競輪車券予想上級者はみんな知っている?競輪予想における重要情報ギア比とは?

競輪車券予想上級者はみんな知っている?競輪予想における重要情報ギア比とは?

UPDATE:2020.06.24
競輪コラム競輪マメ知識

今回は知っているようで意外と知らない、競輪用自転車のギア比について解説します。

競輪の予想情報を見ていてギア比がひとりだけ違ったり、数字が飛び抜けて高かったりと選手の個性が出るものです。

レース前には選手のコメントが発表され、そこから戦略を予想できますが、選手コメント以上に意思表示があるのがギア比です。

車券予想上級者は公開情報をくまなくチェックして予想していくので、ギア比という謎の数値をしっかり理解することでみなさんも車券予想上級者を目指しましょう。

そもそも競輪のギア比とはなに?

そもそも競輪のギア比とはなに?

ギア比について、分かりやすく説明していきます。ギア比とは、簡単に言うと2つの歯車の歯数の比率のことを指します。他の総称として歯車比とも言います。

このギア比を変えることで速度が変化し、プラス、ギアの重さも変わります。

ギア比が大きいと、1つのギアで出る力は少ないですが、加速力は上がります。一方で、ギア比が小さい場合は1つのギアで出る力は大きいのですが、加速力はでません。

ギア比を説明するにあたって、最も理解できるのが自転車なのです。ギア付きの自転車を乗ってる人はわかるかもしれませんが、ハンドルに6段階のレバーみたいなものが付いてるはずです。

それが、正にギア比の説明に適しているのです。是非、気になった方はギア付き自転車をお試しになると分かりやすいですよ。

競輪で使われる自転車はどんな構造なの?

皆さんは競輪で使われる自転車がどのような構造かご存知ですか?

競輪で使われる自転車は、普通のママチャリやロードバイクとは少し異なった特徴があります。

各部分に分けてそれぞれ紹介していきます。

フレームは片手で持てる超軽量!約7kg

フレームは片手で持てる超軽量!約7kg

競輪で使用される自転車フレームは全てオーダーメイドで作れれています。

一般的な自転車だとカーボンやアルミで構成されることが多いです。

対して、競輪の自転車は鉄から作れいます。正確に言うとクロモリ鋼というもので作れれています。

クロモリ鋼

しなやさか、強さの両方がバランスよくなっている構造をしています。

フレーム制作はビルダーと呼ばれる職人さんが一台に丹精を込めて作っています。なので同じものは世界に1つもない完全フルオーダーです。

超重要!勝負を決める後輪ギア比

競輪 ギア比 後輪

一般的な自転車と大きく異なるのは後輪のギアです。

競輪で使われるギアは「固定ギア」という仕組みを採用しています。

普通の自転車は走っている途中にペダルから足を離してもペダルは回転しません。
これはギアが固定されていないからです。

しかし競輪の自転車はギアとタイヤが完全に固定されているため走っている途中にペダルから足を離すとそのまま回転し続けます。

また、走っている最中は常にペダルを回し続けなければいけません。

より効率的に力を伝えるためにこのような仕組みになっています。

危険?実はブレーキついてないんです・・・

競輪 ギア比 ブレーキがない

競輪には使われる自転車にブレーキは必要としません。何故なら速さを必要とする競技だからです。

ちょっとしたパーツですら速さの邪魔になってしまうのです。では何かって時のブレーキに代わるものはあるのでしょうか。

走っている間にペダルを前に漕ぐところを逆に力を入れます。普通の自転車ではハンドルブレーキになりますのでここは大きく違いますね。

浮気禁止!途中で変えられない競輪用自転車のギア倍数

競輪 ギア比 ギア倍速

競輪の自転車はギアのチェンジが一段しかなく。レース中に変えることはできません。

そのために選手の目が重要になります。

細すぎるタイヤの意味とは?

競輪 ギア比 細いタイヤ

競輪用の自転車タイヤを見たことある方いますか?見るからに細い作りになっています。

ただ見ただけではなく、実際のサイズも一般的に流通の多いママチャリよりもかなり細いです。

ではなんで細い作りなのか、普通に考えれば、太い方がスピードを出したときに安定感があっていいと考えてしまうものです。

しかし、競馬界ではそれは違います。その理由として地面との摩擦をできるだけ無くして速く走るためだと言われています。

他にも空気抵抗も少ないためその分、スピード向上に繋がります。

あの細さは、かなり考えられた構造になっているわけです。

大ギア比規制の目的は落車のダメージの軽減

競輪 ギア比 大ギア規制

世の中に色々な規制がある中、競輪界にも大きな規制事件がお起こりました。大ギア比の規制です。

選手の間でも大きな話題で騒然としています。そのギア規制が本格的に2015年の12月31日以降のレースから始まりました。

選手間の中では大ギアに苦戦を強いられる選手もいれば、この規制を大喜びする選手もいます。意見は本当に様々ですし、成績も様々なようです。

お分かりの方もいるかもしれませんが、具体的に何が変わったのかを説明していきます。

①レース展開がスピードを重視するようになった

大ギアになった現在はA級で3.85~4.15でS級では4倍がアt李前なのです。当然ギアが重くなれば、脚への負担も大きくなり、トップスピードを抑えられると終わりです。

カマシもしくは捲りで一気に押し切ってしまうという状態に頼ってしまいます。そうなるとレース展開が単調なものになってしまいます。

②さらに前よりのセッティング

大ギア規制は単純にギアを重くしただけではなく、フレームとセッティングにも大きな影響力があります。

前よりのセッティングにしたため、やはり落車が昔と比べて多くなってしまったのです。

こうやって考えてみると今回のギア規制は選手にとっては本当に意見が2分するような出来事だったのでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事で初心者の方のはなかなか取っ付きにくいギア比について理解いただけたと思います。

選手の戦略を読む上で重要な情報になるギア比です。

この情報をうまく活用することで車券予想上級者の仲間入りを目指しましょう。

公開情報をくまなく活用することが車券予想の鉄則であり楽しみでもあります。

ギア比の仕組みをしっかり理解して競輪観戦をさらに楽しみましょう。