競輪に複勝が廃止された理由を徹底紹介!

競輪に複勝が廃止された理由を徹底紹介!

UPDATE:2020.08.26
競輪コラム競輪マメ知識

競馬や競艇を経験している方は、競輪に複勝が無いということに驚くでしょう。

単勝が無い理由と単勝に代わる車券については下記の記事にて説明をしていますが、そこでは複勝がないことまでは触れていませんでした。

今回は競馬や競艇に単勝、複勝があるのに、なぜ競輪には無いのか、また、代わりとなるオススメの券種について【複勝編】として複勝について徹底解説していきます。

競輪に複勝が無い理由

競輪 単勝 複勝 廃止

競輪には、昔から複勝が無かったわけではなく、以前は存在していました。

廃止された理由としては、複勝の売り上げが悪かったことが原因です。

車券を買う場合、現在ではスマートフォンで購入したり、マークシートを記入して、自動販売機にお金を入れるだけで、簡単に車券を購入できます。

しかし、以前は各車券ごとで窓口が別になっており、そこで各係員さんが販売していました。

人気の無い複勝は、ひと気の無い隅っこの場所で、ひっそりと売られていたことを記憶しています。

売り上げが少ない車券のために窓口を用意することで、人件費も重なり、徐々に窓口も減っていった結果、2003年10月に複勝の車券は廃止になりました。

元々複勝の売り上げはとても少なく、投票者の少ないレースでは、的中者なし、という例もあり、その場合には購入金額の3割は運営側の控除として、残りを購入者全員に払い戻していたようです。

そのため、電話投票で複勝が販売されたことはありませんでした。

では、なぜそれほどまでに、複勝の売り上げが低迷していたのでしょうか?

以下で、解説していきます。

なぜ複勝の売り上げが悪かったの?

競輪 単勝 複勝 廃止

なぜ、競輪では複勝の売り上げが悪かったのでしょうか。

結論としては、回収率がとても低かったためです。

回収率が低いということは、購入する人も減少します。

その結果、的中者無しで元返し(払戻)になった場合には、運営としても購入者としても、うまみの無い券種になってしまうのです。

当時の賭け式は、今と異なり、単勝、複勝、2車単、2連複、2枠単、2枠複、ワイドの7つの賭け式でした。

そこに3連単、3連複が加わることが決定し、結果的に売り上げの悪い複勝が追い出される形で廃止になりました。

確かに、他のギャンブルを見ても単勝、複勝は売り上げが良いとは言えません。

競馬の場合、単勝の売り上げ割合としては、例年平均6%となっており、売り上げ1位の3連単(平均32%)と比較すると大きく下回っていることがわかります。

1着を当てやすい競輪では単勝の配当はとても低く、当たっても1.3倍前後、お小遣い程度の払戻額しか得ることができませんでした。

競輪は、「ギャンブル好きが最後に行きつく場所」と言われているほどで、一発のレースに高額投票をして大勝負をする人が比較的多いギャンブルです。

そのため、配当1.3倍前後では単勝が売れなくなる理由も頷けます。

今後、複勝は再び販売される?

競輪 複勝 廃止

現在、複勝は廃止されていますが、今後再び販売される日はくるのでしょうか。

しかし、応援車券や記念車券など、この選手が好きだから、という理由で、稼ぐことを目的としない車券があっても良いのではないでしょうか。

確かに、配当も低く人気の低い券種なので、復活しても売れないことは容易に想像できます。

複勝が廃止された理由を振り返ると、「窓口販売では人件費もかかるし、それに見合う売れ行きが無かったから」という理由です。

現在では、スマートフォンでの購入や、マークシートに記入して自動販売機で購入するのが主流なので、販売時に人件費はかかりません。

せっかく競輪に興味を持った初心者の方に、いきなり3連単や3連複を当てろと言われても、ほぼ当たらないのが現実です。

複勝はギャンブルの醍醐味でもある、大勝は狙えないため、確かに魅力が薄いです。

しかし、その入口を用意することで、徐々に競輪に慣れて、車券を買い慣れてくると物足りなくなってくるはずです。

そのため、今後の新規流入を狙うのであれば、多少運営側が損をしても単勝、複勝は再販するべき券種だと思います。

また、現在、競輪界では競輪選手養成所の応募人数が減り続けています。

競輪の競技人口が減っているということは、今後、競輪界のスターと言われるような選手も生まれにくくなり、「競輪競技」として魅力が薄くなると予想できるでしょう。

減少傾向にある全体の売り上げや、入場者数が減っている現実を重く受け止め、初心者が入りやすい道として、最近ではミッドナイト競輪や、ガールズケイリンをプッシュしたことで売り上げを伸ばしています。

昼レースの競輪を、もう一度盛り上げるためにも、単勝、複勝の再販を検討して頂けることを願っています。  

複勝の代わりになる的中率が高い車券は?

競輪 単勝 複勝 廃止

複勝が廃止されている現在では、初心者の方や的中率重視で競輪を楽しみたい方は、どのような券種を買うのがオススメなのか紹介していきます。

上記で解説した通り、現在の券種は2車単、2連複、2枠単、2枠複、ワイド、に3連単、3連複を足した7つの賭け式です。

その中で、オススメできる券種はずばり「ワイド」です。

なぜワイド?と思う方もいるでしょう。

現在、存在する7つの賭け式と比較して、オススメする理由をわかりやすく解説していくので参考にしてみてください。

まずは下の表をご覧ください。

賭け式

的中率

的中条件

3連単

1着~3着に入る車番を3車着順通りに的中

1/504

3連複

1着~3着に入る車番を3車順不同で的中

1/84

2車単

1着2着に入る車番を2車着順通りに的中

1/72

2車複

1着2着に入る車番を2車着順不同で的中

1/36

2枠単

1着2着に入る枠番上位2車を着順通りに的中

1/33

2枠複

1着2着に入る枠番上位2車を順不同的中

1/18

ワイド

1着~3着に入る車番を2車順不同で予想

1/12

この表を見てもらえれば一目瞭然ですね。

7つの賭け式で、ワイドが圧倒的に的中確率が高いことがわかります。

ワイドは1着から3着に入る車番を順不同で2車選ぶ買い方で、的中範囲が広いという特徴を持っています。

的中範囲が広い、ということは初心者の方が、競輪の楽しみを味わうにはぴったりの券種とも言えるでしょう。

的中範囲が広いって言われてもよくわからない、という方のためにわかりやすく解説します。

上述の通り、1着から3着を順不同で予想する、ということは、選んだ2車が1着2着、1着3着、2着3着の3通りが的中ということです。

これは競馬や競艇のワイドと同じですが、競馬のフルゲート18頭立てと比べても、競輪は9車までなので、それよりも的中させやすくなっています。

以上のことからも、複勝が無い今、初心者の方はワイドを購入して、競輪の楽しみ方を覚えていくのがオススメです。

複勝が廃止された今、初心者にオススメなワイドの買い方

競輪 単勝 複勝 廃止

ワイドの魅力やメリットを理解して頂いたうえで、実際の買い方について解説していきます。

ワイドは買う際の考え方が、単勝や複勝と似ています。

来そうだな、と思う選手一人を軸として決め、その次に、同じラインの選手を決めて車券を購入しましょう。

簡単に説明すると以下の通りです。

①まず軸となる選手を決める。

②次に同じラインの中から相手となる選手を決める。

初心者の方はこれだけでOKです。

競輪は同じラインで1着2着が来る傾向が高いため、①で決めた選手と同じラインの選手を選ぶことが重要になります。

この買い方に慣れてきたら、競輪予想サイトや新聞で、ラインの予想をチェックして見ましょう。

そして、ライン同士の競争得点を確認して、来そうなラインをまず決めます。

そのラインの中から、2名をワイドで組むことによって、的中率も上がり、より競輪を楽しめるでしょう。

この買い方は初心者の方以外にも、「配当は低くても良いからコツコツ勝ちたい」という方にもぴったりな買い方なので、ぜひ参考にしてみてください。

初心者の入口としてミッドナイト競輪がオススメ

競輪 単勝 複勝 廃止

競輪界を盛り上げるためには、新規で競輪を始めるファンを大切にすることが大事です。

競輪には単勝、複勝が無く、賭け式も複雑なので初心者は困惑するでしょう。

競輪を始めたいけど、上記の通り、難しくてよくわからない、という方にオススメなのがミッドナイト競輪です。

昼間に行われている印象の強い競輪ですが、夜間も行われているのをご存じでしたか?

初心者の方に、ミッドナイト競輪をオススメする理由としては、以下の3つです。

①予想が立てやすい

ミッドナイト競輪は、昼間の競輪よりも2車少ない7車立てレースなので、車券購入時の選択肢が減り、予想がしやすく的中率も高くなるので競輪を楽しめます。

②競技時間が短い

ミッドナイト競輪は、選手が走る周回数が4周回と短いので、競技時間が短くテンポよく競輪を楽しめます。

③開催時間が夜

競輪 単勝 複勝 廃止

ミッドナイト競輪は、その名の通り20時~23時過ぎの深夜帯に開催され、インターネット投票で気軽にレース観戦できます。

夜に自宅でゆっくりと楽しめるので、忙しい現代人向けにぴったりな競輪と言えます。

以上がミッドナイト競輪をオススメする理由です。

しかし、ミッドナイト競輪の注意点として、全ての競輪場で行われているわけではありません。

現在、ミッドナイト競輪が行われているのは以下の通り、22の競輪場です。

函館競輪、青森競輪、弥彦競輪、前橋競輪、宇都宮競輪、西武園競輪、松戸競輪、川崎競輪、伊東競輪、名古屋競輪、大垣競輪、豊橋競輪、松坂競輪、四日市競輪、奈良競輪、玉野競輪、高知競輪、高知競輪場、小倉競輪、武雄競輪、佐世保競輪、別府競輪

初心者の方はまずミッドナイト競輪から始めてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は2003年に廃止された複勝について解説しました。

初心者が買いやすい車券でもある、複勝を廃止することによって、今後、競輪界全体に影響が出てくるように感じます。

複勝と同時期に単勝も廃止されましたが、そちらについても下記、記事にてご紹介してますので併せてご覧ください。

しかし、売り上げの下降が問題視されている競輪界ですが、2020年4月、5月のミッドナイト競輪の売り上げが最高額を更新した、という明るいニュースもあります。

複勝が廃止された現在、競輪を始めるきっかけが掴めていない方は、ルールがわかりやすいミッドナイト競輪や、ガールズケイリンを入口として競輪の楽しみや魅力を体感してみてはいかがでしょうか。