小倉競輪場は日本で最初に出来た競輪場!小倉競輪場の予想のコツを徹底紹介!

小倉競輪場は日本で最初に出来た競輪場!小倉競輪場の予想のコツを徹底紹介!

UPDATE:2020.04.02
競輪コラム競輪場

みなさんは競輪の発祥の地はどこだか知っていますか?

実は競輪も1948年に北九州で最初のレースが行われており、開催地となった小倉競輪場(当時は三萩野競輪場)は日本で最初に出来た競輪場として知られています。

三萩野競輪場はその後小倉競輪場と名前を変えましたが、老朽化に伴い1998年に誕生した北九州メディアドームに移転、現在は三萩野公園芝生広場となっています。

今回は、そんな小倉競輪場の予想のコツやバンクの特徴などを紹介します。

WinTicket

小倉競輪場の特徴・バンクデータ

競輪 小倉 予想 コツ
小倉競輪場(こくらけいりんじょう)は、 福岡県北九州市小倉北区三萩野にある競輪場です。

屋根付き自転車走路で400mバンクとしては世界最大規模の競輪場になっています。
また、日本でも有数の高速バンクとして有名な場所です。

それと合わせて、小倉競輪場は、日本で最初に出来た競輪場として知られています。

小倉競輪場(北九州メディアドーム)のバンクは、「走りやすさ」をテーマに設計されました。

したがって、設計速度は選手の脚力の向上を考えてできるだけ速いこと、緩和曲線(コーナーから直線に移るつなぎ部分)が長くてスムーズなこと、直線部分の勾配は外側へのふくれをおさえるため、出来るだけ大きくすること等がレースを白熱化させ、選手にとっても好まれるバンクと言われています。

以上の要素は相反する内容となっており、400mの中でどのように組み合わせてバランス良く設計するかがポイントです。

小倉競輪場のバンクは全国50箇所の既設競輪場のデータから最も良い組み合わせで設計されました。

今回はそんな小倉競輪場の予想のコツやバンク特性を紹介します。

小倉競輪場のバンクの特徴

競輪 小倉 予想 コツ 特徴
開設時は500m走路であったが、その後1周400mに改装され、ドームへの移行時にも周長は維持されました。

前橋競輪場(グリーンドーム前橋)に次ぐ2番目のドームバンクで、設計の際は全国の競輪場のデータを参考にし、最高速度向上など走りやすさを前面に出したコンセプトで設計されました。

ドームの為風がない事も手伝って、2013年9月8日に名古屋でパーキンスに更新されるまで、400mバンクとしては当時最速の上がりタイムを記録していたレコードホルダーはこちらも外国人選手でエスクレド選手です。(2006年7月6日記録)

結構豪快な捲りを決めやすい節があるものの、少し踏み遅れるだけで後方に置いてけぼりになる自力選手もいるので一概に逃げ不利では無いでしょう。

統計上は自力(逃げ・捲くり)、番手(差し)ともにほぼ互角であるが、上位選手が揃う競輪祭では番手がやや優位となっています。

大画面映像装置はバックストレッチ側壁面上部に設置されている。

下記にバックデータを紹介します。

■見なし直線距離 56.9m
■センター部路面傾斜 34°1′48″
■直線部路面傾斜 3°26′1″
■ホーム幅員 11.0m
■バック増員 10.0m
■センター幅員 8.0m

小倉競輪場の決まり手

競輪 小倉 予想 コツ 決まり手
決まり手については統計上どの脚質も互角となっているが、S級になると4~5番手のまくりが決まりやすく、逃げや7番手まくりなどは決まりづらくなっています。

そのため2着の決まり手もマークが非常に多いことがわかります。

下記に決まり手のデータを紹介します。

■1着決まり手は、逃げ:24% 擦り:36% 差し:40%
■2着決まり手は、逃げ:19% 擦り:16% 差し:24% マーク:41%

全体的に見ても1着は、大きく3つに分かれており、平均になっています。

小倉競輪場での開催レース

競輪 小倉 予想 コツ 開催レース
全国的なナイター競走の場外発売体制が整っていなかったこともあり、競輪祭に限り昼間開催となっていたが、2018年の第60回大会よりナイター開催に移行することが決まり、今後は通年でナイター開催となります。

また、ナイター競輪を開催する会場持ち回りで行われる「サマーナイトフェスティバル」についても、「GⅢ級以上の記念・特別開催は原則年1節のみ」とする規定の関係で開催できないため、小倉では開催予定はありません。

小倉競輪場の大きな開催レースは下記になります。

■朝日新聞社杯競輪祭
毎年11月下旬に、GI競走である「朝日新聞社杯競輪祭」が恒久的に開催されています。

従って現存の競輪場で唯一、開設記念競輪が開催されていません。(過去には大津びわこ競輪場も記念競輪を実施していない)

■小倉濱田翁カップ
2019年3月29日~31日に昼間開催のGIII・第1回小倉濱田翁カップが行われることになりました。

小倉競輪場は1948年(昭和23年)11月20日に開設された、日本で最初に出来た競輪場であり、競輪発祥の地であり、毎年GIの競輪祭を開催しています。

また吉岡稔真のホームバンクであったことから、その功績を称え2007年より『吉岡稔真カップ』が創設されました。

なお、2004年(平成16年)9月からはA級ツイントーナメントで前半戦「ナーディーカップ」・後半戦「プラーナカップ」を実施していたが、2005年(平成17年)5月15日をもって終了した。

小倉競輪場の地元選手

「小倉競輪場」での有名な地元選手は下記の選手です。

大坪 功一 選手(S級1班・81期)

園田 匠 選手(S級1班・87期)

小川 勇介 選手(S級1班・90期)

太田 美穂 選手(S級1班・90期)

柳詰 正宏 選手(S級1班・97期)

WinTicket

小倉競輪場の予想のコツ

競輪 小倉 予想 コツ
小倉競輪場は逃げよりも捲りが非常に有利な競輪場です。

ドームのバンクなので、逃げ選手が有利と思われがちなのですが、その分逃げ選手が人気してて回収率が低くなっています。

なので、逃げ選手の番手から買うか捲り選手から買った方が車券的には回収率が高めになっています。

イン待ちや競りも外が粘れる上に、なかなか飛びつきにくいので不利で、あまり車券になりにくくなっています。

結構豪快な捲りを決めやすい節があるものの、少し踏み遅れるだけで後方に置いてけぼりになる自力選手もいるので一概に逃げ不利では無いでしょう。

統計上は自力(逃げ・捲くり)、番手(差し)ともにほぼ互角であるが、上位選手が揃う競輪祭では番手がやや優位となっている傾向にあるので、競輪祭は番手の選手をしっかり意識してチェックしましょう。

WinTicket

小倉競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介

競輪 小倉 予想 コツ 基本情報
ここまでは、小倉競輪場の予想に関するコツやバンクの特性などを紹介しました。

ここからは、日本で最初に出来た小倉競輪場の歴史や施設の紹介をしたいと思います。

ぜひ、競輪が好きで、一度は行ってみたい方はオススメですので参考にしてみてください。

小倉競輪場の概要&歴史

「小倉競輪場」は1948年(昭和23年)11月20日に開設されました。

小倉競輪場は競輪発祥の地で、日本で最初に出来た競輪場です。
毎年GIの競輪祭を開催している事は有名です。

競輪では、GIII以上の「記念・特別競輪」は原則年間1節まで(グランプリなど一部例外あり)という規定が存在するため、開設記念競輪は開催されていません。

今は北九州メディアドームと同じ施設になっています。

有識者によるトークショーや解説会はもちろん、アーティストのライブや、映画の上映など、「北九州メディアドーム」の豊富な施設を活かしたイベントが日々行われています。

毎年11月下旬に行われる「朝日新聞社杯 競輪祭G1」では、各種キャンペーンやファンサービスなどのイベントが数多く開催され、特に盛り上がります。

小倉競輪場の入場料

<一般入場料>
入場料
100円

<指定席料金>
スーパーロイヤル席:2,000円(本場開催のみ)
ロイヤル席:1,500円(場外開催のみ)
ラウンジ席:1,000円(本場開催のみ)

小倉競輪場の施設

続いて、小倉競輪場の施設を紹介します。
「北九州メディアドーム」の中という事もあって、施設は充実しています。
中には、下記の施設が揃っていました。

■お食事処、フードコート(1階)
■食堂(2階、4階)
■マルチビジョンホール
■キッズ・ファミリールーム
■ビギナーズコーナー
■レディース席

小倉競輪場のマスコットキャラクター

競輪 小倉 予想 コツ マスコットキャラクター
2015年に3代目となる、打鐘をモチーフにした妖精の「かねりん」が誕生しました。

公式Twitterでは基本、語尾に「りん」や「り〜ん」を付けて語っているのが可愛いです。

なお、実際の小倉競輪場の打鐘も、「かねりん」仕様のカラーストライプが施されました。

過去には、シンボルマークは長らくヘルメットをかぶった競輪選手の顔の上半分に、競輪発祥の地を表す「ORIGIN KOKURA」と書かれたものが使われていたが、2代目として北九州市出身の漫画家松本零士がデザインした、宇宙の競輪選手をイメージしたマークが使われ、2004年1月には「スペース騎士(ナイト)」と命名されたキャラクターも存在しました。

小倉競輪場のアクセス

小倉競輪場のアクセス方法は下記の通りになっています。

【電車・バスのご案内】
・鹿児島本線・小倉駅下車、南口8番乗り場から無料バスで約15分
・下関、門司港、門司、戸畑、黒崎、折尾、行橋の各駅前からも無料バス運行
・モノレール香春口三萩野からは徒歩7分

【車でのご案内】
・九州都市高速道路足立ランプから車で約2分

WinTicket

まとめ

競輪 小倉 予想 コツ
今回は、日本で最初に出来た小倉競輪場の予想のコツやバンクの特徴を紹介させて頂きました。

ドーム型の400mバンクなので、季節問わずに風などの影響を受けない為、非常に速いスピードの競輪をする事が有名です。

差し、捲りが若干多く決まりますが、比較的均等なデータが出ている競輪場です。

予想の際は、選手の競走得点なども参考にしましょう。

小倉競輪場は日本最古の競輪場で「北九州メディアドーム」を含めた複合施設です。

そのアリーナでは、運動会やスポーツ大会だけでなく、アーティストのライブやコンサートも開催されてる場所になっています。

競輪場の周りには、小倉場、皿倉山、門司港レトロ、九州鉄道記念館とかの観光スポットもあるから、そこに行ってみるのも楽しいと思います。