初心者必見!競輪で重要なラインの基礎知識を徹底解説!

初心者必見!競輪で重要なラインの基礎知識を徹底解説!

UPDATE:2019.09.11
競輪コラム競輪予想ノウハウ

競輪の予想をする上で外せない重要な役目となるのが「ライン」です。

しかし、この「ライン」についてはきちんと理解していますか?

特に、競輪初心者の方であれば、「風の空気抵抗を避けるため」と言った知識しかないのではないでしょうか?

競輪では「ライン」があるからこそ、競輪ならではの熱い展開やデットヒートなレースが生まれます。

そこで、この記事では競輪における「ライン」の仕組みや読み方など、競輪を見る上で必要な「ライン」についてを紹介していきます。

ラインとは?

競輪 ラインとは?

まずは、「ライン」とは何か、説明していきましょう。

競輪は基本的に選手同士がチームの様なものを組み、お互いに連携を取って走ります。

このチームの事を「ライン」と言います。

「ライン」は競輪でのレースの勝敗を大きく変えていくものであり、競輪ならではの戦略なので見どころとなる部分です。

競輪のレースは、9人の選手で行われ、3人程度の選手ごとにグループを作り、2〜4つのラインに別れて戦います。

そのラインの中で、「逃げる」選手が3人ほど、残りの6人は「追い込む」選手です。

では、競輪はなぜ競馬や競艇などと違い個人の勝利のために戦うのにラインに別れる必要があるのでしょうか?

その理由は、風の空気抵抗の影響にあります。

競輪といえば、速度が上がると最高時速70kmほどで走ることがあります。

そうなると、先頭を走る選手はかなりの風の空気抵抗(受けて不利な状況になってしまいます。

そのため、ラインと呼ばれるチームを作り、先頭で逃げる選手の後ろに追走ひた、空気抵抗を防いでいます。

そして、ゴール直前にラインから外れて一気に差しで抜いたりもします。

しかし、後続の選手が必ず勝つというわけではなく、先頭で逃げていた選手がそのまま1位になること珍しくはありません。

ラインそのものは何なのかという事を理解すれば、競輪のレースでの駆け引きをさらに面白く見れるようになるでしょう。

ラインでの各選手の役割

競輪 ライン 役割

次は「ライン」における、各選手のポジションや役割を確認していきましょう。

競輪のラインは3人一組となり、隊列を作るのが基本です。

そして、先頭を走る選手を「自力選手」、2番目を走る選手を「番手」、3番目を走る選手を「3番手」と呼び、それぞれのポジションで役割が変わってきます。

これらの各ポジションの役割を全うし、サポートし合う事で最終的に自分が良いポジションを取れるように走っています。

ラインのポジションで選手が「勝ちやすい」「勝ちに」『勝ちやすい・勝ちにくい』が変わってくる競輪なので、ラインのポジションを理解する事によって、どの選手を車券に絡ませるかなど組み立てやすくなってくるでしょう。

では、「自力選手」「番手」「3番手」の各役割を見ていきましょう。

先頭を走る自力選手の役割

競輪 ライン 自力選手

まずは、ラインの先頭を走る「自力選手」の役割を説明します。

ラインの「自力選手」の役割は、ラインの先頭を走り、風の空気抵抗を受けながらラインを引っ張る役割があります。

そのため、ラインの先頭を走る選手は、風の抵抗に負けない力強い脚や最後まで牽引していく、圧倒的なスタミナを持った、実力のある選手が担当するのがほとんどです。

ラインを牽引する役目は非常に重要で、かなりの実力を持っている選手が自力選手になると、そのラインの勝率は高まってきます。

そして、自力選手は先頭を走っているだけあって車券に絡む可能性が非常に多いです。

自力選手は「逃げ」や「まくり」を得意とする選手が多いので、競輪場の特徴やバンクの特性と組み合わせて車券予想していくと良いでしょう。

2番目を走る番手選手の役割

競輪 ライン 番手選手

次は、自力選手の後ろを走る「番手選手」について紹介していきます。

このポジションは先頭にいる自力選手の後ろにいるため、風の空気抵抗を避けて、体力を温存しながら走ることができます。

そのため、1着を奪いやすいポジションにあります。

この「番手選手」の役割は、外から追い越そうとしてくるライバルのラインを止める壁の役目を担っています。

身体を使って進路を防いだり、的にぶつかりにいってライバルのラインを外側に飛ばします。

「番手選手」は差し、まくり、マークなど決め手の種類が非常に豊富です。

実力の高い番手選手がいないラインからでも車券に絡むことは少なくありません。

3番目を走る3番手選手の役割

競輪 ライン 3番手選手

最後は、「番手選手」の後ろを走る「3番手選手」について説明していきます。

競輪では、基本的に「自力選手」や「番手選手」が上位になる事が多いため、「3番手選手」は車券に絡むことは多くはありません。

しかし、圧倒的な実力を持つ選手が「自力選手」といて牽引するラインになると、そのまま一緒にゴールできたりと、勝率が高まります。

「3番手選手」の役割は、自分たちのラインの内側に、ライバルのラインが入って来ないように防ぐ役割があります。

競輪のバンクを回る最短距離は内側を走ること出す。

そのため、「3番手選手」は内側のラインを必死に守ります。

「3番手選手」の実力が低いと、ラインの内側を守り切ることができずに、ラインそのものが崩壊してしまう事があります。

また、高配当の車券が出るには、「3番手選手」の動きがカギを握ってきます。

「3番手選手」は車券に絡むことは少ないですが、絡むとしたら「まくり」や「マーク」と言った、決まり手で車券ひ絡むことが多いです。

高配当の演出には、3番手選手の動きがカギを握ります。

ラインからレース展開を読み解こう!

競輪 ライン レース展開

競輪のレースではラインを組み、お互いに良いポジションを取るためにサポートしあっています。

しかし、選手たちは自分の勝利のために戦っているので、ラインのまま仲良くゴールという訳にはいきませんよね。

最終周回の4コーナー辺りに差し掛かってからは、選手たちの動きが一変してします。

ここから先は、完全に個人の勝利のために動く展開になってくるので、各選手が1着でゴールすることを目指し、全力で走ります。

ラインを組んでいた選手たちが、そのまま「1着」「2着」「3着」と順番にきてくれれば非常に分かりやすいですが、競輪葉そんなに簡単なものではありません。

そのような、レース展開を予測していくためにら、ラインの組み方をしっかりと知る必要があります。

定番のバリエーションは以下となります。

■2分戦
2分戦は、2本のラインで走行するスタイルです。

5人、4人のようにラインを組むため、1組のラインの数が長くなるのが特徴です。

■3分戦
ラインで最もベーシックな組まれ方が3分戦です。

4人、3人、2人のような構成で、3本のラインで走行します。

■4分戦
4分戦は、3人、2人、2人、2人のように走行してラインが4本になるスタイルです。

ひとつのラインが短いため、細かいラインが続きます。

そのため「細切れ戦」とも呼ばれるスタイルです。

ラインの組み合わせは同じ条件の選手で組まれる!

競輪 ライン 組み合わせ

上記では、ラインの概要や各ポジションの役割を説明しました。

競輪の「ライン」は非常に重要で、各ポジションがしっかりと役割を担っていることが分かって頂けたかと思います。

けれども、競輪のレースで9人走る選手の中で、どの選手とどの選手がラインを組むの?と疑問に思う方もいるでしょう。

基本的にラインは何か同じ条件のある選手で組まれる事が多くなっています。

代表的としてはラインは以下のように組む事があります。

・隣接地域
・同じ地域
・同じ県
・同じ競輪場の仲間

上記のような組み合わせでラインが組まれる事は頭に入れておいても良いかもしれませんね。

そのラインの組み合わせですが、事前に発表されることになっていまふ。

レース前日に選手がラインの組み合わせを発表し、その宣言通りに組まれる事が多いです。

しかし、レース直前になって組まれるラインが変更になることもあるので、注意が必要です。

ラインの組み合わせはレース直前の選手紹介で明らかになるので必ず確認するようにしましょう。

車券予想の要素として、「ライン」(使うのであれば見逃さないようにしてください。

また、ラインを組まずに1人で走りきる選手もいます。

そのような選手のことを「単騎」と呼んでいます。

単騎の選手がレースで勝利することもあるので、思い切って賭けてみるのも面白いかもしれませんね。

ラインの組み合わせを知る方法

競輪 ライン 組み合わせを知る方法

上記では、同じ県・地区・同郷といった、共通点のある選手でラインが組まれる事を説明しました。

基本的に次の8つのラインに振り分けられます。

■北日本ライン

北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島

■関東ライン

東京・埼玉・群馬・栃木・茨城・山梨・長野・新潟

■南関東ライン

神奈川・千葉・静岡

■中部ライン

愛知・岐阜・三重・富山・石川

■近畿ライン

京都・大阪・兵庫・奈良・滋賀・和歌・福井

■中国ライン

広島・山口・岡山・島根・鳥取

■四国ライン

愛媛・香川・徳島・高知

■九州ライン

福岡・熊本・長崎・佐賀・大分・鹿児島・宮崎・沖縄

関東ラインに「山梨」「長野」「新潟」が入っていたりと、日常生活で使っている地域とは異なった振り分け方になっているのも競輪の特徴です。

しっかりとした強固なラインが組まれれば、それだけ勝利に繋がってくるので誰と誰が組まれるのかは把握するようにしましょう。

まとめ

競輪 ライン

この記事では競輪のラインとは何か、ライン内の各ポジションの役割、ラインの組み合わせの知り方を説明してきました。

ラインは競輪のレースを見るだけでなく、車券予想をする際には非常に重要な要素となってきます。

ラインの中の各選手の役割をしっかりと理解、誰と誰がラインを組むのかを知ることで、レース展開の予想をすることは不可能ではないでしょう。

是非この記事を読んで「ライン」の基礎知識を身に着け、車券予想に役立ててください。

また、車券予想をしなくとも、ラインを知る事がで競輪の奥深さを楽しむことができるでしょう。