【予想原則】競輪が当たる!競輪予想の極意とは「切り」のマスターなり

【予想原則】競輪が当たる!競輪予想の極意とは「切り」のマスターなり

UPDATE:2021.03.18
競輪コラム競輪予想ノウハウ

競輪の予想は簡単と言い切れるなら、どれだけ苦労しなかったでしょうか。それほどに競輪の展開は難解で、結果は千差万別です。この謎は容易に解き明かせず、一部の名探偵しか儲けることを許されていません。

車券戦略における秘術、すなわち競輪予想の極意というものを知りたいという欲望は、多くの人が持っていることでしょう。

高配当の3連単をズバズバ当てるのでもいいし、ここぞという2車単やワイド1点に大きく張れる財力と胆力、そして実際の的中力が結びつけば、「競輪の配当でメシが食える」という誉れさえついてくるかもしれません。

競輪の予想には自分なりの鉄板が必要

競輪の予想には自分なりの鉄板が必要

競輪の予想は、人それぞれの流儀があります。券種もその要素のひとつで、多くの人は3連単を使いますが、何もそこに固執する必要はありません。

投資家のウォーレン・バフェットが言うように、投資の鉄則は「絶対に損をするな」というものです。3連単は当たれば大きいですが、外れる確率のほうが圧倒的に高い車券です。無理して1着2着3着を当てにかかる必要はありません。

まして、「競輪の負けは競輪で取り返す」と鼻息が荒くなっているときこそ、もっと当てやすい車券にシフトしてよく考え直すべきです。

競輪で同じシチュエーションが来る確率は極めて小さい

競輪で同じシチュエーションが来る確率は極めて小さい

もうひとつ覚えておくべき原則は、一度や二度通用した法則が、その後も使えるとは限らないという点です。競輪の戦略やシステムは絶えず進化し続けており、自分の中で常に考え方をブラッシュアップし続けないと、予想で食っていくのは難しいでしょう。

また、競輪の展開を簡単な枠組みに落とし込むことも、実に困難な作業だと考えるべきです。

オーソドックスな展開のレースが最もパターンとしては多いですが、思わぬ展開が出現することは決して珍しくありません。グレードの高いレースほど、そうした傾向は顕著です。万車券の出現率の高さが、多くの人がパターン思考に囚われている現実を示しているでしょう。

競輪の予想において大切なのは、既成概念の打破です。万車券を含めた車券を当てるには、思い込みの呪縛から逃れなければなりません。

競輪予想で二匹目のドジョウを追いかけるな!

競輪予想で二匹目のドジョウを追いかけるな!

競輪予想の怖いところは、熱いレースが目の前で展開されるからこそ、正気を失って熱狂しかねないところです。当たったときの快感が大きく、また自分の予想が神がかっていると勘違いすると、せっかくの当たり資金を全部失いかねません。

今日はこれだけ勝ったらやめると決めたなら、強い精神力でやめましょう。せっかくの旅打ちで最後まで見ていきたい場合でも、ワイドを1点2点少額で買う程度にしておけば、被害は少なく済むはずです。

「勝ってるときは波に乗っているから、賭け続けるべきだ」という考えは、まぐれ当たりのときほど危険です。まぐれでなくても、勝つ人より負ける人のほうが多い事実を認識しましょう。不思議の勝ちはあっても、不思議の負けはありません。負けるときは負けるべくして負けます。

そのうえで、たまたま荒れたレースが当たったにせよ外れたにせよ、二匹目のドジョウを追いかけないことです。

例えば、そのレースでライン3番手の選手が激走して1着になったとしましょう。たとえ本線からのズブズブ決着でも、3番手が1着の場合は2車単や3連単の配当がハネるものです。

ここで、「そうか、3番手から買えば儲かるんだな」と考えるのは、実に早計です。薄い根拠で買い目が増えることは、厚い根拠で負けが近づくのだと認識しましょう。

競輪予想における「買い」と「切り」

競輪予想における「買い」と「切り」

競輪予想で大切な考え方として、「買い」と「切り」の見極めがあります。自分の予想の拙さを棚上げする人たちは、不的中を選手のせいにして「ヤリ」「ヤラズ」といった形容をすることもありますが、それでは競輪の予想力は育たず、お金を貢ぎ続けるだけです。

もちろん、競輪選手も万能ではありません。うっかりミスや、判断の遅れなどで、好機を逃すパターンもあるでしょう。しかし、限りなくほぼすべてのレースで、1着2着3着は確かに生まれます。それを当てられなかったのは自分の責任と考えることから、競輪予想の地力がついてきます。

そもそも、怒りは人間の判断力を曇らせます。本当は自分に怒っているのに他人になすりつけ、少しでも傷を浅くしたいと願うのは、傍から見たら特に見にくい作法でしょう。競輪選手の取捨の前に、自分が「切り」されることになりかねません。

すべての選択に責任を持ち、当該レースでこの選手は「買い」か、この選手は「切り」か、じっくりと選んでいきましょう。

競輪予想での買い要素とは何か

競輪予想での買い要素とは何か

競輪における買い要素を考えてみましょう。何をもってして、予想の検討に入れる「買い」とすべきでしょうか。いくつか列挙してみましょう。

  • 競走得点が高い
  • 3連対率が高い
  • 当地成績や対戦成績が良い
  • 本線の番手以降である
  • 別線だが展開が向きそう
  • 別線の実力ある選手
  • 細切れ戦で自力が使える単騎

これらが充分に狙いたい「買い要素」といえるでしょう。人気が集中する本線以外の注目度は落ちるので、妙味として表れやすくなります。

人気薄になる要因にはいくつかありますが、「番手は強いが、自力を使えるタイプではなく、先頭を任せた自力型が弱い」といったケースだと、ラインまとめて評価を落とすこともしばしば。

しかし、競走得点が高く、近走も決して悪くない選手は「何とかしてしまう」パターンもあるので、ぜひとも車券に組み込みたいところです。

穴目として面白いのは、高齢の選手でしょう。競輪は肉体を酷使する競技ゆえ、加齢とともに成績が落ちてきます。中には40代に入ってもS級S班の赤パンを履くような怪物も現れますが、数として多いのはA級レーサーであり、中にはA級チャレンジ競走で、子どものような年齢の自力選手に必死に食らいつく選手もいるでしょう。

そういうこともあって、ちぎれやすく伸びにくく、車券的に嫌われる高齢レーサーは、積極的に狙いたい典型です。車券の多くが負け組なら、人が少ない場所こそ正解だと思ったほうが、結果的に良い果実を得られます。

もちろん、やたらめたらに高齢レーサーを狙っていては、単にお金を失うだけなのでご注意を。上記の買い要素と照らし合わせて、好走できる期待値があるかどうかを丹念に分析しましょう。

競輪予想での切り要素とは何か

競輪予想での切り要素とは何か

一方、なるべくなら車券の検討から外したい「切り要素」です。実のところ、車券は買い要素を拾い集めるより、切り要素について確固たる信念を持っていたほうが、好配当の的中にグッと近づくといえるでしょう。

もちろん、切った選手が来ることもあります。百発百中で切った選手が車券対象外になるのなら、それはもはや車券予想の神とさえいえるでしょう。

それでも、自分の中に確固たる軸をつくるうえで、不要な選手を予想から外す「切る」技術の習得は欠かせません。この切りが上手くなってこそ点数を絞れ、回収率が向上します。切る技術の根幹となるのは、展開の読みの冴えです。ぜひともマスターしたいところでしょう。

こうした前提に立ったうえで、どういった状況、選手、ラインが切り要素になってくるのかを考えます。

  • 本線の番手だが、先頭の選手についていけなさそう(脚力・競走得点・3連対率・自力選手の競走スタイル)
  • 混戦模様で番手が仕事をする余裕がなさそうなライン
  • 先頭選手がまくり追い込み主体のライン
  • 競りが発生するであろうライン
  • 先頭選手の勝率が高くないライン
  • 近走成績が悪い選手
  • 当地成績が悪い選手
  • 先頭で実力もあるが、ラインのために「死に駆け」しそうな選手(この場合は後ろの選手が「買い」)

上記のような例が考えられますが、これらはすべて一般的な考え方に過ぎません。買い要素よりも切り要素のほうが各論的に考えねばならないため、難しいといえるでしょう。

特に、競輪選手のレースのスタイルや考え方、ラインを活かすかどうかを含めて把握しておくことで、確かな切り材料としての機能を担保します。安定した切りスキルを身につけるのは大変な難事です。

だからこそ、外れてもうつむかずに前を向き、考えを整えていくのが重要です。また、自分の中にルールを決めておくことで、余計な車券を買わずに回収率を安定させられるでしょう。

例えば、上記の条件で2つだけ自分の中に誓いとしておくというやり方です。どんなに強そうでも、後ろが競って援護がなさそうなら買わない。後ろからのまくりの競走ばかりで、前のラインの余力が残りそうなら買わない。こうした考え方から、良い配当を手中にできる期待値が向上します。

競輪予想の極意は自分の軸を持つこと

競輪予想の極意は自分の軸を持つこと

競輪予想は難解であり、生半可な予想では通用しません。情報戦に長けたプロの競輪記者でさえ回収率100%がまれな事実が、それを証明しています。

しかし、ゆえにこそ、挑みがいがある難題ともいえます。誰かが負けているということは、誰かが勝っている証でもあるからには、必ずやその勝ち組に自分もまた回るべきでしょう。ATMは入金のためだけではなく、出金もできる機械だと認識を改めるべきです。

その意味において、「買い」と「切り」の見極めは大いに役に立つツールです。自分の中にルールを定め、かつレースの状況に応じて柔軟な思考を持つことで、予想の幅は広がり、普通の車券ファンには届かないような境地さえも見通せることでしょう。

常人では、競輪で儲けられません。そう、偉大でなければ。いろいろな考えを駆使し、競輪を思う存分楽しんでください。車券が当たれば、競輪はもっともっと面白くなります。自分の考えたように未来が訪れるのは、ひとつの快感です。

ただ、その一方で、引き際を忘れずに。確実に勝てるという自信は、9割以上が勘違いです。せっかくの勝った資金を、再び返納することはありません。

自分の中に確固たる軸を持ち、それに従って張るべき場所で勝負を張っていれば、自ずと競輪予想の玄人に成長するでしょう。この自己成長こそが予想していくうえでの極意であり、ほかの誰にも真似できない貴方の人生における鍛錬の成功記録なのです。

「無料情報でも稼げる」ゲキチャリが本当におすすめする競輪予想サイト3選

ここでご紹介する3サイトは無料情報と有料情報の両方、記載があり、どちらも満足の行くサービスを提供しているサイトになります。

今回、ご紹介する3サイトはその中でも、無料情報に定評がある3サイトになります。

・競輪 CLUB 虎の穴

・競輪ギア

・ファンファーレ

競輪 CLUB 虎の穴

競輪 CLUB 虎の穴

虎の穴はとにかく、無料情報の精度が高いサイトになります。

競輪 CLUB 虎の穴は「裏情報」や「出来レース」「八百長」という競輪業界でもタブーと言われる情報も仕入れているのでかなり精査された情報があります。

つまり、”どんな情報でも的中に繋げられるのであれば、使う”という思いがあるので、予想サイトとして優秀なサイトになっています。

競輪 CLUB 虎の穴のおすすめポイント

  • 反則級の的中率!
  • とにかく、無料情報の精度が高いとされています。

  • 満遍なく的中する!
  • 「ショート」もコロガシの「ロング」も成功するほど満遍なく

  • プランも豊富でニーズにあったプランを選べる
  • 様々な予想プランがあるので、自分にあったプランを選べる。

    競輪ギア

    競輪予想サイト 競輪ギア

    ”短期で稼ぐ”をコンセプトに持つ、競輪ギアは一般の競輪ファン個人のレベルでは不可能な競輪情報を分析・精査した予想で爆速でかせげると評判な予想サイトです。

    的中実績も毎日20マン以上をマークし、サイトの信頼度も強固なものとなっています。

    ユーザーから信頼度は大きいサイトになっています!

    競輪ギアのおすすめポイント

    • 登録ですぐ使える1万円分のポイントがもらえる!
    • 1万円ものポイントが入会早々、付与されるのは優良サイトの特権ですね。

    • ミッドナイト競輪でも稼げる
    • 日中忙しくて、波に乗れなくても安心!ミッドナイト競輪で稼げます!

    • 毎日20万以上の実績!

    正真正銘の実績です!

    ファンファーレ

    競輪予想サイト ファンファーレ

    ファンファーレは「驚くべき的中率で【即】利益確定。毎日・日本全国で的中ラッシュ!」と自社の提供情報に相当の自信があるようですね。

    情報源は「競輪最前線」と日本全国「43会場」の情報を”どこよりも早く”全予想に対応し”激熱”予想を提供し、実際に毎日、数十万円から数百万円のコロガシを成功させています。

    ファンファーレは3連単の無料情報を提供しています。

    ファンファーレのおすすめポイント

    • 特典で6,000円の有料情報に参加できる
    • 最初に有料ポイントを無償で貰えるのは優良サイトの大きな特徴です。

    • 低価格情報でも満足な回収率
    • 無料情報など低価格なものでも満足できる回収率が期待できます。

    • お試し予想が毎日無料で公開
    • 限定的ではなく、毎日無料情報あり!

    下記のランキングにて競輪予想サイトのTOP10を紹介しています。是非、併せてご覧ください!