宇都宮競輪場は「差し」を狙えば勝てる?本当に稼ぐ為の予想のコツを徹底解説

宇都宮競輪場は「差し」を狙えば勝てる?本当に稼ぐ為の予想のコツを徹底解説

UPDATE:2019.09.11
競輪コラム競輪場

宇都宮競輪場は長い直線を持っているので「差し」が有利という事は多くの方が知っているかと思います。

しかし、「差し」の選手を軸にするだけでは稼いでいく事はできません。

そこで、この記事では宇都宮競輪場の予想勝っていくための予想のコツを紹介します。

また、併せて競輪場の施設紹介もあるので是非参考にしてみてください。

宇都宮競輪場の特徴・バンクデータ

宇都宮競輪場で的中率を上げていくためには競輪場の特徴を知る事が必要不可欠です。

競輪場によっては直線が長かったり、カントがきつかったり、カーブがきつかったりと様々な条件があります。

競輪選手も人間なので、競輪場ごとの特徴が得意だったり不得意だったりもするでしょう。

そして、宇都宮競輪場の細かい特徴を知る事で競輪予想のコツも掴んでいく事も不可能ではありません。

そこで、宇都宮競輪場のバンクデータから見れる特徴や、決まり手、地元選手の紹介など、宇都宮競輪場で予想をする上で大事な情報を紹介するので是非覚えていってください。

宇都宮競輪場のバンクの特徴

競輪 宇都宮 予想 コツ 特徴

宇都宮競輪場のバンクは1周500メートルのコースとなっています。

バンク自体が長いことも影響し、直線部がやや長い特徴があります。

また、カーブがきつめの扁平なバンクとなっているので先行選手には不利なコースとなる傾向があります。

以前は、追走する番手の選手ですら後方の選手から抜かされてしまう「交わしの交わし」が見られる事が多く、後方からの追い込みが決まりやすい特徴になっていました。

現在では、2009年に行われたメインスタンドの改築工事で、ホーム側とバック側を入れ替えて以降、ゴール前のみなし直線が67,9メートルから63.3メートルと若干短くなり、加えて大型映像装置が2コーナー側に設置されたことにより、先行選手も勝負を仕掛けるシーンが増えました。

また、メインスタンドの一部が吹き抜け状になっている影響で、1コーナーからホームスタンド側にかけて風の通り道ができているので、その影響も視野に入れるのが必要です。

下記に宇都宮競輪場のバンクデータをご紹介しますので、ご参考にしてください。

周長 500m
ホーム見なし直線 63.3m
最高カント 25゚47’44”
ホーム幅員 10.3m
バック幅員 11.3m
センター幅員 8.3m

宇都宮競輪場の決まり手

競輪 宇都宮 予想 コツ 決まり手

宇都宮競輪場では、どのような決まり手が決まりやすいのかデータを見ていきましょう。

下記に1着の決まり手と2着の決まり手をご紹介します。

1着決まり手:逃げ24%、捲り29%、差し47%
2着決まり手:逃げ13%、捲り13%、差し38%、マーク36%

データを見ていくと、決まり手としては500mバンクだけあって、逃げの選手は圧倒的に不利という事が分かりますね。

その番手の選手すら後方から抜かれるいわゆる「交わしの交わし」を食らうほど追い込み選手に有利となっています。

しかし、2着になる選手のデータを見ていくと脚質関係なくチャンスがある事が分かります。

なので、車券の予想には非常に難しい競輪場となっています。

宇都宮競輪場での過去の開催レース

競輪 宇都宮 予想 コツ 開催レース

宇都宮競輪場では第51回オールスター競輪での競走事故で急逝した内田慶の遺志を組んだ『内田慶メモリアルカップ』が開催された事があります。

宇都宮競輪場の地元選手

競輪 宇都宮 予想  地元選手

宇都宮競輪場の地元所属選手にはどの様な競輪選手がいるのでしょうか。

代表的な選手をご紹介します。

■S級1班の主な地元選手
神山 雄一郎選手
小坂 敏之選手
江連 和洋選手
宗景 祐樹選手
佐藤 悦夫選手

■ガールズケイリン選手(L級1班)の主な地元選手
荒牧 聖未選手
梶田 舞選手
青木 美優選手
福田 礼佳選手
土屋 珠里選手

地元の競輪場を知り尽くした地元競輪選手を予想に組み込むのも予想の一つのコツと言えるかもしれませんん。

宇都宮競輪場の予想のコツ

競輪 宇都宮 予想 コツ

宇都宮競輪場の特徴をなんとなく理解して頂けたでしょうか。

競輪場の特徴を知る事によって、車券予想の的中率を上げる事に役立っていくでしょう。

それでは、宇都宮競輪場ではどの様な予想を考えるのが理想的なのか予想のコツをご紹介していきます。

脚質について

まずは、宇都宮競輪場の2009年の決まり手データを見てみましょう。

逃げ16%
捲り24%
差し60%

このデータを見ると圧倒的に差しが有利な印象を受けますね。

また、宇都宮競輪場は1周500メートルで直線が長いバンクなので、これだけ聞くといかにも番手有利と思うかもしれません。

逃げる選手は勝てるチャンスがない様に思えますが、面白い結果となっています。

競輪予想する方たちが「差し」が有利というイメージをもっている影響のせいか、逃げる選手やライン先頭選手の配当は高く、回収率は極めて優秀です。

割合的には16%と低いものとなってしまうので的中率は下がってしまいますが、「逃げ」の選手を取り入れる事により配当金が上がり回収率を上げていく事ができます。

逆に、逃げの番手選手を軸にしてしまうと、的中率はそこそこになってきますが、ほとんどの方が「逃げの番手選手」を購入するので人気が上がり配当が低くなってしまいます。

そのため、的中したとしてもほとんど回収することができません。

強いて買えるとすれば、番手からライン3番手の車券のみかもしれません。

その他の回収率は壊滅的に低く、逃げた選手がパンクしちゃうと番手から抜け出しても捲られてしまいます。

また、捲りラインもあまり人気がない為か、そこそこの回収率を持っています。

しかしながら、捲りラインからのライン決着も多いので注目すべき点です。

競りは不利になる事が多く、飛びつきも決まりにくく回収率は低めです。

飛びつきが決まったときは、番手にハマったラインが逃げた選手をあっさり交わしライン決着しやすいです。

狙いの選手

予想のコツとして狙っていきたい選手がいます。

それは、地元宇都宮競輪場でレジェンドとも呼ばれた神山雄一郎選手です。

年齢的に体力の低下なども考えられますが、ベテランならではにバンクも熟知しているので狙い目の競輪選手と言えるでしょう。

500メートルバンクの予想のコツ

こちらでは、500メートルバンクの的中率を重点に置いた予想のコツを紹介します。

回収率を見ると、宇都宮競輪場では「差し」を狙っていかない方が良いのかもしれませんが、的中率的に見ると、長い直線距離を得意とする「差し」や「追い脚」のような後半型のタイプが勝ちやすいですね。

逃げ脚の選手になってくると、ゴールラインへ辿り着く前にスタミナ切れを起こしてしまい、スピードが落ち、後続の選手に一気に追い抜かれていく事も少なくありません。

なので、500メートルバンクでは体力を温存できる番手・3番手選手でかつ、追い脚・まくり脚タイプの選手を中心に考えるのが的中率を上げるコツかもしれません。

宇都宮競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介

上記では宇都宮競輪場の特徴や予想のコツを紹介しましたが、参考になりそうなものはありましたでしょうか。

次は、宇都宮競輪場はいったいどのような場所なのか、細かく紹介していきます。

宇都宮競輪場の概要や歴史

競輪 宇都宮 予想 コツ 歴史

宇都宮市では、大衆の娯楽と市財政の増収を図るために競輪場を建設することになりました。

当初、候補地として、旧城址などが挙がりましたが、1949年9月に八幡山公園西北部の現在の場所に決定しました。

開場式の日時は決定していたため半年間昼夜兼行で工事が進められ、傾斜地であったため、当時としては珍しいブルドーザー18台が投入され、岩盤をダイナマイトで破壊するという大規模な工事が行われていました。

また、宇都宮競輪場の西入口は、昔馬捨場と呼ばれていました。

馬捨場とは、病死した家畜を埋めたところで、傍らには馬頭観音が祀ってあります。

1950年3月21日に開場し、27日に第1回競輪が開催されました。

記念競輪(GIII)は『宇都宮ワンダーランドカップ争奪戦』が毎年5月に開催されるのが恒例となっていて、多くの競輪ファンが楽しみに待ち望んでいます。

1965年頃から、それまでの自転車やバイクに代わって自動車が普及しはじめました。

そして、宇都宮競輪場の駐車場が混雑しだし、競輪が開催される日は競輪場周辺が渋滞をお越し、交通マヒを起こしたため、当時の増山市長が移転を選挙公約にしたが、受け入れ先が決まらず、移転を取りやめることになった過去もあります。

宇都宮の入場料

宇都宮競輪場の入場料金は基本的に100円となっています。

指定席はメインスタンドとセンタースタンドで大きく異なってくるので注意が必要です。

・一般入場料
100円(場外開催時は無料)

■指定席料金
メインスタンド
2階特別観覧席【指定席】:1,000円(場外開催時は500円)
3階ロイヤル席【指定席】:3,000円(場外開催時は2,000円)

センタースタンド
1階特別観覧席【自由席】:300円(場外開催時は200円)
3階特別観覧席【自由席】:300円(場外開催時は200円)
レディース・カップル席(指定席 / 旧ロイヤル):500円(場外開催時は300円)

宇都宮競輪場の施設

競輪 宇都宮 予想 コツ 施設

宇都宮競輪場の施設の特徴としては、なんと言っても巨大なモニターではないでしょうか。

なんと、820型という考えられない様な大きさのモニターが設置されており、メインスタンド、センタースタンドのどちらからでも良く見えます。

また、無料で利用できるシアターホールも完備されているので、雨天などの時に屋内で落ち着いてレースを楽しむ事もできるでしょう。

競輪のレースが開催されていない日や夜間には、そのシアタールームの貸し出しも行っているので借りたい人は宇都宮競輪場に問い合わせてみても良いかもしれませんね。

宇都宮競輪場のマスコット

競輪 宇都宮 予想 コツ マスコット

宇都宮競輪のマスコットキャラクターは「みやかめ」というキャラクターです。

昔、宇都宮城が「亀が丘城」と呼ばれていた過去がありました。

その名前を由来にして、亀が古くから長寿の象徴として縁起の良い動物とされていたこと、イソップ童話の「うさぎとかめ」の亀のように、惜しまぬ努力で勝利に導くことにも期待を持って、亀をモチーフとしたそうです。

また、初めは「みやかめ」だけでしたが、現在では妻の妻の「けい子」と長男「りんいち」も作られ、「みやかめファミリー」として親しまれるマスコットキャラクターとなっています。

宇都宮競輪場のアクセス

・電車でのアクセス
JR「宇都宮駅」から徒歩約20分

・無料送迎バスでのアクセス
JR「宇都宮駅」から無料送迎バスで約15分
JR「鹿沼駅から」無料送迎バスで約30分
宇都宮競輪場への無料バスの時刻表はこちら

・クルマでのアクセス
東北自動車道「鹿沼I.C.」から20分
東北自動車道「宇都宮I.C.」から20分
[宇都宮競輪場の駐車場・駐輪場情報]
無料駐車場(2,000台)があります。

まとめ

競輪 宇都宮 予想 コツ まとめ

宇都宮競輪場の特徴や予想のコツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

何か役立ちそうなコツは見つかりましたか?

宇都宮競輪場は500メートルと長いバンクがあり、「差し」が有利な傾向があります。

しかし、その情報自体は多くの競輪ファンが知っているため、「差し」の選手の人気が高まり配当が下がってきてしまっています。

なので、的中率を求めるなら「差し」、回収率を求めるなら「他の脚質」を狙っていくのが良いのではないでしょうか。

是非、この記事のコツを参考に競輪予想に役立てていってください。