先頭に戻る
「チャリカ」はすぐに登録できてチャージも簡単な競輪投票用電子マネー

『チャリカ』はすぐに登録できてチャージも簡単な競輪投票用電子マネー

UPDATE:2021.05.13
競輪コラム競輪関連サービス

チャリカは非常にお得なサービスですが、一般的な知名度はまだまだ不足しています。名前を知っていてもメリットについてはよく知らない方もいれば、名前そのものも知らなかった方もいるでしょう。

本記事では、チャリカの簡単な概要とともに、そのメリット、チャージ方法、連携サイトを網羅的に解説。競輪ライフをより面白くするチャリカについて、詳しく解き明かしていきます。

『チャリカ』とは?

『チャリカ』とは?

チャリカ』とは、株式会社チャリ・ロトが提供する電子マネー、および付帯サービス全般の名称です。電子マネーといっても一般のお店で使用するようなものではなく、競輪およびオートレースに投票するのに使うという点で特色があります。

チャリカとは「競輪・オートレース投票用電子マネー」

チャリカとは「競輪・オートレース投票用電子マネー」

チャリカは、「競輪およびオートレースの投票で使用できる電子マネー」です。金融機関やコンビニエンスストアのATMを通じた入金によってチャージすることで、現金をチャリカへと変換できます。

ネット銀行やインターネットバンキングを使えば、わざわざ実機のATMを使う必要もありません。インターネットの諸サービスとの親和性が高いサービスといえるでしょう。

チャリカのメリット

チャリカのメリット

競輪やオートレースを投票するためには、何もチャリカが必要というわけではありません。KEIRIN.JP公式や多くの競輪総合サイトは投票機能を備えており、いくつかの手続きをすることで、競輪やオートレースへの予想の挑戦を始められます。

しかし、チャリカを利用するメリットは確かに存在しており、決して無駄なステップが増えるわけではありません。むしろ別サイトを利用するよりも、手間を減らしてくれるといえるでしょう。

チャリカは新規に口座をつくる必要なし

2021年。世界はコロナ禍のまっただなかにあり、日本もまた例外ではありません。不要不急の外出を制限されたステイホームが叫ばれ、新しい余暇の過ごし方を考えておられる人も多いでしょう。

そうした需要を受け止めてくれるのが競輪ですが、さて競輪を始めたいと考えたところで、いくつもの壁が立ちはだかります。競輪に投票可能なウェブサイトはいろいろあり、その登録方法も様々です。さらに、お金の関わる内容ですから、手続きも煩雑になる傾向にあります。

チャリカはこの点ですぐれており、わざわざ投票用口座や指定のネットバンク口座をつくる必要がありません。都市銀行、地方銀行、ネット銀行、いずれの金融機関も網羅しており、今持っている口座をそのまま使うことができます。

対応している銀行の一覧は、2021年5月現在では以下のとおりです。また、残念ながら信用金庫には対応していません。

みずほ銀行 三菱UFJ銀行 三井住友銀行 りそな銀行 埼玉りそな銀行
PayPay銀行 セブン銀行 楽天銀行 住信SBIネット銀行 じぶん銀行
北海道銀行 青森銀行 みちのく銀行 秋田銀行 岩手銀行
七十七銀行 群馬銀行 足利銀行 常陽銀行 武蔵野銀行
千葉銀行 きらぼし銀行 横浜銀行 山梨中央銀行 八十二銀行
北陸銀行 富山銀行 北國銀行 静岡銀行 清水銀行
大垣共立銀行 十六銀行 滋賀銀行 京都銀行 南都銀行
紀陽銀行 鳥取銀行 山陰合同銀行 中国銀行 広島銀行
山口銀行 百十四銀行 伊予銀行 福岡銀行 佐賀銀行
十八銀行 鹿児島銀行 琉球銀行 沖縄銀行 西日本シティ銀行
北九州銀行 栃木銀行 京葉銀行 中京銀行 みなと銀行
島根銀行 もみじ銀行 熊本銀行 宮崎太陽銀行 ゆうちょ銀行

チャリカは決済方法が多彩にある

チャリカは、ほかの決済方法も多彩に用意されています。あらゆるサービスがしのぎを削るなか、ユーザーはより利率の良いもの、また自分にとって都合が良いものを利用したいでしょう。

そうしたニーズをしっかりと汲み取り、クレジットカードやコンビニからのチャージに対応しています。下記がその一覧です。

【クレジットカード】
・VISA
・MasterCard
・JCB

【ATM決済】
・ペイジー(Pay-easy)

【コンビニエンスストア】
・ローソン
・セイコーマート
・ミニストップ

チャリカはかんたん登録ですぐに使用可能

チャリカの魅力は、登録方法がとても簡単でわかりやすい点にもあります。即日会員登録を完了しての投票が可能であり、「競輪を始めたい」「チャリカを利用して競輪をしたい」という気持ちにストップをかけることがありません。

インターネットならではの即時性に加え、24時間受付なのも強みです。モーニングからミッドナイトまである競輪の魅力を感じ、さらにチャリカでその魅力が増すように思えたならば、かんたん操作での登録もおすすめです。

チャリカのチャージ方法

チャリカのチャージ方法

チャリカのチャージ方法は複数あり、大きく分けると以下の4つに集約されます。

  • クレジットカード
  • コンビニ
  • ネットバンキング
  • ATM・ペイジー

これら4つのチャージ方法間での利益や不利益は存在せず、自分の好きな手段、便利な手段を使ってのチャージが可能です。以下に4つの決済方法の簡単なチャージの流れを記載します。

なお、ATM・ペイジーについては、コンビニATMは利用不可となっていますのでご注意ください。

クレジットカード

1. チャリロトのサイトでチャージ金を入力する
2. お支払い方法の選択画面で「クレジットカード」を選択する
3. 3Dセキュア認証を実行する

コンビニ

1. チャリロトのサイトでチャージ金を入力する
2. お支払い方法の選択画面で「コンビニ」を選択する
3. 支払いを行うコンビニ(ローソン/ミニストップ/セイコーマート)を選択する
4. 発行されたお支払番号をメモする
5. コンビニの端末で番号を入力し、レジで支払いを済ませる

ネットバンキング

1. チャリロトのサイトでチャージ金を入力する
2. お支払い方法の選択画面で「ネットバンキング」を選択する
3. 支払いを行う金融機関を選択する
4. ネットバンキングサイトにログインする
5. 表示されている支払内容を確認し、お支払いを完了する

ATM・ペイジー

1. チャリロトのサイトでチャージ金を入力する
2. お支払い方法の選択画面で「ATM決済(ペイジー)」を選択する(コンビニATMは利用不可)
3. 発行されたお支払番号をメモする
4. ペイジー対応したATMで番号を入力し、お支払いを完了する

チャリカの注意点

チャリカの注意点

チャリカを利用する際には、注意しなければならない点があります。これは電子マネーであるがゆえの、現金とは違う性質です。主に3つの注意すべきポイントがありますので、いずれもしっかり認識していきましょう。

【チャリカには有効期限がある】
チャリカには有効期限が存在します。この有効期限はチャージした当日を含む180日間であり、定められた期間を過ぎると使えなくなるので注意しましょう。

【チャリカは返金・換金できない】
一度チャージしたチャリカを投票に使わないまま返金や換金することはできません。必ず競輪の投票に使用し、的中後の払戻金にする必要があります。払戻金は銀行口座の送金にも使えますし、再度チャリカにチャージすることも可能です。

【チャリカの払戻金の送金制限】
チャリカの払戻金からの送金、すなわち銀行口座への現金の振り込みは500円以上からです。500円未満は受け付けてくれないので、良い配当を獲得しましょう。

チャリカが使えるウェブサイト

チャリカが使えるウェブサイト

チャリカは複数のウェブサイトで使用できます。チャリカを運営しているのが株式会社チャリ・ロトであることから、当然チャリロト.comで利用できますし、そのほかのサイトでも投票に利用可能です。

2021年5月現在で利用可能なウェブサイトは以下の4つ。今後変更になる可能性があるので、公式のアナウンスは適宜ご覧ください。

● チャリロト.com
● ロトプレイス
● AOKEIスタジアム
● 競単

チャリカは競輪ライフを加速する

チャリカは競輪ライフを加速する

チャリカの概要、メリット、登録方法やチャージ方法、注意点や使えるウェブサイトを網羅的に解説しました。

チャリカがなくても競輪に投票できるのは事実ですが、チャリカがあれば楽しみが増え、受けられる恩恵も割増になる傾向があることも確かです。

登録作業が簡単なのも強みであり、デメリットはほとんどありません。少しお試し、あるいは気分転換というちょっとした気持ちで利用を開始してみるのもいいでしょう。案外、運気も向いてきて、良いサイクルが回り始めるかもしれません。