コンドルは老舗競輪ですが、運営会社の社長は不謹慎な発言で大炎上した過去があった!

コンドルは老舗競輪ですが、運営会社の社長は不謹慎な発言で大炎上した過去があった!

UPDATE:2019.09.11
競輪コラム競輪予想の参考に

昔からある競輪新聞なので知っている方は多いかと思います。

しかし、コンドルを運営する会社の社長が過去に不謹慎な発言で大炎上した事実はあまり知られていないかもしれません。

そこで、この記事では競輪新聞コンドルがどこで買えるのか、競輪新聞コンドルの運営会社の社長はいったいどんな人物なのかご紹介します。

競輪新聞コンドルって?

競輪 コンドルって

競輪新聞「コンドル」は熊本競輪、小倉競輪、久留米競輪など情報を出版している競馬新聞です。

紙媒体ものもありますが、「コンドルネット新聞」というインターネットで買えて、セキュリティ付PDFで読めるというサービスもあります。

選手のはなし・状況など専門紙ならではの細かい競輪情報がぎっしり詰まっている新聞です。

また、生の情報を、必要なとき、必要なレースだけ、1レースから購入することができるので非常に重宝しそうですね。

実はこの「コンドル」を出版する会社「コンドル出版」の社長【武田一康】はネット上で様々な事を言われています。

いったいどの様な事を言われているのか、武田一康社長のプロフィールと併せてご紹介します。

コンドル出版は武田一康社長

競輪 コンドル 武田一康

コンドル出版社代表取締役社長の「武田一康」は昭和23年4月24日生まれです。

実弟の武田圭二はコンドル出版社専務で、末弟の武田幸三も同社業務に携わっています。

書道家の武田双葉は義妹です。

同じく書道家の武田双雲、武田双鳳、武田双龍は甥となっています。

武田一康社長は有明工業高等専門学校を中退ののち、家業であるコンドル出版社に携わり、自身が長男であることから、後にコンドル出版社の社長の座を継ぎました。

かつては、主販売場である熊本競輪場で場立ちを行っていた経験もあり、その実績もあって、現在は同場でファンサービスの一環としてしばし行われている、公開予想会等のイベントに随時出演している事もあります。

また、コンドル出版社のホームページ上で、日々の日記を綴っており、日によっては、競輪界への提言等、厳しい内容であることがあります。

選手や競輪ファンには厳しいが、奥方には頭が上がらないらしいです。

地元のベテラン選手である西川親幸など、かつて取材時に軋轢のあった一部の選手に対して、歯に衣着せぬコメントを時折載せることを継続することもあり、一部の選手やファンからの反感もあります。

逆に、取材などで好印象を持ったり競走スタイルを好評価した選手に対しては、その旨を強く記述することもあります。

2013年末のSS11騒動や、翌年1月の「KEIRIN EVOLUTION」には否定的な意見をコメントしました。

創成期の競輪をリスペクトしており、近年の大ギヤ化も懸念していたり、50円券・20円券の発売なども提唱しているようです。

武田一康社長は評判の良い方ではなかった

競輪 コンドル 武田一康の評判

武田一康社長について調べていると、あまり評判の良い方ではありませんでした。

武田一康社長は当初から競輪界の癌と言われ競輪板では有名なトラブルメーカーであることが分かりました。

そして、選手や主催者に対するタカリ行為とその結果により自分が受けた物品やサービスを
さも自分が熊本競輪に貢献してきたかの証だと言わんばかりに触れ回るという噂があります。

現場では記者用に配られた弁当やお茶をまさぐる様に持ち去っていったりもするそうです。

そのことからも競輪ファンからは、羞恥心の欠片もないまさしく競輪界のツラ汚しとして語られてきた人物です。

さらには、競輪そのもののイメージを悪くしてきた張本人が、競輪界の権威の様に選手や主催者だけにとどまらず、競輪ファンまでも批判しているそうです。

不謹慎なコメントで2chで叩かれていた

競輪 コンドル 2ch

武田一康社長について調べていくと、不謹慎なコメントを書き、2chで叩かれていた事がわかりました。

その内容がこちらです。

弥彦記念の取材で新潟から帰ったばかりなのに、何と震度6強の地震が。もしこれに巻き込まれていたらと思うとゾッとしたし、 ツキがあるのかと思った次第。
それにしても新潟は災害が多い所、来年4月は弥彦ふるさとダービー、 行くのは考えさせられます 。

被災された方に対する思いやりのかけらもないコメントを見た方たちが、2chの競輪板内で物議をかましていたそうです。

競輪新聞コンドルの口コミ

競輪 コンドル 口コミ

武田一康社長の人物像はあまり良いものではありませんでした、競輪新聞「コンドル」はどのような評判があるのか見ていきましょう。

「ぶっちゃけただの地元の競輪専門紙という感じですよ?悪くはないとは思いますがそこまで高評価を付けれるほどではないと思います。ホント普通です。」

「ここだけの情報とかなかったと思いますよ。今はネットがあるから大概の情報は調べればゲットできると思いますね。なのでお金掛けてまで使おうとは思えないです。その分車券代に上乗せしたほうが期待できる」

「まぁでもこういうのは残していきたい感じはするけどねぇ。なんか本当雰囲気的なものでしかないんだけどさ笑」

「地元競輪専門紙というだけあってなかなか使い勝手は良いです。時間に余裕があるときはじっくりと吟味して予想を組み立てています。オススメの競輪専門紙かな」

「個人的にはこういうところは残っていってほしいんですよね。昔を象徴するようなこういうのって雰囲気的にも自分は引き継いでいきたいものだと思いますねぇ、やっぱり雰囲気も大事」

これらの口コミを見ていくと、情報の内容が良いという口コミがなく、評判が高いようには思えませんでした。

どの口コミもあくまで「雰囲気」という内容が多く、競輪場に来たから一応買っておくかというユーザーが多いのかもしれませんね。

競輪新聞コンドルはどこで買えるの?

競輪新聞「コンドル」を購入するには紙媒体として、競輪場で購入する方法と「e-shinbun」で電子版として購入する方法があります。

どちらで購入しても内容は同じですが、自分にあった方で買うのが良いでしょう。

個人的には電子版で購入した方がゴミにもならず、荷物にもならないので便利かと思います。

e-shinbunってなに?

競輪 コンドル e-shinbun

上記では「e-SHINBUN」を利用して電子版を購入できるとは説明しましたが、「e-SHINBUN」自体はご存知でしょうか?

e-shinbunは競輪新聞の電子版を販売するだけではなく、日刊紙、公営競技、趣味、専門誌などの様々なジャンルの専門誌が集まる電子新聞を購入できるサイトとなっています。

ありとあらゆる電子新聞が用意されているので、競輪だけはなく様々な電子書籍を購入する際には重宝しそうです。

インターネットで購入して読めるという事もあって、新しく更新された電子新聞を自宅で簡単に早く見ることができます。

パソコン、スマートフォン、タブレットがあれば、環境を選ばなくてもすぐに電子新聞がを見れます。

オススメできる3つのメリット

競輪 コンドル メリット

そんな、e-shinbunを利用すると様々なメリットがあります。

・好きな時にいつでも見れる
・必要なレースだけを購入できる
・バックナンバーを見れる

これらのメリットを一つ一つ紹介していきます。

好きな時にいつでも見れる

1つ目は「好きな時にいつでも読む事ができる」点です。

競輪新聞と言えば、競輪場などで購入するのが一般的ですよね。

しかし、e-shinbunを利用すれば、電子版を購入することができるので、わざわざ競輪場で新聞を買う必要はなくなります。

e-SHINBUNの電子新聞を購入すれば、読みたくなった時にすぐに読む事ができます。

必要なレースだけを購入できる

2つ目のメリットは「必要なレースだけ」新聞を購入できる点です。

普通、競輪新聞を買おうとすると、全レース分が記載されているものしか買えないですよね。

しかし、e-shinbunではレースを指定して購入できるため、「午後のレースだけ」「メインレースだけ」などといった要望を叶える事ができます。

無駄なお金を使う事がないので、浮いた費用を車券に回すこともできますね。

バックナンバーを見れる

3つ目のメリットとして、「バックナンバーを見れる」という点です。

過去のレース結果を見ようと思っても、最新の新聞では近走のデータしか記載がありませんよね。

過去のデータを見たいと思ってもなかなか見ることができませんよね。

e-shinbunではバックナンバーの購入もできるので悩みが解決するでしょう。

e-shinbunにはデメリットもある

競輪 コンドル デメリット

競輪新聞コンドルを買えるe-shinbunには様々なメリットがありましたが、実はデメリットも存在します。

・スマホなどの端末が必要
・電池の消耗を気をつけなければならない
・記事を保存しておく事ができない

上記3つのデメリットを細かく紹介していきます。

スマホなどの端末が必要

e-shinbunを電子版で購入した時には必ずスマホなどの端末が必要となってきます。

あまりデメリットにはならないかもしれませんが、e-shinbunで「コンドル」を購入してから競輪場に行ったのにスマホを忘れてしまったら見る事ができないでしょう。

電池の消耗を考えなければならない

紙媒体の新聞であれば、じっくりと予想を考えても電池が切れて見れなくなるといった事はありませんが、スマホなどを使って読む場合には気をつけなければなりません。

1レースからスマホで電子新聞を読んでいたら、メインレースの時に電池が切れてしまって肝心の情報を読む事ができないなんて事も考えられます。

なので、e-shinbunの電子新聞を読むときには電池の消耗に気をつけなければいけません。

記事を保存できない

3つ目のデメリットとしては、記事を手元に保存しておく事ができないという点です。

大きなニュースの記事があったりして、その記事を手元に保管しておきたいと考える方も少なからずいると思います。

しかし、e-shinbunのような電子新聞の場合はデータでの新聞なので手元に残すという事ができません。

それでも、手元に残しておきたいのであれば、印刷などをして結局紙媒体の新聞となってしまいe-shinbunの電子新聞の意味がなくなってきます。

まとめ

競輪 コンドル まとめ

今回の記事では競輪新聞の「コンドル」についてと、その社長でもある武田一康についてお話ししましたがいかがでしたでしょうか。

競輪新聞「コンドル」は昔からある競輪新聞です。

口コミには「雰囲気」とはありましたが、長年あるだけあって、きちんとした情報が掲載されています。

また、「コンドル」の運営会社でもある武田一康社長について調べると、あまり良い印象を受けませんでした。

新聞を使う身としては、新聞の中身が良ければ問題はないのですが、不謹慎な発言をするなどがあり、あまり気持ちの良いものではありませんね。

それでも、競輪新聞コンドルが気になる方は一度利用してみてはいかがでしたでしょうか。