カリスマ予想家としても競輪ファンから有名な浦田大輔さんが独創的な競輪に勝つ予想方法を公開しています。

浦田大輔さんの予想方法は独特なもので、「3連単4・6・8中抜け14点狙い」という買い方もあります。

競輪文化

競輪 予想 本 競輪文化

4冊目に紹介するのは「競輪文化」という本です。

「競輪文化」という本は、競輪予想に関する内容ではなく、競輪は今までにどのような歴史を歩んでいたのかが分かる1冊となっています。

戦後から公営競技として始まった競輪は、これまでにどのような経緯があったのかが気になる方はご覧になってみてください。

負けない競輪

競輪 予想 本 負けない競輪

5冊目に紹介する競輪予想本は「負けない競輪」という三原永晃さんが綴った競輪予想本です。

「負けない競輪」は、本のタイトルにもなっているように「負けない」ことを重点に置いた内容が書かれています。

また、買い目点数も7点~14点程度に絞る方法なども書かれているので、軸選びに悩みやすいという方にはおすすめです。

競輪3連単抜け目車券―夢の勝ち逃げ大当たり!

競輪 予想 本 競輪3連単抜け目車券―夢の勝ち逃げ大当たり!
6冊目に紹介する本は「競輪3連単抜け目車券―夢の勝ち逃げ大当たり!」というサンケイブックスから出版された本です。

3連単は高配当が狙うので当てたいと思うかもしれませんが、中々当たらないのが現実ですよね。そこで、「競輪3連単抜け目車券―夢の勝ち逃げ大当たり!」では、504通りある三連単から車番を選ぶ方法について解説しています。

競輪選手心理をヨミとる極意―競輪ファンが一番知りたい

競輪 予想 本 競輪選手心理をヨミとる極意―競輪ファンが一番知りたい

7冊目に紹介するのは「競輪選手心理をヨミとる極意―競輪ファンが一番知りたい」というサンケイブックスが出版する競輪予想本です。

「競輪選手心理をヨミとる極意―競輪ファンが一番知りたい」は、競輪元記者が綴っている本なので、記者ならではの観点を見ることができるでしょう。

また記者として活躍していた著者が、選手の取材で知った選手たちの心理も独自の観点で考察しているのでおもしろいものとなっています。

1点勝負468(ヨーロッパ)車券術―ウラタ式レースを絞って儲ける

競輪 予想 本 1点勝負468(ヨーロッパ)車券術―ウラタ式レースを絞って儲ける

8冊目に紹介する本は「1点勝負468(ヨーロッパ)車券術―ウラタ式レースを絞って儲ける」というサンケイブックスが出版する競輪予想本です。

競輪予想で大穴を狙う468(ヨーロッパ)買いの予想方法について綴っています。また、お大穴を狙う468(ヨーロッパ)を使った1点買いの方法も注目です。

実践での使用例にあわせて書かれているので、競輪初心者にも非常に分かりやすくなっています。

競輪人2017 (主婦の友ヒットシリーズ)

競輪 予想 本 競輪人2017 (主婦の友ヒットシリーズ)

最後に紹介するのは「競輪人2017 (主婦の友ヒットシリーズ)」という競輪予想本です。

「競輪人2017 (主婦の友ヒットシリーズ)」では、競輪ファンなら誰もが知っている中野浩一氏さんが競輪の魅力について綴っています。

また、2017年当時の現役最強レーサーといわれていた稲垣裕之選手、園田匠選手、平原康太選手やガールズケイリンの小川美咲選手、石井寛子選手、児玉碧衣選手についても書かれています。

さらに、競輪初心者でも競輪の楽しみ方がわかるように、ことこまかく解説しているガイドブック的な存在です。

競輪マンガもある!

競輪予想のノウハウなどの本を紹介しましたが、気になる競輪予想本は見つかったでしょうか?

実は競輪予想に役立つ本は、マンガも存在しています。なかには競輪の基礎知識を学べる内容もあり、非常に面白いものになっています。

競輪予想の知識を身につけるのにオススメのマンガは

  • Odds
  • ギャンブルレーサー
  • 競輪王ゼロ

の3冊がおすすめです。

そこで、上記3冊のおすすめ競輪マンガを紹介していきます。

Odds

競輪 予想 本 Odds

まず、紹介する競輪マンガは「Odds」というマンガです。

「Odds」は、ロードレースの高校選手権で2位を勝ち取った辻堂麟太郎が競輪選手を目指す物語です。高校時代に好成績を残したことからも順風満帆かと思いきや、父が病気になったことで、莫大な賞金を稼げる競輪選手となって稼ぐことを決意しました。

「Odds」は、競輪選手を目指す熱いドラマが繰り広げられるだけではなく、競輪の基礎知識や競輪選手になるための流れが分かる1冊となっています。

また、「Odds」の続編として「Odds GP」「Odds VS」などもあるので、気に入った方はこちらもおすすめです。

ギャンブルレーサー

競輪 予想 本 ギャンブルレーサー
次に紹介する競輪マンガは「ギャンブルレーサー」というマンガです。

週刊誌「モーニング」に掲載されており、多くの競輪ファンから愛されていた漫画のひとつです。また、掲載期間は約18年間にもおよび、その人気の高さもわかるでしょう。

もともとは、ギャンブル好きの競輪選手の物語だったので、ギャンブルとして見る競輪についてばかりが書かれていましたが、途中からはリアルな競輪のレースを描くマンガとなりました。

また、ギャンブルとして書かれていた当初は、車券の予想方法などが細かく書かれていたので、それを参考にする競輪ファンもいたほどです。

競輪をこれから始めてみようという方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

競輪王ゼロ

競輪 予想 本 競輪王ゼロ
最後に紹介するマンガは「競輪王ゼロ」というマンガです。「競輪王ゼロ」は、週刊誌「漫画ゴラク」に掲載されていました。

「競輪王ゼロ」の主人公はかつて競輪の頂点をとった経験のある競輪選手です。しかし、婚約者の死からダメ人間となってしまった主人公・鞍馬鈴時をみかねた義理の娘「ことり」とともに再び頂点を目指す物語です。

また、義理の娘「ことり」はIQ200の持ち主ということもあって、競輪のレースを勝ち抜くための頭脳戦も見どころです。

まとめ

今回の記事では、競輪予想に使える競輪予想本を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

競輪の基礎知識を学んで競輪予想の役に立つ本や、競輪予想のノウハウを綴る本など、様々な内容があります。本によってはレビューの点数が低く、あまり良い内容ではない本もありますが、何冊か試しに読んでみて自分の競輪予想のバイブルになる本を探すのも面白いかもしれませんね。

また、競輪マンガには競輪初心者が競輪の知識を学ぶのに使える内容のものがとても多くなっています。

競輪初心者の方であれば、敷居の低いマンガを利用して競輪の基礎知識を付けて予想に挑むのも良いかもしれませんね。

是非、予想の参考になる本を見つけてください。